同時に巨尻が極度の緊張をはらみ、魔指をキュキュキュッとはさみつける

「セクハラってのはな、こうするのをいうんだ」
奥寺は巨尻をじっくり撫でまわしはじめた。魔手に右の臀丘をすっぽりと包み、五本の指先に力をこめ、やわやわと揉み砕く。さらに左の臀丘、スパッツのシームに中指の先をあてがい、会陰方向へ忍ばせていく。手の腹に尻割れの起伏を感じた。
「イヤッ……ああ、さわらないでえっ……」
魔指が尻割れ深くに潜りこんだ頃、比佐子の声が突如として裏返る。
だがやがて魔指は肛門部へと達する。指先で圧を加えた。
「イヤああっ」
女体がピクッと跳ねあがった。同時に巨尻が極度の緊張をはらみ、魔指をキュキュキュッとはさみつける。
そこへ奥寺はつけこんだ。尻割れの奥深く、グリグリと魔指をこじ入れていく。比佐子が必死に巨尻を振り立てたが、かまわずスパッツをぶち破る勢いで突き立てた。伸縮性豊かな布地は、魔指を吸いこむようにしてめりこんだ。