下腹に押し付けられている極限にまで勃起した肉棒の動きに刺激されていた

「ええ、そうよ……ね、ママ、あそこ以外なら、どんなところでも使って、健太ちゃんを悦ばせてあげる……。そう決めたの……」
言った後に、急激に全身が熱くなる。下腹に押し付けられている極限にまで勃起した肉棒の動きに刺激されていた。由美は息子に抱きしめられたまま、淫裂から夥しい量の淫蜜を垂れ流していた。由美はキスを再開し始める。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。