村松の肉塊を深々と呑みこんだまま、靖代は熟尻を右へ左へと振りたてる

村松の肉塊を深々と呑みこんだまま、靖代は熟尻を右へ左へと振りたてる。
それをがっちり捕らえ、右手の中指を突き刺した。
「ひいいいっ」と悲鳴が発せられた。肛環がクィクィと魔指を締めつける。体熱が直に伝わってくる。
左腕で靖代の腰を抱えながら、指の繰りだしを開始した。すでに体内には村松が侵入しているため、肛洞はやや狭隘だった。その分、指をぴったりと締めつける。
「イヤですっ。こんなのイヤですっ」

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!