フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ

「……んく、んく、ぅぅ、ん!」
いっぽうの彩菜は、広海のクンニリングスに乱されながらも、けんめいに肉棒を呑み込み、顔を上下させての抽送まで。フェラチオとクンニリングス、アナルなめのトライアングルだ。しかも広海の肉棒と肛門をなめしゃぶるのは、実の母と娘というこれもまた色濃い繋がり。

母娘同時フェラが夢なら、肛門同時なめは、奇蹟とも言うべき異常事態だ

「れろぉ、れちゃぺちゃ、ぷちゅ」
「プチュ、チュパ、ピチャ」
母娘がふたりともに、広げられた広海の股間、それも肛門に顔を埋めるようにして、菊穴をなめ回すということになってしまう。
「わぁぁ、ぅぅう……貴和子さんも彩菜も、ぼくの肛門、なめてるなんて……!」
母娘同時フェラが夢なら、肛門同時なめは、奇蹟とも言うべき異常事態だ。

まるで、クンニリングスで肛門をなめられた女性が上げるような嬌声が、広海の口から出てしまう

まるで、クンニリングスで肛門をなめられた女性が上げるような嬌声が、広海の口から出てしまう。広海自身が驚いた。
「ん、んっ……ママ、広海のそんなとこまで……彩菜だって」
そう言うと、独占していた肉棒を吐き出した彩菜が、顔を潜らせるようにして肉幹の根元へ、そして陰嚢、さらには肛門と、舌でなぞってなめ下る。

根元近くまで含んでは、ねっとり吐き出す。突き出され、すぼめた唇がエロチックだ。

股間のなにもかもを広げられ、露わにされてなめ込まれながら、貴和子も果敢に目の前の肉棒に、
「貴和子だけ、お口がお留守になってたら、いけないのぉ。ンゥゥ!ンッ……チュ、チュパ、チュパ……レロッ、ン!」
挑んでいく。根元近くまで含んでは、ねっとり吐き出す。突き出され、すぼめた唇がエロチックだ。
亀頭だけをなめ回したり、尿道口に滲んだ透明な腺液を舌でなめとるだけでは足りずに、唇をかぶせて吸い上げたりもする。
「ぁ、ん!広海、彩菜も!」
そのころには彩菜も復活して、また広海の肛門や会陰に舌を這わせはじめていた。

するとこんどは貴和子が、陰嚢経由で遡ると、肉棒をかっぽりとくわえ込んでいく

「お尻の穴だけじゃダメなのかしらぁ……レロォ、ゥ、ン!ンク……!」
するとこんどは貴和子が、陰嚢経由で遡ると、肉棒をかっぽりとくわえ込んでいく。
「ぁあ、貴和子さん!」
たちまち、勢いづく肉棒。芯を入れられたように、カチカチに直立していく。
「こっちもよ。まだ終わってないんだから」
肛門にはまだ彩菜が残っている。どうやら彩菜は肛門なめが気に入ったらしく、顔を押しつけんばかりに、広海の肛門も、会陰も、陰嚢もていねいにたっぷりなめ回し、なめ上げた。

肛門皺の一本一本までなめ伸ばす勢いの、母娘の舌使い

肛門皺の一本一本までなめ伸ばす勢いの、母娘の舌使い。
舌腹を大きく使って、肛門全部をベロベロなめ上げたと思うと、緩んだ肛門の穴の中まで、尖らせた舌先を突き込んでいく。
「ひぁ!はぅぅ……き、気持ちいいけど、なんだか……ぁあ」
肉棒へのフェラチオがひたすら昂ぶる刺激なら、肛門なめは弛緩する刺激だ。最初はくすぐったかったのが、しだいに心地よくなってくると、肛門が緩んでくる。肉棒もふんにゃりと折れた。

陰嚢に唇を這わせていた貴和子が、あろうことか広海の肛門にまでもキスし、舌でなめ回してくるのだ

自分から脚を開く広海だが、それでも足りずに、貴和子にすっかり大きなM字に開かされてしまう。
自分で自分の膝を抱えるような、女性なら「まんぐり返し」の体勢だ。(なんだか恥ずかしいんだけ、ど……ぅぅうあ!)
だが衝撃はそこからだった。
陰嚢に唇を這わせていた貴和子が、あろうことか広海の肛門にまでもキスし、舌でなめ回してくるのだ。

彩香は舌をねじ入れてきた。排泄器官の内側を、ヌルヌルとしゃぶってくる

先ほどの佑二の台詞をそっくり真似て、彩香が笑みをこぼした。唾液をまぶして潤滑を良くすると、彩香は舌をねじ入れてきた。排泄器官の内側を、ヌルヌルとしゃぶってくる。括約筋が刺激に反応し、花穂子の膣腔でペニスがビクンビクンと戦慄いた。
「あっ、ああっ」
佑二は切なく喘いだ。
「んふ、佑二くんのお尻、ピクピクしてる」
彩香が囁き、舌を一層深く潜り込ませてきた。

堂本の背後にしゃがみ、彼の尻穴を舌で穿る奉仕に明け暮れる

肩にかけた襦袢一枚、他に足袋のみ身に着けた姿で、負けじと火照り荒ぶる息を吐く。焦れて揺らめく真弓の巨尻に、否定しようのない期待が滲んでいた。若桜家の寝室に敷いた布団の上に膝立ちする男──堂本の背後にしゃがみ、彼の尻穴を舌で穿る奉仕に明け暮れる。客観的に観れば卑しさ極まるであろう行為に溺れ昂る女体。自分だって、堂本と同レベルの変態だ。自虐にすら悦を見出して酔い痴れる心身を恥じつつも、真弓の舌の動きは止まらない。