片方のふとももが持ちあがっているおかげで、尻割れがパカッと景気よく開いている

「いよいよ二本刺しか。こりゃ楽しみだ」
村松は靖代の左ふとももを持ちあげたまま、胴に腕を巻いて抱えこんだ。息も絶えだえの女体が力なくもたれかかったにもかかわらず、うまいもので器用に支えている。
片方のふとももが持ちあがっているおかげで、尻割れがパカッと景気よく開いている。奥寺はポケットからワセリンを出し、指にたっぷり取ると、靖代の肛門に塗りつけた。ピクリと熟尻が収縮した。
「ああっ。なにをなさったのっ」