梅崎は硬質な珠実のヒップにざわざわと手を這わせ、背中を舌ビラでベロリと舐めあげた

梅崎は硬質な珠実のヒップにざわざわと手を這わせ、背中を舌ビラでベロリと舐めあげた。
「あううっ……。例のって……例のやつってなによ……」
ふとのぞいた珠実の横顔は、嫌悪も露わに眉を顰めている。ヒップの丸みに合わせて掌を窄ませ、産毛を掃くように尻肌を撫でまわしてやれば、磔の女体は「うっ」と唸ってしなやかにしなった。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!