「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた

さも愉快そうな笑い声すら、比佐子の心を淫靡に揺さぶる。「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた。奥寺なのか、木之内なのか、あるいは川添本人なのか、太い指で肛門にワセリンを塗布している。妖しい被虐の快感が胸を揺さぶる。
川添が巨尻を抱えた。灼熱の怒張が肛門にあてがわれた。
「はあああんっ……」
恥ずかしい吐息がもれた直後、肛門に圧が加わった。
「あっ……は、入るっ……ああ、入っちゃうううっ……」
尖端がヌルリと押しひしぐ。
「意外に緩いもんだな、奥寺君」
川添が拍子抜けしたように告げ、奥寺が応じている。
「僕がさんざん使い倒しましたからね。でも一度入ってしまえば同じことですよ」
「ひ、ひどいわっ。……あっ、ひっ、ひいいいーっ!」
怒張が一気に突入した。肛洞がズッポリと埋め尽くされる。喉が詰まって息苦しさが見舞った。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)
白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。
コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。
熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。
初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。
哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。
五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!