経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ

そうこうしている間に、魔手がお尻の割れ目に食いこんできた。太い指が谷間を伝っておりていく。やがて魔指は最も恥ずかしい部位を捕らえた。
「あっ。イヤッ。イヤあああっ!」
裏声を振りたて、五体をくねらせた。
けれど魔指はからかうように肛門をほじくりだす。ズンッ、ズンッと打ち破る勢いで圧を加えてくる。たまらず肛門を食い締めた。
すると魔指がひときわ強力にグリグリグリッと突き刺した。「ひいいいっ」と悲鳴をあげ、理香はスリムな肢体をわななかせた。経験したことのない体感が、肛門から脳天まで突きあげたのだ。
「おまえみたいな女はケツの穴を責められるのが一番効くんだ」

尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった

ところが奥寺は次の手を繰りだした。恵里子が無抵抗状態に陥ったのを見て取って、別の箇所に魔指を差しこむ。肛穴へ突き立てたのだ。
「あ、そ、そこはっ、もうイヤッ。汚いのはイヤっ」
「いつまでお上品ぶってるんだ。イキまくってションベンを垂らした女が」
「イヤッ。嘘っ。やめてえっ。……あ、イヤッ。入れないでっ。あ、入るうっ。入っちゃうううっ!」
尻を必死に窄ませたものの、食いとめることはできなかった。二本目の魔指は門を難なく突き破り、肛穴深く食いこんだ。それがズボズボとピストン運動を開始する。シャワーソープのぬらつきが充分残っているためか、スムーズな動きだ。呪わしい体感が再び襲った。身体が勝手に反応し、魔指をギュッと食い締める。すると余計に摩擦が強まり、名状しがたい妖しい体感がじんわりと浸透していく。

肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ

粘膜を巻きこんで魔指が突き進んでくる。うねうねと微妙にくねりながら縫うように肛洞を掘り進むのである。
食いとめようとお尻を気張るものの無駄であった。むしろ気張ると、魔指の武骨さがいやというほど感じとれた。感覚を鋭敏にさせられる。魔指は浸食を完遂すると、今度は行きつ戻りつを開始した。高まる刺激に、肛門の収縮を強いられる。肛洞の粘膜は悩ましいばかりの粘着力をもってクイクイクイッと魔指に絡んだ。恵里子の意思を置き去りに、勝手に絡みついてしまうのだ。便器の上で半裸の肌身が躍った。
「あっ、あっ、あっ、あっ……」
しゃくりあげるとともに肛門は魔指をキュッと小気味よく食いつめ、同時に喉奥から囀りがもれる。

あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた

恵里子は総身を反らせて悲痛に呻いた。
「ほほう。なかなか敏感なんだな。えっ?どうする。こうしてやろうか……」
先ほどまでの昂りきった口調が影を潜めたのが不気味だ。不敵に落ちついた物腰で奥寺は告げた。肛門を捕らえた魔指の先端がグリグリと圧力を加えてきた。
「イヤッ。やめてええっ」
魔指を咥えたお尻をくなくなと振り乱し、恵里子は哀訴を絞った。その間もグイッ、グイッと肛門を押しこまれる。押しこむのみならず、あろうことか魔指の先端は肛門を揉みほぐすかのように卑猥この上なく動いた。肩から背中にかけて鳥肌にびっしり覆われていく。ゾクゾクゾクッと悪寒が足下から這いあがった。

珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた

「さあ、はっきりしてもらおうか」
答えを促すかのごとく、魔指がズンッ、ズンッと尻奥を穿った。
「イヤッ。もう許してっ。さっき抱かれたじゃないのっ。お尻なんて絶対イヤッ。私が悪かったわ。あの人にも謝る。だからっ……」
珠実は魔指を呑みこんだお尻を弱々しく振り立てた。

肛門に刺さった魔指はじわじわといたぶるように蠢き、彼女の肢体を身悶えさせた

戦慄する珠実をよそに、魔指が肛門に突き立てられた。
「あうううっ」
「それで自分の身が助かると思えば安いもんだろう。悪くない話だと思うがな。一度だけここにはめさせてくれればいいのさ。フフフフッ」
「う……嘘でしょうっ……」 あまりのことに絶句した。非現実的すぎて、悪い夢かと思った。だが紛れもない現実の話であることを、魔指の蠢きがいやというほど珠実に認識させる。肛門に刺さった魔指はじわじわといたぶるように蠢き、彼女の肢体を身悶えさせた。

指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた

「どんなもんだ。少しは思い知ったか。次はこうしてやろうか……」
上下動が一服し、珠実の身体は胡座の上に置かれた。自重で肉刀が子宮口までがっちりと食いこむ。じっとしていても息が詰まる。そこで胴体を抱えていた魔手が尻肌を這いおりていく。指先が尻割れの谷底を伝い、やがて肛門に突きたてられた。
「あ、イヤッ」
不意を衝かれて尻肉を緊張させたが遅かった。指がズブリと肛環を打ち破った。
「あっ、あっ。イヤッ。お尻はイヤッ」
狼狽して振り払おうとする。けれどすでに破られたあとである。魔指を咥えこんだ惨めな姿で、空しく尻は打ち振られた。
「フフフフッ。おまえに尻の味を教えてやろうっていうんだよ」
「なにをっ……馬鹿なこと言わないでっ。……あ、動かさないでっ。イヤああっ!」
再び上下動がはじまった。肛門に刺さった魔指は鉤形に折られ、グリグリと肛洞を攪拌する。かと思うと、肉刀と同様にズボズボと抜き差しされた。前後二穴を同時にいたぶられ、妖美極まる体感がじわじわと立ちのぼった。

キュッと肛門を噛みしめても、指を押しとどめられない

珠実を嘲笑うかのように、奥寺は牝芯を舐めあげ、水着の内側に指をこじ入れる。指は会陰を伝っていき、肛門でとまる。そこで角度を変え、肛門へ垂直に突き立てる。
「あ、ああっ。さわらないでえっ」
珠実は拘束もものかは身を揺らした。しかし魔指は冷徹なまでに潜りこんでくる。お尻はローションによって水浸しの状態で、潤滑剤はたっぷりだ。キュッと肛門を噛みしめても、指を押しとどめられない。ほどなくズボズボと出入りを開始してしまう。
その動きがおぞましい感覚を呼び起こした。食いこんだ魔指が外へ引かれるたび、一瞬猛烈な便意がこみあげる。本能的に肛門を引き結べば、武骨な魔指の刺激をそれだけまともに受けた。その間も絶えず舌ビラが牝芯を舐めあげ、たまらない愉悦を送りこんでくる。珠実の身体は、みずからの努力では制御不可能なものになっていった。
「お尻はっ……イヤッ……お尻はやめてっ……」

そういう割りには咥えこんでるぞ。まさか石原比佐子が尻穴でも感じるとはね

「そういう割りには咥えこんでるぞ。まさか石原比佐子が尻穴でも感じるとはね」
「言わないでっ。ああっ……お尻がっ……や、破れちゃうっ……う、ううっ……」
恐れた声を聞きながら、指を少しずつ進ませる。唾液を垂らして潤いを補給するのも忘れない。指を左右にねじりまわし、ミリ単位の微妙な前後動を時折り入れて括約筋の弛緩を誘いながら、隙を見て穿っていく。難所の第二関節も、強い圧を加えると呑みこまれた。直腸粘膜が絡みだし、比佐子の体内を侵している実感が湧いてくる。
奥寺は空いた左手を使って、魔指が肛門に咥えこまれた光景をも至近距離から撮影した。久方ぶりのフラッシュが焚かれ、虚を衝かれた比佐子が「ああっ」と喘いだ。
「また……また撮ったのねっ……」