二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた

(ああん、素敵……。ママ、うんと、いやらしくなりそうよ……健太ちゃん……)
二枚の舌が健太の口内で表面をべったりと合わせ、音を立ててすり合わせていた。
(大きくて、分厚い舌……。ああん、美味しい……。健太ちゃんって、何もかもが、大きい)
依然として肉棒がやわ肌に食い込んでいた。
(いまの私、とても、いやらしい……。健太ちゃんの舌、まるで、お魔羅のように、喰べている……。ああ、なんて淫らなの……)
由美は健太の舌先を貪っていた。時折、舌の裏側をずるずると舐め上げ、巧みに動き回る由美の舌は、健太の口中粘膜を根こそぎ削り取るように、吸い付いたまま移動する。
(健太ちゃんの昂ぶりが、あああ、分かる……)
由美の舌が口内を隈なく弄うごとに、肉棒が激しく反応する。先端から垂れる我慢汁が、由美の肌をぬるぬるにする。
(ああ、欲しく、なる……。私、健太ちゃんが息子でなかったなら、もう、この逞しいお魔羅、自ら、挿し込んでいる……)
理性が麻痺しそうだった。いや、すでに麻痺している。それでなければ、義理の息子と義母が、お互いの舌を弄り合ったりなどできない。

出典:~熟女のやさしい筆おろし (フランス書院文庫)

著者: 小鳥遊葵

熟女のやさしい筆おろし

「じっとしてて……これは大人になる儀式だから」少年のズボンからたくましい肉茎を引き出す美熟女。絡まる指先、深々と呑み込む唇、顎を伝う雫……祭りの夜、年上の女が若者の筆おろしをする島の風習。教え導くはずが、性の愉悦に溺れていく35歳。留美子、咲枝、由美……海の女は淫らで美しい。