川添の爪が肛門の小皺をクリクリと掻きはじめた

      

奥歯を噛みしめ、死ぬ思いで肛門を暴きだす。すると肛門を突然なにかが触れた。 「ひいいいーっ!」 肛門から脳天まで一気に電流が駆け抜けた。 「おお。なんて敏感な奥さんだ。ちょっと爪で掻いただけでこんなに…

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

      

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」 柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置…