言いざまに村松はギュッと乳肉をつかみあげた。それからさらに握力を極め、深いところから搾りたてるのである。

言いざまに村松はギュッと乳肉をつかみあげた。それからさらに握力を極め、深いところから搾りたてるのである。
「あ、ああっ!痛いっ。痛いですっ」
「こうしたらミルクが染みだしてきませんかね。ヘッヘッヘッ……」
「放してっ。放してくださいっ」
搾乳の痛みと屈辱に耐えかねて、靖代はかぶりを打ち振った。
ところがいびりだした乳首をまたもや村松が吸着した瞬間、靖代は哀訴の代わりに叫喚を噴きあげた。
「ひいいいーっ!」
「む、むぐっ……んぐぐっ……。くそっ。たまらんなあっ……」
村松は本気でミルクを吸いだそうとでもいうのか、猛然たる勢いで吸着する。それも根元から歯列に咥えこみ、カリカリと噛みこみながらなのでたまらない。
靖代は羽交い締めの裸身を弓なりに硬直させた。足をばたつかせ、吊られたトルソーをもがかせる。