義母由美の豊満な体が、若い力に惹き込まれ、筋肉質の胸に豊かな肉乳が擦りつけられる

「ママ、は、早く……。僕、もう、待てないよ……。焦らさないで、ママ……」
逞しい腕が不意に伸びてきて、引き寄せられる。義母由美の豊満な体が、若い力に惹き込まれ、筋肉質の胸に豊かな肉乳が擦りつけられる。
「ああ、ママと、キス、したい……」
声と同時に健太の唇が迫ってくる。躱しようがなかった。ぬちゃっと二つの唇がぶつかる音が響き、由美は力強い健太の舌先に、柔らかい唇をこじ開けられていた。
(ああん、健太ちゃんにキスされている……。ああっ、母親なのに、私、息子の舌を口中に挿しこまれているぅ……)
健太の舌は乱暴だった。由美の口中全体に這い回り、舌を吸われるのはむろん、歯の裏側や歯茎、それに喉奥にまで力強い舌が攻め入ってくる。
(健太ちゃん、イヤだぁ、こんなキス……。ああん、これも留美子さんが……)
再び嫉妬心が燃え盛る。自然に対抗意識が芽生える。
(キスぐらい、何よ。私たちは交われないけれど、その代わり、あそこ以外のすべてを駆使して、健太ちゃんを悦ばせてあげる……。留美子さんとのことなど、私の体で、忘れさせてあげる……。さぁ、健太ちゃん、そんなキスじゃ、イヤ……。私が教えてあげる……)
由美は自ら舌を蠢かし始めた。乱暴に動き回る健太の舌に、由美の舌先がブレーキをかける。一度、逞しい胸を押し、唇を離した。
「ママが、ママの好きなキスを教えてあげる……」
健太に弄われ、唾液でしとどに濡れた舌で健太の耳朶を擽りながら囁く。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。