上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする

村松はひとしきり揉みまわし、息が切れるまで吸いまわしたのち、ひろげた掌に量感たっぷりの乳房を乗せ、下からタプタプと揺らしだした。揺らせば揺らすほどに、次第に振幅は大きくなった。上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする。
悪辣な男の好き放題に揺らされ、弾まされる乳房が情けなくてならない。増して合間に乳首をクリクリと指先でいびられると、針で刺されたようなかすかな痛みが生じ、次に微悦へと転化していくのだ。為すがままにいたぶられるみずからの乳房を、靖代は悲嘆とともにただ見守るばかりである。