盛り上がる法被の胸に目がいく。豊満な乳房の谷間に汗が浮いていた。

「留美子も来るかもね。ねぇ、健太くん、これからあたしが言うこと、内緒にできるかしら」
淫靡なムードが漂う。健太は緊張しながらうなずいた。盛り上がる法被の胸に目がいく。豊満な乳房の谷間に汗が浮いていた。
健太は思わず、生唾を呑み込む。それに気づいたようで、咲枝は殊更に胸を強調し、その肉乳の部分が触れそうなほどに健太に近づく。
(なんて、大きいおっぱいなんだ……。それに咲枝さん、おっぱいを僕のほうに突き出すように胸を反らしたりして……)
「祭りは九時には終わるでしょう……。ねぇ、健太くん、夜の海で泳いだこと、ある?」

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。