くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……

梅崎が肛穴をグィグィと押しこむと、珠実の肢体がフェンスで行きどまった。これ以上強く押しこめば、魔指はズブリと突き刺さって肛洞に食い入ることとなる。
「くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……」
フェンスにへばりついた裸身をくなくなと珠実は振りたてる。とはいっても、身体の前面をフェンスに密着させている。せいぜいお尻のみ微妙にくねるのが関の山だ。
ここぞとばかり、梅崎は報復の魔指を繰りだした。肛穴の縛りを突き破り、肛洞へと潜りこませた。
「あひいいいーっ!」
珠実が大の字の裸身を震撼させている。

相変わらず臀部の筋肉は狂おしく挟みつけてくるが、その谷間の奥深く埋もれた肛穴だけは、次第にほぐされていく

「おお、おお。どうしました。脅かさないでくださいよ。フッフッフッ」
ふと梅崎は思いつき、珠実の尾骨をめがけて口から直接唾液を垂らす。そうすれば自然と唾液は谷底を伝い、肛穴をどっぷりと浸してくれるはずである。
案の定、ほどなく魔指もろともひたひたに唾液によって浸された。気合いを入れて肛穴を揉みこみはじめると、気のせいか肛穴が見るみる弛緩していくようだ。魔指の腹で揉みこみ、時折り爪でカリカリとかきまわす。相変わらず臀部の筋肉は狂おしく挟みつけてくるが、その谷間の奥深く埋もれた肛穴だけは、次第にほぐされていく。

穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた

肛穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた。それから再度肛穴にあてがい、念入りにほぐしていく。
「あ、あああっ……」
左右のヒップが魔指をキュキュキュキュッと挟みつける。
「おおっ。もうこんなので感じてるんですか。珠実先生」
鍛えあげた大臀筋の感応ぶりに、思わず頬が緩んだ。
「ち、ちがうわっ。誰がっ、そんなっ……う、あううっ……」
「そうですか」
梅崎は気丈に振る舞う珠実に鼓舞され、爪の先でカリカリと肛環をかきまわした。
「ひいいーっ!」
絹を裂く悲鳴が噴きあがった。魔指を挟んだまま、大臀筋が極限の強張りを示す。魔指を呑みこもうかという勢いだ。

梅崎は破けよとばかりに珠実の肛穴をほじくりかえし、乳首を指間にいびりつぶす

梅崎は破けよとばかりに珠実の肛穴をほじくりかえし、乳首を指間にいびりつぶす。
「ひいいいーっ!」
「くそっ。どうせわかってやもらえんのでしょうな。あなたみたいな容姿も才能も満ち足りたおかたには。ええ、結構ですよ。その分、せめて今夜ぐらいはたっぷりと鬱憤晴らしをさせてもらいましょうかね」
珠実は唇を噛んでいる。梅崎の魔指を呑んだ尻が口惜しそうにクイッと震えた。
肛穴と乳首を休みなく責め嬲りつつ、ほかの女たちのほうへとふと目を遊ばせてみた。

たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。

「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」
吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。
「やめてよっ。やめてっ」
とうとう耐えかねたと見え、珠実はかぶりを振りつつ尻をも激しく振り乱す。顔が右を向けば尻は左へ、顔が左なら尻は右へ、と梅崎の眼前でめまぐるしく踊る。
「これがやめていられますか。よくもあの時は私を痴漢呼ばわりしてくれましたね」
梅崎は珠実の傍らに立ち、硬く締まった尻割れに魔手を無理やり差しこんだ。そうして谷底にぴったり指先を這わせ、やがて行きついた肛穴に突きたてる。グリグリとからかうように小突きまわすと、磔の肢体はキリキリと胴震いを露わにした。

どうしたんだ。ケツをもじもじさせて。そんなに尻穴に欲しいのかい

別の男が、なにか粘っこいものを肛門部にねっとりと塗りつける。メントールでも含まれているのだろうか。直に肛門の周囲といわず、露出したとば口といわず、ジンジンと灼けて熱くなっていく。ねじこむように肛環の内側までたっぷり塗りこまれると、熱っぽさはますます高まる。妖しい予兆が背筋を徐々に駆けあがった。
「あ……お……お尻が……お尻が熱い……熱いのっ……」
熱っぽさは時間の経過とともに薄れるどころか、逆にどんどんと増した。ひりひりとした感じが肛洞の奥まで浸透していく。下半身全体がカッと燃えるように熱くなった。使われたのは、理香自身も子供の頃からよく知る傷薬の類だ、と思い至った。
「どうしたんだ。ケツをもじもじさせて。そんなに尻穴に欲しいのかい」

二人がかりでさんざんに肛門を小突きまわす

「いいぞ、いいぞ。もっと派手にケツ振れや、姉ちゃん」
そう命じて、尻肌をパシッと張った。
「あああっ……」
理香が悲嘆にかぶりを振ると、彼らはまるでそうするのが当然とばかり、肛門に触手を伸ばしてきた。二人がかりでさんざんに肛門を小突きまわす。ズンズンッと遠慮会釈なくいじくり、あまつさえ左右から指先を引っかけてひろげにかかろうとする。
「な、なにをするのっ。裂けるっ。裂けちゃううっ」
佑也の目が注がれていないことをひたすら祈り、がっくりと項垂れる。

きつく食いしばったはずの肛門を難なく破り、木之内の魔指が肛洞に押し入る

「ち、ちがいますっ。感じてなんかっ……あっ、あっ、入れないでっ」
きつく食いしばったはずの肛門を難なく破り、木之内の魔指が肛洞に押し入る。のみならず、すぐに前後動が開始される。肛環が摩擦を受けて、呪わしい快感がじんわりと全身にひろがっていく。ワセリンの立てるグチュグチュという猥りがわしい響きを、恵里子は絶望の淵で聞いた。だんだんと身体に力が入らなくなる。魔指はズボズボと律動し、恵里子の理性をなし崩しに突き崩していく。

川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた

奥歯を噛みしめ、死ぬ思いで肛門を暴きだす。すると肛門を突然なにかが触れた。
「ひいいいーっ!」
肛門から脳天まで一気に電流が駆け抜けた。
「おお。なんて敏感な奥さんだ。ちょっと爪で掻いただけでこんなによがるとはな。グフフフッ。ではこれではどうですか……」
川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた。
甘美すぎる肛悦が立ちのぼる。比佐子は全身を力ませながら、肛悦に酔いしれた。肛門だけではない。背中といわず、脇腹といわず、ゾクゾクゾクッと凄まじいこそばゆさに見舞われ、身体を支えるのが精一杯になった。尻割れを開く手が落ちた。
飽かずに小皺を刺激しつつ、川添が言う。
「ほれほれ、どうだどうだ。ケツの穴をいじくりまわされてよがるとは、本当にスケベな奥さんだ。奥寺君、どうかね。こんな調子では、木之内君の言うとおりアダルトビデオに出したほうが、この奥さんにも幸せなんじゃないのかねぇ。フッフッフッ」「イヤッ。イヤッ。アダルトビデオなんてイヤああっ」
比佐子は尻穴をヒクヒクとひくつかせて忍び泣く。