川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた

奥歯を噛みしめ、死ぬ思いで肛門を暴きだす。すると肛門を突然なにかが触れた。
「ひいいいーっ!」
肛門から脳天まで一気に電流が駆け抜けた。
「おお。なんて敏感な奥さんだ。ちょっと爪で掻いただけでこんなによがるとはな。グフフフッ。ではこれではどうですか……」
川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた。
甘美すぎる肛悦が立ちのぼる。比佐子は全身を力ませながら、肛悦に酔いしれた。肛門だけではない。背中といわず、脇腹といわず、ゾクゾクゾクッと凄まじいこそばゆさに見舞われ、身体を支えるのが精一杯になった。尻割れを開く手が落ちた。
飽かずに小皺を刺激しつつ、川添が言う。
「ほれほれ、どうだどうだ。ケツの穴をいじくりまわされてよがるとは、本当にスケベな奥さんだ。奥寺君、どうかね。こんな調子では、木之内君の言うとおりアダルトビデオに出したほうが、この奥さんにも幸せなんじゃないのかねぇ。フッフッフッ」「イヤッ。イヤッ。アダルトビデオなんてイヤああっ」
比佐子は尻穴をヒクヒクとひくつかせて忍び泣く。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!