限りない悲嘆と肛悦に、比佐子は巨尻をクイッと悶えさせた

川添の怒張が尻奥を叩く。魔手が乳房を蹂躙する。とうとう奥寺以外の男の慰みものになってしまった。限りない悲嘆と肛悦に、比佐子は巨尻をクイッと悶えさせた。
ところが薄目を偶然開けて驚愕した。目の前で木之内がビデオカメラをまわしているではないか。
「なにをしてるのおっ!」
獣の体位で川添と繋がりながら叫声を絞った。
すると木之内は平然と切りかえすのだった。
「プロモーションビデオを送ったほうが事務所がありがたいだろうと思ってな。フフフフッ」
「そ、そんなっ……」

「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた

さも愉快そうな笑い声すら、比佐子の心を淫靡に揺さぶる。「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた。奥寺なのか、木之内なのか、あるいは川添本人なのか、太い指で肛門にワセリンを塗布している。妖しい被虐の快感が胸を揺さぶる。
川添が巨尻を抱えた。灼熱の怒張が肛門にあてがわれた。
「はあああんっ……」
恥ずかしい吐息がもれた直後、肛門に圧が加わった。
「あっ……は、入るっ……ああ、入っちゃうううっ……」
尖端がヌルリと押しひしぐ。
「意外に緩いもんだな、奥寺君」
川添が拍子抜けしたように告げ、奥寺が応じている。
「僕がさんざん使い倒しましたからね。でも一度入ってしまえば同じことですよ」
「ひ、ひどいわっ。……あっ、ひっ、ひいいいーっ!」
怒張が一気に突入した。肛洞がズッポリと埋め尽くされる。喉が詰まって息苦しさが見舞った。

熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った

「ひっ、ひいいーっ!」
熟尻をビリビリと震撼させ、靖代は肛悦に狂った。
「ひっ、ひっ、ひどいわっ。奥寺さんっ……。う、恨みます……ううっ、うううっ。あ……いっ、イクッ……イッちゃううう……はっ、はっ、はああっ……も、もう駄目っ……ご、ごめんなさいっ、あなたっ……あ、ああああっ!……」
二人の男に挟まれた女体がゆらゆらと揺れて果てていく。くずおれる寸前、肉奥と尻奥とに大量の精が注がれた。

むせび泣きながら告げたのち、靖代は豊満な熟尻をプリンッと揺すった

「私、イキますっ。だからそれだけは……。本当は早くイッちゃいたいんです。お二人にイカせてほしいんですっ。も、もうっ……もうどうにでもして……」
むせび泣きながら告げたのち、靖代は豊満な熟尻をプリンッと揺すった。肛環をキュッと食いしめ、奥寺の肉刀を噛みしばる。どっとばかりに二人の男が哄笑すると、対照的に嗚咽を激しくさせていく。汗ばんだ裸身がブルブルとさざ波を立てた。

しかも立ったままの二本刺しで官能の荒波に揉まれる若妻の姿は、こちらの心が震えるほどの妖しい魅力に満ちている

「あううっ、あうううっ……うっ、お、お尻がっ……お尻が裂けるっ……」
「直にあなたもお尻がよくてたまらなくなりますよ、山中さん」
「ヘヘヘヘッ。奥寺君が言うならちげえねえや」
奥寺は村松と目を見合わせ、笑い合う。それから存分にスラストを繰りだしていく。初めは勝手に腰を送っていたが、次第に自然とリズムを合わせるようになった。同時に靖代を突きあげるのである。女体が二人の男の間でリズミカルに上下動する。
その姿を後ろから見るだけで、射精への衝動が湧きあがった。他人の妻を二人がかりで前後同時に犯しているという現実が、この上なく奥寺の脳髄を刺激するのだ。
しかも立ったままの二本刺しで官能の荒波に揉まれる若妻の姿は、こちらの心が震えるほどの妖しい魅力に満ちている。嗚咽とも譫言とも悶え声ともつかぬ甘い鼻声を絶え間なくもらし、髪を振り乱す。顔はすっかり朱に染まり、白い肌にしっとりと汗が浮いていた。
二本の肉刀がせめぎ合うだけあって、靖代の体内はパニック状態に陥っている。薄い粘膜越しに刀身と刀身とがこすれ合う。どちらも負けじと女体を突くので、時間が経つにつれて激しさは増していく。
「こ……壊れるっ……あううっ……壊れますっ……身体がっ……あっ、あっ……お、お尻が壊れるううっ……」

嘘でしょうっ。待ってくださいっ。お尻なんてイヤッ、イヤッ。……あ、あっ、ああっ。入るうっ。入っちゃうう!

魔指を抜き、屹立しきった肉刀を露出させる。まずは尻割れに斬りこみ、切っ先で肛門を探った。感触でそれとわかると、あとは性衝動に任せて貫くだけである。靖代の熟尻を抱え、みずからの腰を低くかまえて押し入った。
「嘘でしょうっ。待ってくださいっ。お尻なんてイヤッ、イヤッ。……あ、あっ、ああっ。入るうっ。入っちゃうう!」
二人の男に挟まれた雪白の女体が、尻刺しのショックに打ち震える。肛環がピクピクッと驚いたように痙攣して肉刀を絞った。

まるで理香は追いたてられるように肛門をキュキュキュッと引き絞り、肉刀を噛みしばった。

突如理香はエビ形の肢体を痙攣させた。尻を奪われながら、恥蕾を魔指でいたぶられたのだ。切なすぎる性悦が走っていく。
一度ですます奥寺ではない。理香の身悶えにひとしきり声を立てて笑い、それから恥蕾をねちっこくグリグリと捏ねくりかえす。
まるで理香は追いたてられるように肛門をキュキュキュッと引き絞り、肉刀を噛みしばった。武骨な刀身との摩擦で肛環が悲鳴をあげた。初めてアナルレイプされた昨日の夜以来、じっとしていてもひりつきっぱなしの肛環である。排泄の欲求が急速にこみあげ、癖になりそうな肛悦がじわりじわりと染み渡っていく。
「た、助けてっ。お尻がっ……あおおっ……お尻が変になるっ、うっ、うっ……」
昨夜は鋭く突きあげられたのに対し、今日は奥寺の体ごと肉刀が深々と突き刺してくる。永遠に消せぬ肛悦の刻印を尻奥に押され、征服されている実感がこみあげた。

はっとのけぞり目を逸らした直後、熱しきった切っ先で肛門に圧が加えられる。メリメリと押しひしがれた。

「あああっ。そんなっ……」
奥寺と目線が合った。はっとのけぞり目を逸らした直後、熱しきった切っ先で肛門に圧が加えられる。メリメリと押しひしがれた。
「あ、あおおっ……あうっ、あおおおっ……」
尻刺しされる間、喉をまっすぐ伸ばしながら吼えていた。肩がピクッ、ピクピクッと電気を流されたように不規則な引きつり方を繰りかえす。
あらかじめ唾液でも塗りこめていたのだろうか。肉刀は滞ることもなくニュルッ、ニュルルッと肉奥めがけて着実に押し入ってくる。五臓六腑を切り開かれ、逞しい肉の砲身に体内をずんずんと埋め尽くされる思いがする。喉がつかえ、むせんでしまう。
そこへ奥寺が長い腕を伸ばし、理香の面差しを自分のほうへ向かせた。
「見ないでっ……んごっ……んぐぐっ……見ないでえっ……」

動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている

「そ、そんなっ……イヤッ……イヤよっ……」
びくついた声音が返った。
奥寺は後ろから体を密着させた。アナルバイブを膣洞に挿入しつつ、肉刀を美尻に突きつける。スレンダーな肢体がおののき、美尻が左右に打ち振られた。
「いい加減にあきらめな。こっちは明日の朝までかかったってかまやしないんだ」
「ほ、本当にっ……本当に、まさかっ……んぐっ、んぐぐっ!……」
尻奥に向けて突きこんだ途端、苦しげなくぐもり声がして、磔の女体がピクンッと浮いた。美貌が衝撃に上向いて、ロングの髪が奥寺の顔をはらりと撫でた。
「あ、ああっ……イヤよっ……。抜いてっ、抜いてよっ……あ、あっ、動かないでっ……お、お尻がっ……あうううっ……」
動かないで、と哀願しつつ、理香は肉刀を咥えこんだ美尻をみずから揺すりたてている。排泄器官に肉を繋がれた汚辱で、とてもじっとしていられないのだろう。
リズミカルに律動を開始すると、直腸粘膜がねっとりと刀身に絡みついた。そればかりか、膣洞に挿入したバイブの微動が粘膜越しにひしひしと伝わる。とりわけ最も敏感な切っ先に伝わると、それだけで衝動がこみあげてくる。病みつきになりそうな刺激だ。刺激を得るべく、おのずと尻奥を突きあげる動きにも拍車がかかった。理香の腰をがっちりと抱え、

時折りスラストを中断してやると、肉刀を噛みしめたまま美尻を左右に揺すりたてる

初めから奥寺はこうするつもりだった。前も後ろも犯した上で、忘れられない恥辱をなすりつけるつもりであったのだ。尻奥を蹂躙しながら恥蕾を嬲りつづけた。
恵里子は惑乱の極みに達している。奥寺が尻奥を叩くごとに「あっ、あっ、あっ」と混じりけのない足掻き声を発する。時折りスラストを中断してやると、肉刀を噛みしめたまま美尻を左右に揺すりたてる。優雅で気品に溢れた恵里子の面影は跡形もない。ただ肛穴から湧きあがる淫靡な体感のみがいまの恵里子を支配していた。