経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ

そうこうしている間に、魔手がお尻の割れ目に食いこんできた。太い指が谷間を伝っておりていく。やがて魔指は最も恥ずかしい部位を捕らえた。
「あっ。イヤッ。イヤあああっ!」
裏声を振りたて、五体をくねらせた。
けれど魔指はからかうように肛門をほじくりだす。ズンッ、ズンッと打ち破る勢いで圧を加えてくる。たまらず肛門を食い締めた。
すると魔指がひときわ強力にグリグリグリッと突き刺した。「ひいいいっ」と悲鳴をあげ、理香はスリムな肢体をわななかせた。経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ。
「おまえみたいな女はケツの穴を責められるのが一番効くんだ」

恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている

「あ、あっ……イヤッ……もう許してっ……あううっ……」
恵里子が猥りがわしい姿勢で悲痛に喘いだ。魔手の動きに過剰反応するかのように、上下左右目まぐるしくキュートな美尻を揺らしている。
「まだまだ」と奥寺は告げ、両手で尻割れを開いていく。
「あっ。イヤですっ。イヤあああっ!」
「へえっ。意外に黒ずみが進んでるじゃないか。ええっ?」
「ひっ、ひどいわっ。ひいっ、ひいいーっ……」
握りこんだ左右のヒップが羞恥で硬直しつつ、わなわなと震えおののいている。
実際のところ、色素の沈着はさほど進んでいない。肛門の周辺がやや濃色であるものの、谷底は綺麗なものだ。
だがみずからの尻割れをじっくり覗きこんだことのある女がどれほどいるだろうか。奥寺が言い募ると、恵里子は羞恥に身を揉むばかりである。
「肛門のまわりは真っ黒だぜ。人は見かけによらないな、まったくっ……」
「ああああっ……。言わないでっ……見ないでっ……」
恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている。
完璧に露出させた尻割れに、奥寺は顔を埋めていく。ぴったりと谷底に食らいつき、肛門へと舌ビラを伸ばした。

結合を解いてみると、珠実の肛門は無惨にぽっかり開いたままだった

「いいっ。お尻がっ……どうしてっ……く、くううっ……あおおおっ……も、もう駄目っ、イクッ、イッちゃうっ、うっ、うっ、ううううっ!……」
細身の肢体をガクガクと震撼させて、珠実は果てる。
見届けて、奥寺は尻奥を深々と抉った。「あぐぐぐっ」という呻きを聞きながら、渾身の力で精を流しこんだ。
結合を解いてみると、珠実の肛門は無惨にぽっかり開いたままだった。手足の拘束も除いてやる。だが珠実は同じカエル足の形のまま動かない。ただ荒い呼吸とともに背中を上下させている。
奥寺はビデオカメラを撤収したのち、珠実を放置して器材庫をあとにした。

必死に尻肉を食いしめて阻もうとするが、強引に切り開かれてしまう

仰向けからカエル足のまま抱え起こされた珠実は、そのまま反転するように俯せ状態に戻されていく。お尻に食いこんだ水着を、奥寺がグイッと浮かせた。
「あ、ああっ」
「どれ、感じやすい尻穴を見せてみろよ。珠実先生」
「イヤッ。そんなのイヤあああっ」
お尻の割れ目が掻きわけられた。必死に尻肉を食いしめて阻もうとするが、強引に切り開かれてしまう。
「フフフフッ。かわいそうに。プリプリさせやがって。尻の肉に隠れて見えないぜ。……おお、見えた。これが珠実先生の尻穴か。少し緩んできたんじゃないか」
「見ないでっ。見ないでええっ」

さあ、早くケツを開け。尻穴を見せるんだ

「ようし。そこでケツを開くんだ。ほうら、こうして……」
突然、右手を取られた。左手も同様に奪われる。ひんやりとした床面に顔が接し、顔と両膝の三点で身を支える体勢となる。お尻の割れ目に比佐子の両手は添えられた。
「この手を絶対離すなよ。もういい、と俺が言うまでだ」
念を押すように、奥寺がぴしゃりとお尻を張った。
「恥ずかしいっ。許してっ。こんなの許してっ」
切なすぎる思いに比佐子はかぶりを振り、尻を振りたくる。しかし割れ目に添えた手は離すことができない。離せば、どんな仕打ちが待っているか知れない。
絶望にお尻をひくつかせていると、背後で低い笑い声がする。
「フフフフッ。まあ、これもヨガのポーズだと思えば、どうってことはないさ。昨日も似たようなことをやってたよな。マットで」
「ああ。そんなっ」
「さあ、早くケツを開け。尻穴を見せるんだ」
比佐子は朦朧となりながら割れ目を露出させていく。緊張と羞恥で指先が硬直し、尻肉に深く食いこんだ。レーザー光線かなにかが一点に肛門を刺している感覚に捕らわれる。奥歯を噛みしめつつ、痛いほど割れ目を開いた瞬間、室内に閃光が瞬いた。昨日と同じ恐怖に、つい両手をおろしかけると、容赦ない怒声が飛んだ。

暴かれた肛門も、深い谷底でヒクッ、ヒクヒクッと悲しげに浮き沈みを繰りかえしている

「ケツが擦れてしょうがないだろう。フフフフッ。ははははっ……」
「言わないでっ。言わないでえっ」
奥寺はTバックに人差し指を当て、スーッと谷底をなぞった。肛門部を通過した瞬間、巨尻がブルルッと反応した。
「イヤああっ」
およそプライオの女王に相応しからぬ弱々しい声がもれだす。
今度はTバックに手をかけた。谷底からつまみあげ、手前にたぐり寄せる。Tバックがズルズルとずりさがっていく。比佐子が激しく尻を振っても、谷底は完璧に暴かれた。眼前に、焦げ茶色に色素沈着した肛門が姿を現わす。細かな筋がぎっしり放射状に刻みこまれており、じっと見ていると、こちらが吸いこまれてしまいそうだ。
「見えた。見えたぜ。これが石原比佐子の尻の穴か。フフッ、フフフフッ……」
「ああああっ……」
比佐子はかぶりを大きく振っている。暴かれた肛門も、深い谷底でヒクッ、ヒクヒクッと悲しげに浮き沈みを繰りかえしている。

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

繊細なしわが集中する形態が、たまらなくかわいらしく、どうしようもなく淫らに見えてくる

強い口調で言いつのる彩海の尻の後ろで、尚樹は苦笑した。
(普通はいじらないよなあ)
そう思っていても、少年の視線は、今や彩海の肉体に残された最後の未知の場所に集中している。欲望の目で見つめれば見つめるほど、繊細なしわが集中する形態が、たまらなくかわいらしく、どうしようもなく淫らに見えてくる。

愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている

幸せはまだ終わらない。彩海自身の両手の指が尻たぶに食い入った。
「見て、尚樹くん。わたしのお尻のすべてを見て」
彩海は自分の手で、深い谷間を左右に広げる。昨日のバスルームでも、彩海は同じことをした。それなのに尚樹は新鮮な感動に身を包まれる。これから毎日同じことをされても、そのたびに感動に震えるだろう。そしてこの儀式を毎日見ていたに違いない夫の聡史への嫉妬と羨望が押さえられない。
朝の陽光が射した谷間の奥には、やはりバスルームのときと同じものが存在した。愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている。排泄器官でありながら、尚樹自身が意識していない頭の片隅に、いつかはこの中に、という思いを芽吹かせた。
鮮やかな肛門の下に、もっと美しく、もっと妖しい花が咲き誇っている。二度の胸の絶頂の波動を受けて、今朝はまだほとんど刺激を受けていない女性器もすっかり満開になっていた。秘唇は左右にほころんで、愛蜜で濡れそぼった肉襞がぬるぬると蠢いている。
彩海が尻の角度を変えると、花弁の中心で息づく膣口と、逆さになってぷっくりとふくれたピンクの肉真珠までも、はっきりと見えた。

彩海さんが、ぼくにお尻の穴まで見せてる!

蕾は今にも開花しそうにひくつきながら、開こうとはしない。多数の細いしわが集まって作られた、女の身体を飾るもうひとつの可憐な花だ。
(彩海さんが、ぼくにお尻の穴まで見せてる!)
女の肛門を目にすることなど、一生ないと思っていた。いや、むしろ大便を出す排泄口など、見るべきものではないと思っていた。
(彩海さんは堂々と見せてる。普通じゃない。やっぱり本人が言ったみたいに、彩海さんはちょっとエッチな人なんだ!だけど……)
見るべきではない女の第二の秘密から、尚樹は視線をはずせなかった。彩海の肉体の一部というだけで、それはただの排泄器官ではなく、妖しく淫靡なものに変化して見えてしまう。