誰もが排便時に得る生理的な快感を、いまの珠実は奥寺の男根によって強制的に繰りかえし植えつけられているに等しかった

「さあ、いただこうか。珠実先生の尻穴を」
嬉々とした声で奥寺が宣言をする。
「あ、ああ……早くすませて……。ううっ……あ……あっ!……い、痛いっ!……」
繋がった瞬間、喉からなにかが飛びだすかと思った。ヌルリと尖端部が挿入された直後、いきなり奥へ突きこまれる。珠実は息苦しさに喉頸を伸ばした。
「とうとう江藤珠実のケツをやったぞ。このくそ生意気なケツを」
奥寺がヒップをぴしゃっと張った。得意満面の言葉が珠実の心を打ちのめす。
男根の律動が開始されて、ますます実感は強まった。内臓を掻きまわされるような体感のせいだ。身動きできない体勢にされ、その身体の内側を蹂躙される。これが奥寺が果てるまでつづくのか、と思うと気が遠くなった。
だが気が遠くなるたび、珠実は強制的に覚醒させられる。奥を突いた男根が引き戻される一瞬、切迫した便意が襲ってくる。その都度、尻まわりの筋肉が極度の緊張を強いられた。そうして収縮した肛門を男根が容赦なく苛んだ。じわっと全身が震えるような感覚があとにつづく。
それは擬似的な排泄の快感といえた。誰もが排便時に得る生理的な快感を、いまの珠実は奥寺の男根によって強制的に繰りかえし植えつけられているに等しかった。野太い男根が肛門の内側を掠めると、クラッと眩暈を伴

はああっ、はああああっ、と腹式呼吸を思わせる吐息が唐突に聞こえ、肛門の食いつきが俄然強まった

「い、イヤよっ……あっ、あううっ……。いっ、いいいっ……い、意地悪っ……くううっ……お尻がっ、こ、壊れちゃうっ……さっ、裂けるううっ……うむむむっ……」
「いいのか、イヤなのか、はっきりしろよ」
からかい半分に爪の先で牝芯をピンピンッと弾き飛ばすと、ついに比佐子は歓喜の叫びをあげた。まるで媚びを売るように、いや、快感からの無意識の動作であろうが、奥寺の眼下で巨尻が大袈裟に振られた。乱れきった髪が寂しげに打ち揺らされた。
「こ、困るのっ、困るのよっ。許してっ……本当にっ……あああっ……」
はああっ、はああああっ、と腹式呼吸を思わせる吐息が唐突に聞こえ、肛門の食いつきが俄然強まった。かと思うと、女体が凄まじい勢いで痙攣した。ここぞと奥寺は牝芯への刺激を強め、肉刀をズブリと尻奥深く突入させた。受けとめた肛門は、刀身の逞しさを堪能するかのようにキリキリと食らいつく。
「あっ、あっ、あっ、だ、駄目っ……い、いいいっ……イクッ、イクイクッ……うっ、うあっ、うああああっ!……」
獣じみた歓喜の絶叫を残し、比佐子が脱力した。スツールに身体を凭せかけ、がっくりと首を垂れている。

暴かれた肛門も、深い谷底でヒクッ、ヒクヒクッと悲しげに浮き沈みを繰りかえしている

「ケツが擦れてしょうがないだろう。フフフフッ。ははははっ……」
「言わないでっ。言わないでえっ」
奥寺はTバックに人差し指を当て、スーッと谷底をなぞった。肛門部を通過した瞬間、巨尻がブルルッと反応した。
「イヤああっ」
およそプライオの女王に相応しからぬ弱々しい声がもれだす。
今度はTバックに手をかけた。谷底からつまみあげ、手前にたぐり寄せる。Tバックがズルズルとずりさがっていく。比佐子が激しく尻を振っても、谷底は完璧に暴かれた。眼前に、焦げ茶色に色素沈着した肛門が姿を現わす。細かな筋がぎっしり放射状に刻みこまれており、じっと見ていると、こちらが吸いこまれてしまいそうだ。
「見えた。見えたぜ。これが石原比佐子の尻の穴か。フフッ、フフフフッ……」
「ああああっ……」
比佐子はかぶりを大きく振っている。暴かれた肛門も、深い谷底でヒクッ、ヒクヒクッと悲しげに浮き沈みを繰りかえしている。

柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る

「あ、ああぁ、あん……ひううっ。か、感じちゃう……あぁ、だめっ。おかしくなりそうですぅっ」
柔らかな肉花びらを唇に挟み、やさしく引っ張る。限界まで伸びきった肉びらが、唇から離れ落ち、ぷるるんと元の位置でわなないた。
戻る瞬間に、峻烈な電流が走るらしい。媚肉全体がヒクついている。紫色した菊座までが、ぎゅぎゅぅっと絞られて女体の緊張がそれと知れた。肉の合せ目にある敏感な器官がムクムクとそそり勃ち、「ここも触って」と自己主張をはじめた。

肛門そのものが意志を持っているように、しわの中心が開き、触れた亀頭を呑みこもうとした

谷間の中心で、肛門がせわしなく開閉をくりかえしているのが見えた。すぐ下では真紅のバイブが猛烈なパワーでうねり、広げられた恥丘をブルブルと振動させている。
尚樹ははじめての場所にすんなりと挿入する自信はなかった。慎重を期して、右手で肉棒をつかみ、ていねいに亀頭を肛門に当ててやる。肛門そのものが意志を持っているように、しわの中心が開き、触れた亀頭を呑みこもうとした。タイミングを逃さず、一気に押し入れる。
「あっおおうううっ!」
彩海が歓声を放って、腸粘膜がいっせいに亀頭から肉幹全体を押し包んできた。膣とはまた違う、とらえどころのない、それでいて強烈な圧迫感が、ペニスを歓待してくる。

肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキスをする

顔を広げた谷間に埋める。舌先を伸ばし、蕾に押しつける。女肉の花園のぬるぬるした粘膜とは異なる感触だ。鋭い舌の表面に、細いしわが触れた。
「あんっ!」
彩海の尻がブルッと震える。肛門に与えられた最初の一打の衝撃を伝えるように、シーツにキスをする。彩海の反応に喜んで、尚樹は連続して舌でしわのすぼまりの中心をつついた。舌が当たるたびに、肛門がわななき、ゆるく開いてはキュッと閉じる動きをくりかえす。
「おんっ!いいっ!お尻の穴、痺れちゃう!はううんっ!」

愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている

幸せはまだ終わらない。彩海自身の両手の指が尻たぶに食い入った。
「見て、尚樹くん。わたしのお尻のすべてを見て」
彩海は自分の手で、深い谷間を左右に広げる。昨日のバスルームでも、彩海は同じことをした。それなのに尚樹は新鮮な感動に身を包まれる。これから毎日同じことをされても、そのたびに感動に震えるだろう。そしてこの儀式を毎日見ていたに違いない夫の聡史への嫉妬と羨望が押さえられない。
朝の陽光が射した谷間の奥には、やはりバスルームのときと同じものが存在した。愛らしい肛門が、物欲しげにひくついて、目を楽しませている。排泄器官でありながら、尚樹自身が意識していない頭の片隅に、いつかはこの中に、という思いを芽吹かせた。
鮮やかな肛門の下に、もっと美しく、もっと妖しい花が咲き誇っている。二度の胸の絶頂の波動を受けて、今朝はまだほとんど刺激を受けていない女性器もすっかり満開になっていた。秘唇は左右にほころんで、愛蜜で濡れそぼった肉襞がぬるぬると蠢いている。
彩海が尻の角度を変えると、花弁の中心で息づく膣口と、逆さになってぷっくりとふくれたピンクの肉真珠までも、はっきりと見えた。

彩海さんが、ぼくにお尻の穴まで見せてる!

蕾は今にも開花しそうにひくつきながら、開こうとはしない。多数の細いしわが集まって作られた、女の身体を飾るもうひとつの可憐な花だ。
(彩海さんが、ぼくにお尻の穴まで見せてる!)
女の肛門を目にすることなど、一生ないと思っていた。いや、むしろ大便を出す排泄口など、見るべきものではないと思っていた。
(彩海さんは堂々と見せてる。普通じゃない。やっぱり本人が言ったみたいに、彩海さんはちょっとエッチな人なんだ!だけど……)
見るべきではない女の第二の秘密から、尚樹は視線をはずせなかった。彩海の肉体の一部というだけで、それはただの排泄器官ではなく、妖しく淫靡なものに変化して見えてしまう。

羞恥に彩菜が、ヒップをモゾモゾと動かす。肛門までが、恥ずかしそうにキュン、とすぼまった。

「や、ヤだ!恥ずかしいんだから、あんまり見ないで」
羞恥に彩菜が、ヒップをモゾモゾと動かす。肛門までが、恥ずかしそうにキュン、とすぼまった。だが、見るなと言われても、広海の視界いっぱいに、彩菜の股間が塞いでいる。
映画館の最前列に座って、シネマスコープの画面を見上げるようなものだ。視界の端までが彩菜のヒップで、肌色以外は見えない。
そのうえ鼻先が触れそうなごく間近には、肉裂がぱっくりと口を開いている。