あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……

(夢、みたいだ……。島でも一、二を争う人気の、色っぽい未亡人に二日も続けて誘われるなんて……)
健太は自分に与えられている幸運に、素直に感謝し、受け入れようとしていた。
(咲枝さんの後ろ姿……。たまらないよ……。あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……)
健太は束の間、咲枝の起伏に富んだ後ろ姿を見続けていた。
そんな健太の目を意識したように、咲枝は一度振り返って手を振る。その瞬間、上半身を艶めかしく捩ったときの咲枝の揺れる胸の辺りを凝視しながら、健太はぎこちなく手を振り返し、義母が心配顔で待っているはずの自宅へと歩きはじめた。

大きな熟女の尻が、太くて長大な肉棒を根元まで呑み込み、それを基軸にしてコマのように美熟尻が振り回されていた

留美子の括約筋が伸縮する。王冠部を咥え込んだ膣唇が蠢く。
「凄い……。先っぽが、締め付けられる……」
「あああん、きてーーーっ、健太くん、浅瀬で焦らしちゃ、あああ、イヤぁ……。ああん、いまから、そんな意地悪、覚えなくていいの……。ああ、きて……。奥まで思いきり、うううっ、突き挿して……」
健太はせり上がってくる留美子の尻を迎え撃つように、腰を一気に前に進めていた。
(何、これ……。僕のち×ぽを、留美子さんのおま×こが、強く、咬んでる……)
それはまさしく、肉棒全体を甘咬みされているような、気の遠くなるような愉悦の連続だった。健太は膣底に当たって止まった肉棒の先を包み込む、留美子の内部の蠢きに、むず痒いような刺激を受け、たまらず激しく腰を揺すりはじめていた。v 「ああ、ああ、あああああーーーっ、健太くんの、ああ、バカぁ……。うううっ、最初から、大人の女を、こんなに哭かせるなんて……」
留美子の凄まじい咆哮だった。二度も放っている健太には、初心者とはいえ、少しは余裕があった。しかし、そう長くは持たない。健太は髪を振り乱して悶える留美子の全体を見つめながら、大きく腰を使い始めていた。
「はぁぅっ……。ああ、い、イヤぁん……。くるぅ。くるわぁ……。あああ、なんて、いいお魔羅なの……。あ

みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太くて長い肉竿が尻をスパンキングするように叩いていた

(でも、お風呂場で、こんな恰好で、初体験の健太くんに、舐めて、なんて、私からは言えないわ……。あっ、健太くんのお魔羅、私のお尻に当たってる……)
強靭な撓りだった。みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太くて長い肉竿が尻をスパンキングするように叩いていた。
留美子は口では言えないことを動きで示した。もう少し両足を広げ、さらに上半身を前傾させ、尻全体を高々と掲げて、健太に後ろからの割れ目が見えやすいように工夫する。

ああ、お尻、大きいでしょう。恥ずかしくなるほどに大きいのよ……

「ええ、そうよ。後ろから、私が導いてあげる……。ここで初体験した後に、次はベッドに行って、いろんなことし合いましょう……」
昂ぶりに震える健太からそっと離れ、留美子は浴槽の縁に両手をついていた。
「健太くん、あまり、じろじろ見ちゃいやよ……」
見るな、といっても見るはずだった。
「留美子、ああ、お尻、大きいでしょう。恥ずかしくなるほどに大きいのよ……」

比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした

「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。
「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」
「あ、ああ……とうとう……」
どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあがった。おのずと肛門に気張りが入り、尻奥の疼きが渦を巻いた。比佐子はみずからの意思で尻割れを開いた。左右の尻肉をガバッと両脇へ引き寄せ、我慢できない欲求に巨尻を揺すりたてた。

なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。

「イヤッ。イヤよっ。アダルトビデオなんてイヤああっ」
比佐子は尻を振って哀願する。けれどスパッツを脱ぐ手はとめることを許されない。死ぬ思いで剥きおろしていく。途中、背後で口笛が鳴った。なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。
「あ、ああっ……。これでっ……これで許してっ……あああっ!……」
比佐子は力尽き、テーブル上でがっくりと前のめりになった。期せずして四つん這いになってしまう。
「石原比佐子がスパッツの下にTバックとはな。おい、恥ずかしくねえのか。ジムで言いふらしてやろうか」
「言わないでっ。言わないでっ」
四つん這いの尻を振り立てて哀願するが、川添が追い打ちをかけた。

靖代は淫らな腰使いをはじめる。みずから卑猥にしゃくりあげ、前後二本の怒張を健気に噛みしばった。

「そうとなったら、わしら二人をきちんと満足させることだ。ほうれ、どうした。さぼってないで腰を使うんですよ、奥さん」
ムチッと張った横尻を、村松が平手で叩く。
「は、はい……わかりました……」
涙交じりに応じ、靖代は淫らな腰使いをはじめる。みずから卑猥にしゃくりあげ、前後二本の怒張を健気に噛みしばった。熟しきった尻肉が奥寺の眼下でキュッ、キュッと収縮し、尻割れの溝が引き絞られる。

ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである

尻穴をさらしたあとの靖代は、見るも無惨にぐったりした。胎児のように身を丸め、一人さめざめと泣いているのである。チャーミングな顔立ちは涙に濡れ、目が真っ赤に腫れている。時折りもれる嗚咽とともに、白い裸身が小刻みに震えた。
しかし恥辱に泣きくれるその裸身は、神々しいまでの被虐美に満ちている。ことに裸身を丸く折っているために突きだされた熟尻である。ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである。プールやスタジオで盗視した熟尻の艶姿を思い起こすと、この手でもっと貶めてやりたいという欲求が奥寺を駆りたてた。