お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……

      

「お尻の孔、何かの花のつぼみみたい……。ううん、フジツボみたい……」 「ああっ、イヤぁ……フジツボ、だなんて……」 留美子自身、岩肌に貼りついているフジツボを思い浮かべていた。いまは食材として持て囃さ…

フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ

      

「くっ……くうううっ……はああっ……イヤッ……あ、ああっ……」 「フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ」 「あ、ああっ。イヤああっ」 あわてて肛門を引き絞ったが、間一髪間に合わない。またも異物を突きこまれ…

さあ、早くケツを開け。尻穴を見せるんだ

      

「ようし。そこでケツを開くんだ。ほうら、こうして……」 突然、右手を取られた。左手も同様に奪われる。ひんやりとした床面に顔が接し、顔と両膝の三点で身を支える体勢となる。お尻の割れ目に比佐子の両手は添え…