由美は仰向けになっている顔のすぐ目の前にある肉棒に一方の手を伸ばし、もう片方の手で宙に浮く健太の尻を抱え、同時に引き寄せた

      

(あそこを舐められるのは、もう、仕方ないわ……。だって、もう、避けられないもの……。でも、一方的に舐められては危ない……。私のほうから、求めそう……。そうよ。私も健太ちゃんのお魔羅をお口で……) お互…

肛門から指二本分の近さに、肉裂が口を開けていた

      

(おま×こ……初めて見た。お尻の穴と、こんなに近いんだ) あかりの膣で初体験を済ませているものの、見るのは初めてだ。それも、こんな目と鼻の先ほどの近さ。肛門から指二本分の近さに、肉裂が口を開けていた。…