奥寺はアナルバイブを振りかざすと、プリプリッと若々しい美尻に向けて突きたてた

真っ白な真珠の玉がいくつも数珠繋ぎされて黒い柄から伸びている。奥寺はアナルバイブを振りかざすと、プリプリッと若々しい美尻に向けて突きたてた。
「ひ、ひいいっ」
と理香が鳴き声を張りあげた。美尻がピクッと引きつっている。そのまま美尻はバイブを避けようとしてか、目の前でフリフリと横振りをはじめた。若々しく張りのある美尻が恥辱に悶える様は、リビドーをたまらなく刺激する。
右手でバイブを操りつつ、左手にライトを持って美尻を照らしだした。かすかに汗の微香を発散する美尻は、光線を勢いよく弾きかえして眩いばかりだ。バイブを突きあげると、刺激にびっくりしたように氷結した。
「イヤああっ……。う、ううっ……」

これが久末理香の生ケツか。生意気そうにツンツンしてやがる

スパッツがパンティもろとも剥きおろされていく。夜の風が尻肌をサーッと撫でた。結局、ほとんど為す術もなくお尻を露出させられてしまった。
「これが久末理香の生ケツか。生意気そうにツンツンしてやがる」
はっと振りかえると、奥寺が理香の足下に身を屈めていた。理香の尻を間近からライトで照らし、しげしげと見入っているではないか。

さらに双丘を回し揉めば、左右の尻肉は掌に大きく余るものの、その代わり尻割れの感触が楽しめる

奥寺が背中を押さえつけながら尻肉をじっくりと揉みこみはじめた。
一点の曇りもなく輝く尻肌に、奥寺は目を奪われた。モチモチと掌に吸いつく肉の柔らかみや、流麗なカーブを描く双丘のフォルムも堪えられない。力をこめて握りこむと、弾力豊かな美尻は自在に形状を変え、指先に反発を伝えた。
さらに双丘を回し揉めば、左右の尻肉は掌に大きく余るものの、その代わり尻割れの感触が楽しめる。力を籠めるほど、割れ目の深さが存分に感じとれる。女の尻は割れ目にこそ魅力の源泉があると実感された。

お尻の形がプックリと透け、割れ目の線は丸見えだ。

奥寺は、比佐子の大ぶりな腰を抱き寄せた。肛洞の最深部を肉刀で抉り、満を持して埒を開ける。精が放たれた瞬間、比佐子の巨尻がピクンッと一度小さく跳ねた。
マシンジムに戻った比佐子の姿は異様なものだった。
髪とメイクが崩れ、目が虚ろなのに加え、スパッツの上にスポーツタオルを腰巻き風に巻いている。バスタオルに較べてサイズが小さいスポーツタオルは、マイクロミニスカートのようにも見えた。お尻の形がプックリと透け、割れ目の線は丸見えだ。比佐子はタオルがずり落ちるのを気にしてか、留めたところをしきりと気にしている。

たわわに実った桃かメロンを割ったように、深く大きな尻割れが露出した

奥寺はスパッツをつまみあげ、シームに刃先をあてがった。
比佐子が巨尻を揺すりだした。まるでイヤイヤをする子供のように、奥寺の目前で巨尻が右へ左へ小刻みに振られる。
「動くなと言ってるのがわからないのか」
「そ、そんなっ……あ、あああっ!」
ビリリッと刃先がスパッツを裂く微音がして、白い尻肌が顔を出した。奥寺は一気にカッターを走らせた。上から下へとシームをなぞり、真っ二つに切り裂いていく。たわわに実った桃かメロンを割ったように、深く大きな尻割れが露出した。意外なことに、谷底には深紅の紐状の布地がぴったりと張りついていた。
「フフフフッ。見えたぜ。Tバックか。なんと石原比佐子がTバックとはね」
「あああっ。お願いっ、言わないでっ。見ないでっ」
比佐子の哀願する声が裏返っている。羞恥の巨尻がくなくなと揺れた。
尻割れに沿って切り裂くと、奥寺はスパッツを両手で大きく左右にくつろげる。はちきれんばかりに肥えた肉塊が二つ並んで飛びだす。これで巨尻のほぼ全貌が姿を現わした。迫力満点で、それでいてどこかユーモラスな景色である。

比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる

奥寺は生唾を呑むと、大きく開いた右掌をそっと尻肉に合わせていく。
「ひいいいっ」
女体がゆらりと揺らいだ。巨尻がブルブルッとわななき、次に固く緊張した。
「さわらないでっ」
「このケツはさわってほしいってケツしてるよ。見せつけやがって」
柔軟性豊かな肉質や燃えるような女体の体熱がスパッツ越しにも伝わった。息を詰めて撫でまわせば、臀丘の丸みと割れ目の起伏が生々しい。これがこれまでさんざん見せつけられ、苛立たされてきた尻かと思えば、おのずと魔手に力がこもった。右掌に片側の尻肉を捕らえグラグラと揺さぶりながら、左手で比佐子の髪をつかみあげた。
「あ、ああっ、痛いっ。放してっ」
比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる。だが心なし美貌が険しく歪んでいる。

こんもりとしたヒップや、官能的な陰影を湛えた谷間は、そのおかげで丸見えとなる

理由は彼女の尻だった。
全体によく熟れた肉体のなかでもとりわけ豊かな尻は、まさに男の目を楽しませるために生まれてきたとさえ思われた。しかもそんな尻を、比佐子は惜しみなくさらしてくれるのである。上半身こそゆったりしたタンクトップやTシャツ姿だが、下半身を包むスパッツは身体の線をありのまま浮きださせる伸縮素材でできている。
こんもりとしたヒップや、官能的な陰影を湛えた谷間は、そのおかげで丸見えとなる。ごく普通に歩いていても、左右の尻肉の捩れる様が薄布越しに手に取れるようだ。捩れるごとにタプッ、タプッと悩ましい音色さえもれてくる気がする。その上、長身で腰の位置が高い分、余計にそれが目につくのである。
比佐子がジムに現われると、居合わせた男たちはまじまじと、あるいはそっと横目を使いつつ、風格たっぷりな彼女の尻に穴が開くほど視線を集中させた。比佐子目当てにこの時間を狙ってやってくる者がいるという噂があるほどだ。

見事なまでに実らせた美巨乳と黄金色に輝く乳首

透き通るような白い肌。純白に輝く歯列。見事なまでに実らせた美巨乳と黄金色に輝く乳首。逆ハート形の美尻。反応が良い。表情が良い。嬌声がエロい。様々な美点を列挙しても、し足りないほど魅入ってしまう。
「深佳さん…ああ、深佳さん!」
ヨーグルトに蜂蜜を混ぜたような濃厚な牝臭が立ち昇るのは、くぱーっと膣口が帳を開いたからだ。奥の源から湧き上がる蠱惑の蜜液が、トロトロと溢れて繊細な陰毛までを濡らしている。
純白内ももにまで零れているそのヌルつきを、俊輔は亀頭部にまぶすようにしてマン肉に擦りつけた。おしべの空恐ろしいほどの熱さに驚いたのか、肉花びらがむぎゅうっと収縮した。

愛らしいお尻が、ふるんふるん揺れているのも艶めかしい

愛らしいお尻が、ふるんふるん揺れているのも艶めかしい。
(うわああっ、寧々さんの生尻だぁ!)
昨日、濡れ襦袢を張り付かせていた時以上に、やわらかくも挑発的に揺れるお尻。太ももの境目からWを描く丸みは、ほっこりと見事なまでに盛り上がっている。透けるように白い尻柔肌は、肌理細かく、見た目にも素晴らしいさわり心地であろうことを伝えていた。
(美臀って、こういうお尻のことを言うのだろうなあ……)
感動的なまでに完璧な眺めに、触りたい衝動に襲われた。丸みを帯びた女っぽい腰つきにも、震いつきたくてたまらない。どこか青さを感じさせるほど新鮮でありながら、その実、十二分以上に熟れている印象だった。

あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ

「あん……今度はお尻なのですか?ああん、そんなに食い込ませないでくださいぃ」
大きく手を回し、ほこほこのショーツの上から双の臀朶を鷲掴みした。
目には見えない天使の手で、左右からぎゅんと持ち上げられているような臀朶も、張りのあるぴちぴちお肌のなせる業なのだろうか。けれど、いくらむぎゅっと指をめり込ませても、まだ埋まり込んでいくような奥深いやわらかさを兼ね備えている。
「うわああ、すごい反発……ぼいんと指が弾かれます!」
鷲掴んでは、弾けさせ、心地よく手指性感を刺激してくれる臀朶の感触を心ゆくまで堪能する。