経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ

そうこうしている間に、魔手がお尻の割れ目に食いこんできた。太い指が谷間を伝っておりていく。やがて魔指は最も恥ずかしい部位を捕らえた。
「あっ。イヤッ。イヤあああっ!」
裏声を振りたて、五体をくねらせた。
けれど魔指はからかうように肛門をほじくりだす。ズンッ、ズンッと打ち破る勢いで圧を加えてくる。たまらず肛門を食い締めた。
すると魔指がひときわ強力にグリグリグリッと突き刺した。「ひいいいっ」と悲鳴をあげ、理香はスリムな肢体をわななかせた。経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ。
「おまえみたいな女はケツの穴を責められるのが一番効くんだ」

尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった

ところが奥寺は次の手を繰りだした。恵里子が無抵抗状態に陥ったのを見て取って、別の箇所に魔指を差しこむ。肛穴へ突き立てたのだ。
「あ、そ、そこはっ、もうイヤッ。汚いのはイヤっ」
「いつまでお上品ぶってるんだ。イキまくってションベンを垂らした女が」
「イヤッ。嘘っ。やめてえっ。……あ、イヤッ。入れないでっ。あ、入るうっ。入っちゃうううっ!」
尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった。二本目の魔指は門を難なく突き破り、肛穴深く食いこんだ。それがズボズボとピストン運動を開始する。シャワーソープのぬらつきが充分残っているためか、スムーズな動きだ。呪わしい体感が再び襲った。身体が勝手に反応し、魔指をギュッと食い締める。すると余計に摩擦が強まり、名状しがたい妖しい体感がじんわりと浸透していく。

肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ

粘膜を巻きこんで魔指が突き進んでくる。うねうねと微妙にくねりながら縫うように肛洞を掘り進むのである。
食いとめようとお尻を気張るものの無駄であった。むしろ気張ると、魔指の武骨さがいやというほど感じとれた。感覚を鋭敏にさせられる。魔指は浸食を完遂すると、今度は行きつ戻りつを開始した。高まる刺激に、肛門の収縮を強いられる。肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ。恵里子の意思を置き去りに、勝手に絡みついてしまうのだ。便器の上で半裸の肌身が躍った。
「あっ、あっ、あっ、あっ……」
しゃくりあげるとともに肛門は魔指をキュッと小気味よく食いつめ、同時に喉奥から囀りがもれる。

牝芯をねぶっているのとは別の魔指が会陰を下っていったかと思うと、肛門の窄まりでぴたりととまった

「もっといいことをしてやろうか」
頭がぼうっとして、奥寺の言葉も右から左へと過ぎていく。
だがその意味を思い知らされたのは直後であった。牝芯をねぶっているのとは別の魔指が会陰を下っていったかと思うと、肛門の窄まりでぴたりととまった。それから肛門へ一直線に食いこんでくる。
「あ……ああっ……ど、どこをっ……」

あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた

恵里子は総身を反らせて悲痛に呻いた。
「ほほう。なかなか敏感なんだな。えっ?どうする。こうしてやろうか……」
先ほどまでの昂りきった口調が影を潜めたのが不気味だ。不敵に落ちついた物腰で奥寺は告げた。肛門を捕らえた魔指の先端がグリグリと圧力を加えてきた。
「イヤッ。やめてええっ」
魔指を咥えたお尻をくなくなと振り乱し、恵里子は哀訴を絞った。その間もグイッ、グイッと肛門を押しこまれる。押しこむのみならず、あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた。肩から背中にかけて鳥肌にびっしり覆われていく。ゾクゾクゾクッと悪寒が足下から這いあがった。

めりこんだ魔指がここぞとばかりに一点を小突いてくる。そこは最も恥ずかしい場所だった。

そんな恵里子の焦燥を嘲るように、魔手はお尻の割れ目に沿って、少しずつ股間へ這いおりていく。一本指の腹をパンツのシームにぴったり合わせ、ツツーッと割れ目の深さを測るように食いこませていく。
「見かけ通りのいいケツだ。ポチャポチャしてるぜ」
「イヤッ、イヤッ」
地団駄踏みながらかぶりを振る。おぞましい感触に、お尻をつい緊張させてしまう。すると割れ目に吸いついた魔指を、左右の尻肉がキュッと挟みつけた。めりこんだ魔指がここぞとばかりに一点を小突いてくる。そこは最も恥ずかしい場所だった。
「ああああっ!イヤああっ!」

肛門に粘液がこってりと塗りこまれる

魔指が肛門から引き抜かれ、奥寺が立ちあがる。スチールラックの定位置にビデオカメラを設置し直しているらしい。だがすぐに戻ってくると、改めて尻割れを暴いた。
突然、ひんやりとした感触がお尻に降りかかり、ゾクリと身震いした。あの粘っこい液体だ、と直感した。肛門に粘液がこってりと塗りこまれる。外側のみならず、内側にまでくまなく塗りつけられる。もはや気力は根こそぎ奪われ、すべてされるがままだ。奥寺の手際のよさが珠実の気持ちをこの上なく惨めなものにした。
しかし奥寺の覆いかぶさる気配を感じて、さすがに萎縮した。本能的に身を避ける動きを全身の筋肉がしかけた。すると厳しい拘束がキリキリと手足に食いこんでくる。
先端が肛門にあてがわれた。その熱に身震いする。とうとう尻を犯されるのだ。

指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた

「どんなもんだ。少しは思い知ったか。次はこうしてやろうか……」
上下動が一服し、珠実の身体は胡座の上に置かれた。自重で肉刀が子宮口までがっちりと食いこむ。じっとしていても息が詰まる。そこで胴体を抱えていた魔手が尻肌を這いおりていく。指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた。
「あ、イヤッ」
不意を衝かれて尻肉を緊張させたが遅かった。指がズブリと肛環を打ち破った。
「あっ、あっ。イヤッ。お尻はイヤッ」
狼狽して振り払おうとする。けれどすでに破られたあとである。魔指を咥えこんだ惨めな姿で、空しく尻は打ち振られた。
「フフフフッ。おまえに尻の味を教えてやろうっていうんだよ」
「なにをっ……馬鹿なこと言わないでっ。……あ、動かさないでっ。イヤああっ!」
再び上下動がはじまった。肛門に刺さった魔指は鉤形に折られ、グリグリと肛洞を攪拌する。かと思うと、肉刀と同様にズボズボと抜き差しされた。前後二穴を同時にいたぶられ、妖美極まる体感がじわじわと立ちのぼった。

Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ

奥寺はほくそ笑んで、再び比佐子の背後へとまわった。
スパッツの裂け目からは、巨尻が惨めに露出したままである。Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ。
尻割れの上端に、たっぷりと唾液を垂らす。唾液が谷底を伝わり、やがて肛門を呑みこんだ。奥寺は右手中指をも唾液に浸したのち、そっと肛門にあてがった。
「ひっ!イヤああっ!」
尻割れがヒクッと収縮し、魔指をはさみつけた。そこをグイグイッと突きこみにかかる。肛門の微細な皺を指の腹に感じた。

中空の巨尻が艶めかしくうねった

「ひっ、ひいいいっ」
もげ落ちんばかりに魔指がはさみつけられる。肛門部を突いてやると、そのたびに巨尻が引きつり、比佐子の口から呻きがもれだす。さらに爪の先で細かく引っかいてやる。たまらず比佐子は身をくねらせる。中空の巨尻が艶めかしくうねった。
あの女王様然としていた比佐子が、尻穴を掘られて気息奄々としているのが痛快だ。