くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……

梅崎が肛穴をグィグィと押しこむと、珠実の肢体がフェンスで行きどまった。これ以上強く押しこめば、魔指はズブリと突き刺さって肛洞に食い入ることとなる。
「くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……」
フェンスにへばりついた裸身をくなくなと珠実は振りたてる。とはいっても、身体の前面をフェンスに密着させている。せいぜいお尻のみ微妙にくねるのが関の山だ。
ここぞとばかり、梅崎は報復の魔指を繰りだした。肛穴の縛りを突き破り、肛洞へと潜りこませた。
「あひいいいーっ!」
珠実が大の字の裸身を震撼させている。

出典:~人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

著者: 鳴瀬夏巳

人妻【裏肉奴隷】 (フランス書院文庫)

白昼のスポーツクラブは、濃厚なフェロモンに満ちていた。コスチュームから溢れるヒップが眩しい人妻たち。熟れすぎた美臀が命取りになるとは、知る由もない。初めて、屈辱的な体位で嬲られる比佐子、珠実、理香……。哀れなはずなのに、快楽に溺れてしまう身体が呪わしい。五人の妻に隠された、「裏の顔」を露わにする悦び!