きつく食いしばったはずの肛門を難なく破り、木之内の魔指が肛洞に押し入る

「ち、ちがいますっ。感じてなんかっ……あっ、あっ、入れないでっ」
きつく食いしばったはずの肛門を難なく破り、木之内の魔指が肛洞に押し入る。のみならず、すぐに前後動が開始される。肛環が摩擦を受けて、呪わしい快感がじんわりと全身にひろがっていく。ワセリンの立てるグチュグチュという猥りがわしい響きを、恵里子は絶望の淵で聞いた。だんだんと身体に力が入らなくなる。魔指はズボズボと律動し、恵里子の理性をなし崩しに突き崩していく。

どんなに攪拌させても、肛環がクニャクニャと魔指にまとわりついた。理想的な柔軟性だ。

奥寺は魔指を尻奥まで突きこんだのち、グルグルと攪拌していった。どんなに攪拌させても、肛環がクニャクニャと魔指にまとわりついた。理想的な柔軟性だ。むしろ尻肉が頻繁に収縮しているのがわかる。早く肉刀に肛門の縛りを、下腹に尻肉の弾力を味わいたいという衝動がとめどなく湧いてくる。

村松の肉塊を深々と呑みこんだまま、靖代は熟尻を右へ左へと振りたてる

村松の肉塊を深々と呑みこんだまま、靖代は熟尻を右へ左へと振りたてる。
それをがっちり捕らえ、右手の中指を突き刺した。
「ひいいいっ」と悲鳴が発せられた。肛環がクィクィと魔指を締めつける。体熱が直に伝わってくる。
左腕で靖代の腰を抱えながら、指の繰りだしを開始した。すでに体内には村松が侵入しているため、肛洞はやや狭隘だった。その分、指をぴったりと締めつける。
「イヤですっ。こんなのイヤですっ」

眼前で美尻がクイッと揺れた。甘えているか、媚びを売っているかにも見える蠱惑的な仕草だ。

眼前で美尻がクイッと揺れた。甘えているか、媚びを売っているかにも見える蠱惑的な仕草だ。美尻が示した媚態は凌辱者のリビドーを焚きつける。穢してやりたい欲求が奥寺を突き動かす。指を抜くと、馬の手綱を引くように長い髪を引っ張った。
「もうわかるな。これからおまえの尻穴でじっくり楽しませてもらうよ」

フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ

「くっ……くうううっ……はああっ……イヤッ……あ、ああっ……」
「フフフフッ。ケツの穴がぽっかりだ」
「あ、ああっ。イヤああっ」
あわてて肛門を引き絞ったが、間一髪間に合わない。またも異物を突きこまれる。奥寺が指を挿入したようだ。バイブと異なってヌメッとした感触がする。単に挿入したばかりでなく、律動が開始された。理香の意思とは関係なく、肛環が魔指に絡みつく。バイブで長時間揺さぶられてきた肛環は、極度に敏感になっている。
「あううっ……ど、どうしてっ……ああ、お尻がっ……」
恥蕾ばかりか、肛環からじわじわと性悦が立ちのぼる。理香は戸惑いを口走った。いかにも肛環の知覚を呼び起こしてやろうという意図が見えみえの魔指の動きなのだ。

経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ

そうこうしている間に、魔手がお尻の割れ目に食いこんできた。太い指が谷間を伝っておりていく。やがて魔指は最も恥ずかしい部位を捕らえた。
「あっ。イヤッ。イヤあああっ!」
裏声を振りたて、五体をくねらせた。
けれど魔指はからかうように肛門をほじくりだす。ズンッ、ズンッと打ち破る勢いで圧を加えてくる。たまらず肛門を食い締めた。
すると魔指がひときわ強力にグリグリグリッと突き刺した。「ひいいいっ」と悲鳴をあげ、理香はスリムな肢体をわななかせた。経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ。
「おまえみたいな女はケツの穴を責められるのが一番効くんだ」

尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった

ところが奥寺は次の手を繰りだした。恵里子が無抵抗状態に陥ったのを見て取って、別の箇所に魔指を差しこむ。肛穴へ突き立てたのだ。
「あ、そ、そこはっ、もうイヤッ。汚いのはイヤっ」
「いつまでお上品ぶってるんだ。イキまくってションベンを垂らした女が」
「イヤッ。嘘っ。やめてえっ。……あ、イヤッ。入れないでっ。あ、入るうっ。入っちゃうううっ!」
尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった。二本目の魔指は門を難なく突き破り、肛穴深く食いこんだ。それがズボズボとピストン運動を開始する。シャワーソープのぬらつきが充分残っているためか、スムーズな動きだ。呪わしい体感が再び襲った。身体が勝手に反応し、魔指をギュッと食い締める。すると余計に摩擦が強まり、名状しがたい妖しい体感がじんわりと浸透していく。

肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ

粘膜を巻きこんで魔指が突き進んでくる。うねうねと微妙にくねりながら縫うように肛洞を掘り進むのである。
食いとめようとお尻を気張るものの無駄であった。むしろ気張ると、魔指の武骨さがいやというほど感じとれた。感覚を鋭敏にさせられる。魔指は浸食を完遂すると、今度は行きつ戻りつを開始した。高まる刺激に、肛門の収縮を強いられる。肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ。恵里子の意思を置き去りに、勝手に絡みついてしまうのだ。便器の上で半裸の肌身が躍った。
「あっ、あっ、あっ、あっ……」
しゃくりあげるとともに肛門は魔指をキュッと小気味よく食いつめ、同時に喉奥から囀りがもれる。

あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた

恵里子は総身を反らせて悲痛に呻いた。
「ほほう。なかなか敏感なんだな。えっ?どうする。こうしてやろうか……」
先ほどまでの昂りきった口調が影を潜めたのが不気味だ。不敵に落ちついた物腰で奥寺は告げた。肛門を捕らえた魔指の先端がグリグリと圧力を加えてきた。
「イヤッ。やめてええっ」
魔指を咥えたお尻をくなくなと振り乱し、恵里子は哀訴を絞った。その間もグイッ、グイッと肛門を押しこまれる。押しこむのみならず、あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた。肩から背中にかけて鳥肌にびっしり覆われていく。ゾクゾクゾクッと悪寒が足下から這いあがった。

珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた

「さあ、はっきりしてもらおうか」
答えを促すかのごとく、魔指がズンッ、ズンッと尻奥を穿った。
「イヤッ。もう許してっ。さっき抱かれたじゃないのっ。お尻なんて絶対イヤッ。私が悪かったわ。あの人にも謝る。だからっ……」
珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた。