比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした

「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。
「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」
「あ、ああ……とうとう……」
どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあがった。おのずと肛門に気張りが入り、尻奥の疼きが渦を巻いた。比佐子はみずからの意思で尻割れを開いた。左右の尻肉をガバッと両脇へ引き寄せ、我慢できない欲求に巨尻を揺すりたてた。

なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。

「イヤッ。イヤよっ。アダルトビデオなんてイヤああっ」
比佐子は尻を振って哀願する。けれどスパッツを脱ぐ手はとめることを許されない。死ぬ思いで剥きおろしていく。途中、背後で口笛が鳴った。なにも考えまいと念じつつ、Tバックの巨尻を完璧にさらけだした。
「あ、ああっ……。これでっ……これで許してっ……あああっ!……」
比佐子は力尽き、テーブル上でがっくりと前のめりになった。期せずして四つん這いになってしまう。
「石原比佐子がスパッツの下にTバックとはな。おい、恥ずかしくねえのか。ジムで言いふらしてやろうか」
「言わないでっ。言わないでっ」
四つん這いの尻を振り立てて哀願するが、川添が追い打ちをかけた。

靖代は淫らな腰使いをはじめる。みずから卑猥にしゃくりあげ、前後二本の怒張を健気に噛みしばった。

「そうとなったら、わしら二人をきちんと満足させることだ。ほうれ、どうした。さぼってないで腰を使うんですよ、奥さん」
ムチッと張った横尻を、村松が平手で叩く。
「は、はい……わかりました……」
涙交じりに応じ、靖代は淫らな腰使いをはじめる。みずから卑猥にしゃくりあげ、前後二本の怒張を健気に噛みしばった。熟しきった尻肉が奥寺の眼下でキュッ、キュッと収縮し、尻割れの溝が引き絞られる。

ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである

尻穴をさらしたあとの靖代は、見るも無惨にぐったりした。胎児のように身を丸め、一人さめざめと泣いているのである。チャーミングな顔立ちは涙に濡れ、目が真っ赤に腫れている。時折りもれる嗚咽とともに、白い裸身が小刻みに震えた。
しかし恥辱に泣きくれるその裸身は、神々しいまでの被虐美に満ちている。ことに裸身を丸く折っているために突きだされた熟尻である。ムチムチと脂の乗った双臀は瞼からはみださんばかりのボリュームである。プールやスタジオで盗視した熟尻の艶姿を思い起こすと、この手でもっと貶めてやりたいという欲求が奥寺を駆りたてた。

左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の皺もなく、靖代の熟尻にぴっちりくまなく張りついていた。

だが靖代の存在が決定的に印象づけられたのは、ベビークラスが終了したあとである。プールサイドでシャワーの順番を待つ後ろ姿に釘づけられた。
左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の皺もなく、靖代の熟尻にぴっちりくまなく張りついていた。ことに娘の優希に話しかけようと腰を屈めると、熟尻の充実ぶりはいっそう顕著になる。クリンッと丸っこいフォルムは量感が強調されていた。
その上、前屈みの姿勢になったせいで、水着が吊りあがって尻割れに深く食いこむ。熟尻の形状はくっきり露わとなる。前屈みから上体を元に戻しても、水着は尻割れにめりこんだままで見るも悩ましい筋を作った。
気になったのか、靖代は両手を後ろにまわし、親指を水着に引っかけて食いこみを直した。谷間から引きだされた布地が尻肌から一瞬浮きあがり、プックリと膜を張る。それも束の間、すぐまた熟尻は元通りの山なりのヒップと美麗なカーブを取り戻した。
奥寺の胸は早鐘を撞いた。ほかの女なら気にもとめないのに、靖代となると見てはいけないものを見た気がしてくるのが不思議だ。日常との落差が心を揺さぶるのか。

裂けたスパッツから剥きだしになっているTバックの尻を必死の形相で押さえる比佐子の姿があった

「あ、あの、悪いけど、今日だけは本当に……だから……あっ、ねっ、ちょっと待ってっ。駄目っ。あっ、イヤあああっ!」
ジムにいた約三十人の会員やスタッフは突然の叫びを聞き、一斉に比佐子へ目を向ける。ジムにこの日二度目のどよめきが起こった。
「見ないでっ」
彼らの視線の先には、裂けたスパッツから剥きだしになっているTバックの尻を必死の形相で押さえる比佐子の姿があった。両手で隠しきれない裂け目から特大の巨尻がはみだしている。Tバックの深紅は網膜に焼きつくほど鮮烈だ。
「ご、ごめんなさいっ」
床にずり落ちたスポーツタオルを、比佐子は涙目になりながら拾いあげて尻に当てると、小走りにジムから去っていった。

Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ

奥寺はほくそ笑んで、再び比佐子の背後へとまわった。
スパッツの裂け目からは、巨尻が惨めに露出したままである。Tバックはずりさげられて、肛門までが隠しようもない状態だ。
尻割れの上端に、たっぷりと唾液を垂らす。唾液が谷底を伝わり、やがて肛門を呑みこんだ。奥寺は右手中指をも唾液に浸したのち、そっと肛門にあてがった。
「ひっ!イヤああっ!」
尻割れがヒクッと収縮し、魔指をはさみつけた。そこをグイグイッと突きこみにかかる。肛門の微細な皺を指の腹に感じた。

たわわに実った桃かメロンを割ったように、深く大きな尻割れが露出した

奥寺はスパッツをつまみあげ、シームに刃先をあてがった。
比佐子が巨尻を揺すりだした。まるでイヤイヤをする子供のように、奥寺の目前で巨尻が右へ左へ小刻みに振られる。
「動くなと言ってるのがわからないのか」
「そ、そんなっ……あ、あああっ!」
ビリリッと刃先がスパッツを裂く微音がして、白い尻肌が顔を出した。奥寺は一気にカッターを走らせた。上から下へとシームをなぞり、真っ二つに切り裂いていく。たわわに実った桃かメロンを割ったように、深く大きな尻割れが露出した。意外なことに、谷底には深紅の紐状の布地がぴったりと張りついていた。
「フフフフッ。見えたぜ。Tバックか。なんと石原比佐子がTバックとはね」
「あああっ。お願いっ、言わないでっ。見ないでっ」
比佐子の哀願する声が裏返っている。羞恥の巨尻がくなくなと揺れた。
尻割れに沿って切り裂くと、奥寺はスパッツを両手で大きく左右にくつろげる。はちきれんばかりに肥えた肉塊が二つ並んで飛びだす。これで巨尻のほぼ全貌が姿を現わした。迫力満点で、それでいてどこかユーモラスな景色である。

同時に巨尻が極度の緊張をはらみ、魔指をキュキュキュッとはさみつける

「セクハラってのはな、こうするのをいうんだ」
奥寺は巨尻をじっくり撫でまわしはじめた。魔手に右の臀丘をすっぽりと包み、五本の指先に力をこめ、やわやわと揉み砕く。さらに左の臀丘、スパッツのシームに中指の先をあてがい、会陰方向へ忍ばせていく。手の腹に尻割れの起伏を感じた。
「イヤッ……ああ、さわらないでえっ……」
魔指が尻割れ深くに潜りこんだ頃、比佐子の声が突如として裏返る。
だがやがて魔指は肛門部へと達する。指先で圧を加えた。
「イヤああっ」
女体がピクッと跳ねあがった。同時に巨尻が極度の緊張をはらみ、魔指をキュキュキュッとはさみつける。
そこへ奥寺はつけこんだ。尻割れの奥深く、グリグリと魔指をこじ入れていく。比佐子が必死に巨尻を振り立てたが、かまわずスパッツをぶち破る勢いで突き立てた。伸縮性豊かな布地は、魔指を吸いこむようにしてめりこんだ。

けれど意思とは裏腹に、巨尻はいっそうクニャクニャと艶めかしい蠢きをさらしている

いや、スツールを跨ぐ形で拘束した分、股間がぽっかりと開き、余計に卑猥な体勢となった。その上、尻の巨大さが引き立つ。伸縮素材のスパッツも、さすがに張力の限界まで伸びきっている。尻割れに沿ったシームはいまにも張り裂けんばかりである。
「いい格好だ。しかしでかいケツだな。ははははっ」
「どういうつもりなのっ……。こんなことして、ただですむと思ってるの……。ああ、見ないでよっ……見ないでえっ……」
比佐子が苦しげに巨尻を揺らす。視線を意識した羞恥の仕草だ。けれど意思とは裏腹に、巨尻はいっそうクニャクニャと艶めかしい蠢きをさらしている。