恵里子は脚をまっすぐに開いたまま俯せの姿勢となった。無論、これでお尻は谷底まですっかり露わとなる。

恵里子の両足が捕らえられ、クルリと身体を仰向かされる。二人の男が左右それぞれの足を持って、恵里子の股間を開いていく。瞬く間に脚はほぼ百八十度まで開いた。また上体を起こされ、前方へと押しやられる。恵里子は脚をまっすぐに開いたまま俯せの姿勢となった。無論、これでお尻は谷底まですっかり露わとなる。さらに奥寺らは両足首にロープのようなものを巻きつけ、どこかへ結わえつけた。後ろ手の上、百八十度の開脚姿勢で固定されてしまったのだ。
「いいぞ。ケツの穴まで丸見えだ」
木之内が尻肉をこじ開けた。視線と息遣いを肛門に感じる。羞恥にお尻の筋肉を緊張させるものの、木之内がグイッと魔手に力を入れ直す。

比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした

「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。
「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」
「あ、ああ……とうとう……」
どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあがった。おのずと肛門に気張りが入り、尻奥の疼きが渦を巻いた。比佐子はみずからの意思で尻割れを開いた。左右の尻肉をガバッと両脇へ引き寄せ、我慢できない欲求に巨尻を揺すりたてた。

Tバックを脱いでからテーブルにおりていた手が、そっと尻割れに添えられた

「さあ、マネージャーに尻穴を見ていただくんだ。自分の手で」
その時、尻肌を這う掌が、左右のヒップのあわいをツツツーッとなぞった。
「ひ、ひいいいっ」
「そうだ。それはぜひ見たい。どうせ誠意を見せるなら、とことんまで見せていただきましょうかねぇ」
今度は川添の指が谷底をおりていく。肛門を通過した瞬間、奥寺に植えつけられたたまらない肛悦の記憶が脳髄によみがえった。お尻の快楽に溺れつつある自分をイヤと言うほど認識されられる。
「さ、早く見せてくださいよ。奥さんの尻穴を。グフッ、グフフフフッ」
「ああ、はい……わかりました……」
Tバックを脱いでからテーブルにおりていた手が、そっと尻割れに添えられた。深々と指先を差しこみ、気の遠くなる思いで開いていく。ほどなく「見えたっ。見えたぞっ」と色めき立つ川添の歓声が聞こえた。
あの卑屈なぐらい媚びていた男が、自分の尻穴にしげしげと見入っているのか。
比佐子は身も世もなく忍び泣きはじめた。尻割れを開く手指がわなわなとわななく。

片方のふとももが持ちあがっているおかげで、尻割れがパカッと景気よく開いている

「いよいよ二本刺しか。こりゃ楽しみだ」
村松は靖代の左ふとももを持ちあげたまま、胴に腕を巻いて抱えこんだ。息も絶えだえの女体が力なくもたれかかったにもかかわらず、うまいもので器用に支えている。
片方のふとももが持ちあがっているおかげで、尻割れがパカッと景気よく開いている。奥寺はポケットからワセリンを出し、指にたっぷり取ると、靖代の肛門に塗りつけた。ピクリと熟尻が収縮した。
「ああっ。なにをなさったのっ」

魔物に憑かれたかのように左右の手を尻割れに添えた。ふくよかな熟尻に五指を食いこませ、少しずつ尻割れを開いていく。

「尻穴を見せろと言ったでしょう。ほら、その手で割れ目を開くんですよ。ほらほら、この手で。そっちの手も使って」
奥寺は、床に置かれた靖代の手を揺さぶった。
もう靖代はどんどん追いこまれ、恥辱に絶息せんばかりである。早く逃れたいとの一心で、魔物に憑かれたかのように左右の手を尻割れに添えた。ふくよかな熟尻に五指を食いこませ、少しずつ尻割れを開いていく。
「ひいっ、ひいいっ……こ、これでっ……これでどうですかっ……ひいいっ……」
「フッフッフッ。まだだ。もっとだ。もっと景気よくケツを開け」
「こ、これでっ……これで、み、見えますかっ……あ、ああっ……は……恥ずかしいっ……あううっ……」
奥歯を噛みしめ、尻割れを極限まで開いた。恥ずかしい肛門に熱視線をひしひしと感じる。レーザーでお尻の奥までジリジリ焼かれている気がした。

身体がおのずとくねってしまう。突きあげた尻がクイッと揺れた

「フフフフッ。よくやった。だがもう少し足をひろげるんだ。肩幅より広く」
「こ、こうですかっ……あ、あっ……」
早くすませたいという一心で足の間隔を大きくひろげる。二人の熱い視線が尻の割れ目に注がれていると思っただけで、羞恥の炎がどっとばかりに燃えさかった。身体がおのずとくねってしまう。突きあげた尻がクイッと揺れた。
「おおっ。ここまでするとはな。ヘヘヘヘッ。案外と話がわかるじゃないか、奥さん。なるほど、確かにトイレで撮ったケツと同じだわい」
村松の息づかいが尻肌に当たるのを感じる。間近から凝視しているのだ。反射的に尻割れをキュッと窄ませた。

ただ汗でびっしょりの背中を上下させ、美麗なヒップを時折りピクッ、ピクピクッと痙攣させている

シャワーブースに這ったまま、恵里子はいつまでも動かない。ただ汗でびっしょりの背中を上下させ、美麗なヒップを時折りピクッ、ピクピクッと痙攣させている。
奥寺はにんまりと見下ろすと尻肉を切り開き、用意してあったバイブを肛穴にこじ入れた。「ひっ」と息を呑んだ恵里子だが、起きあがる力すらない。さらに奥寺は恥裂にもバイブを挿入すると、恵里子が正気を取り戻すより先に股縄を施してしまう。

恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている

「あ、あっ……イヤッ……もう許してっ……あううっ……」
恵里子が猥りがわしい姿勢で悲痛に喘いだ。魔手の動きに過剰反応するかのように、上下左右目まぐるしくキュートな美尻を揺らしている。
「まだまだ」と奥寺は告げ、両手で尻割れを開いていく。
「あっ。イヤですっ。イヤあああっ!」
「へえっ。意外に黒ずみが進んでるじゃないか。ええっ?」
「ひっ、ひどいわっ。ひいっ、ひいいーっ……」
握りこんだ左右のヒップが羞恥で硬直しつつ、わなわなと震えおののいている。
実際のところ、色素の沈着はさほど進んでいない。肛門の周辺がやや濃色であるものの、谷底は綺麗なものだ。
だがみずからの尻割れをじっくり覗きこんだことのある女がどれほどいるだろうか。奥寺が言い募ると、恵里子は羞恥に身を揉むばかりである。
「肛門のまわりは真っ黒だぜ。人は見かけによらないな、まったくっ……」
「ああああっ……。言わないでっ……見ないでっ……」
恵里子はかぶりを振るように、プリプリと小刻みに美尻を揺すりたてている。
完璧に露出させた尻割れに、奥寺は顔を埋めていく。ぴったりと谷底に食らいつき、肛門へと舌ビラを伸ばした。