二人がかりでさんざんに肛門を小突きまわす

      

「いいぞ、いいぞ。もっと派手にケツ振れや、姉ちゃん」 そう命じて、尻肌をパシッと張った。 「あああっ……」 理香が悲嘆にかぶりを振ると、彼らはまるでそうするのが当然とばかり、肛門に触手を伸ばしてきた。…

川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた

      

奥歯を噛みしめ、死ぬ思いで肛門を暴きだす。すると肛門を突然なにかが触れた。 「ひいいいーっ!」 肛門から脳天まで一気に電流が駆け抜けた。 「おお。なんて敏感な奥さんだ。ちょっと爪で掻いただけでこんなに…