よーし、わかった。縛っちゃうからね!

「よーし、わかった。縛っちゃうからね!」
踵に乗った迫力の尻が、重たげに左右にくねる。
「しっかりお願い、ね」
尚樹は赤い縄を受け取り、重ねた手首に巻きつけていく。すぐに予想した以上に難しいことがわかった。もたもたする尚樹に、彩海が首を曲げて声をかけてくる。

むっちりした尻の上で、赤い縄を持つ両手をそろえた

「尚樹くんの手で、わたしを縛っていってよ」
「えええっ!」
彩海はくるりと背中を向けて、座椅子に座る尚樹の前に正座した。そろえた踵の上に、スカートを張りつめさせた尻が乗る。自身の体重でたわんだ尻の形が、じつに艶めかしい。
むっちりした尻の上で、赤い縄を持つ両手をそろえた。