健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる

「はぁぁーーっ、健太くん……あなた、悪い子ね……。はじめてなのに、こんなおばさんをだらしなくしちゃうなんて……」
「そ、そんな……。それより、僕、もう一度、留美子さんと、セックスしたい……」
「えっ!?もう……」
うつろな眼差しだった留美子の目が開き、健太に振り返りながら、留美子の手が健太の股間に伸びてくる。
「まぁ、凄いのね、健太くん……。たったいま、ううん、お口の中とあそこで、あなた、二度もあんなにいっぱいミルクを出したのに、もう、こんなだなんて……」
留美子の手の中で、肉棒が嘶いていた。二度放っていても、萎えるどころかさらに肉棒のすべてが充実していた。留美子は華奢な手にはとうてい収まり切らない充実感に吐息を吐いた。健太はたまらず、湯に濡れたほつれ毛が乱れたままに貼りつくうなじに、唇を押しつけていた。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。