根元近くまで含んでは、ねっとり吐き出す。突き出され、すぼめた唇がエロチックだ。

股間のなにもかもを広げられ、露わにされてなめ込まれながら、貴和子も果敢に目の前の肉棒に、
「貴和子だけ、お口がお留守になってたら、いけないのぉ。ンゥゥ!ンッ……チュ、チュパ、チュパ……レロッ、ン!」
挑んでいく。根元近くまで含んでは、ねっとり吐き出す。突き出され、すぼめた唇がエロチックだ。
亀頭だけをなめ回したり、尿道口に滲んだ透明な腺液を舌でなめとるだけでは足りずに、唇をかぶせて吸い上げたりもする。
「ぁ、ん!広海、彩菜も!」
そのころには彩菜も復活して、また広海の肛門や会陰に舌を這わせはじめていた。

むっちりと張った肉感的な尻をがしりと手で押さえ

(うわ、お尻の穴までばっちり見えちゃってる!)
こんもりとかすかに盛り上がった菊門は、快感の波状を受けてやはりヒクヒクと呼吸するように蠢いていた。むっちりと張った肉感的な尻をがしりと手で押さえ、むしゃぶりつくように顔を股間に埋めると、アナルから門渡りにかけてをべろりと大きく舐め上げる。クンニの快感さえも長らく忘れていた人妻にとって、アナル舐めの快感は大きすぎたようだった。まるで感電でもしたように身体をぶるぶると震わせてよがり狂う。