助けてっ。お尻が壊れるっ。ひいいーっ……ひっ、ひいいーっ……

「ひいっ……ひいいーっ……ひいいーっ!……」
一段、二段、三段と突きあげるごとに、珠実が鋭い叫喚を張りあげた。
「くそっ。これがあのケツか……くそっ……」
自分を存分に罵り倒した末、プリプリと辺りを蹴散らすようにプールから去っていった傲慢な尻を思い起こすとともに、いまその尻を犯したのだという実感に打ち震える。屈辱がよみがえればよみがえるほど、嗜虐への欲求は怖いぐらいに噴出した。
根元までズッポリと肛洞に埋もれさせた。結合の深さが凌辱の激しさに思われて、そのまま梅崎は飽くことなく尖端で尻奥をグリグリと抉りかえす。雲をつかむような手応えのなさが意外ではあったが、その分、怒張の自由度は膣洞への挿入以上である。肛環の締めつけを存分に味わいつつ、思うさま尻奥を捏ねて抉って掻きまわしていく。
「助けてっ。お尻が壊れるっ。ひいいーっ……ひっ、ひいいーっ……」
珠実はフェンスの金網に手をかけ、ギシギシと揺すりながら喚きたてている。しかしどんなに激しく犯しても、女体を逃す心配はない。怒張の赴くままに女体は右往左往を余儀なくされた。

穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた

肛穴をほじっていた魔指を一旦抜きとり、それに唾液をたっぷりまぶしつけた。それから再度肛穴にあてがい、念入りにほぐしていく。
「あ、あああっ……」
左右のヒップが魔指をキュキュキュキュッと挟みつける。
「おおっ。もうこんなので感じてるんですか。珠実先生」
鍛えあげた大臀筋の感応ぶりに、思わず頬が緩んだ。
「ち、ちがうわっ。誰がっ、そんなっ……う、あううっ……」
「そうですか」
梅崎は気丈に振る舞う珠実に鼓舞され、爪の先でカリカリと肛環をかきまわした。
「ひいいーっ!」
絹を裂く悲鳴が噴きあがった。魔指を挟んだまま、大臀筋が極限の強張りを示す。魔指を呑みこもうかという勢いだ。

たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。

「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」
吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。
「やめてよっ。やめてっ」
とうとう耐えかねたと見え、珠実はかぶりを振りつつ尻をも激しく振り乱す。顔が右を向けば尻は左へ、顔が左なら尻は右へ、と梅崎の眼前でめまぐるしく踊る。
「これがやめていられますか。よくもあの時は私を痴漢呼ばわりしてくれましたね」
梅崎は珠実の傍らに立ち、硬く締まった尻割れに魔手を無理やり差しこんだ。そうして谷底にぴったり指先を這わせ、やがて行きついた肛穴に突きたてる。グリグリとからかうように小突きまわすと、磔の肢体はキリキリと胴震いを露わにした。

ペタペタと尻肌を叩く音とともに尻奥が小気味よく穿たれ、敏感すぎる肛門が怒張の刺激を貪りとろうとする

「あううううっ……」
肛悦の波が全身を呑みこむ。恵里子は呻きながら怒張を噛む。みずからの呪わしい肉体がエクスタシーを求めて走りだしていた。ペタペタと尻肌を叩く音とともに尻奥が小気味よく穿たれ、敏感すぎる肛門が怒張の刺激を貪りとろうとする。
そんな恵里子の恥態を見て、二人の男が笑っていた。憎らしい嘲笑が魂を揺さぶる。聞くまいとしても耳を塞ぐことはできない。これ以上ない恥をさらし、もうどうなったっていいとさえ思えてくる。
尻奥への熱い放射が恋しくなった。あの内臓を弾かれる感覚がありありとよみがえり、火花散るエクスタシーを思いだす。思わず恵里子は尻を振り立てた。

限りない悲嘆と肛悦に、比佐子は巨尻をクイッと悶えさせた

川添の怒張が尻奥を叩く。魔手が乳房を蹂躙する。とうとう奥寺以外の男の慰みものになってしまった。限りない悲嘆と肛悦に、比佐子は巨尻をクイッと悶えさせた。
ところが薄目を偶然開けて驚愕した。目の前で木之内がビデオカメラをまわしているではないか。
「なにをしてるのおっ!」
獣の体位で川添と繋がりながら叫声を絞った。
すると木之内は平然と切りかえすのだった。
「プロモーションビデオを送ったほうが事務所がありがたいだろうと思ってな。フフフフッ」
「そ、そんなっ……」

比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした

「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。
「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」
「あ、ああ……とうとう……」
どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあがった。おのずと肛門に気張りが入り、尻奥の疼きが渦を巻いた。比佐子はみずからの意思で尻割れを開いた。左右の尻肉をガバッと両脇へ引き寄せ、我慢できない欲求に巨尻を揺すりたてた。

むせび泣きながら告げたのち、靖代は豊満な熟尻をプリンッと揺すった

「私、イキますっ。だからそれだけは……。本当は早くイッちゃいたいんです。お二人にイカせてほしいんですっ。も、もうっ……もうどうにでもして……」
むせび泣きながら告げたのち、靖代は豊満な熟尻をプリンッと揺すった。肛環をキュッと食いしめ、奥寺の肉刀を噛みしばる。どっとばかりに二人の男が哄笑すると、対照的に嗚咽を激しくさせていく。汗ばんだ裸身がブルブルとさざ波を立てた。

それどころか、剥きだした尻肉をざわざわと撫でまわし、あるいはクチャクチャと揉みまわして、プリプリの触感を楽しみはじめた

懸命の訴えは無視された。二人の男は決して放そうとしない。それどころか、剥きだした尻肉をざわざわと撫でまわし、あるいはクチャクチャと揉みまわして、プリプリの触感を楽しみはじめた。冷えて縮こまった尻肉に魔の手のおぞましい生温かさがじわっと伝導する。全身が粟立った。

尻肌のぬめりが、獣の体位で肉を交えているという実感をもたらす。

「ああああっ……ひどいわっ……うむむっ……」
理香は悲嘆に暮れながらも、またも美尻の切なげな媚態を演じた。肉刀を呑みこんだまま、くねくねと複雑に揺すりたてるのだ。肉刀の動きとシンクロして、肛環がキリリと収縮する。刀身を貪る。汗ばんだ尻肌も鼠蹊部と触れ合ってたまらない。尻肌のぬめりが、獣の体位で肉を交えているという実感をもたらす。

プリプリンッとした理香のヒップが鼠蹊部に当たると、思わずみずから体を捩ってヒップの肉質を堪能せずにはいられなくなる

奥寺は突きまくるだけでなく、深々と極限まで挿入することで美尻との密着感をも楽しんだ。プリプリンッとした理香のヒップが鼠蹊部に当たると、思わずみずから体を捩ってヒップの肉質を堪能せずにはいられなくなる。切っ先で尻奥を穿ちながら味わうヒップの柔らかな肉質は、二十三歳の若々しさに満ちている。