留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる

健太は淫裂から舌を退け、両手に抱えている留美子の尻を回した。
留美子は逆らわず、後ろ向きになり、脱衣所の床に両手をつくと、その姿勢のままに高々と尻を掲げてくる。浴槽の縁に両手をついて尻を向けたとき以上に、裂口が上を向いていた。
(滾っている……。留美子さんの蜜が、滾って火口から噴き零れる、マグマのようだ)
健太は逸る気持ちを辛うじて抑えながら、立ち上がる。完全に上向きに口を開けている淫裂に挿し込むには、いきり勃った肉棒を手で押し下げなければならなかった。
「あ、はぁああ、健太くんったら、大人の女に、こんな恥ずかしい恰好させるなんて……。意地悪なんだから……」
留美子はもう、我を忘れているようだった。
健太は肉棒を押し下げて、膣のとば口に先端を触れさせた。
「留美子さんのおま×こ、イソギンチャクのように、ぼくのち×ぽを喰おうとしている……」
「ああん、そんな……。イソギンチャクだなんて、いくら島の男の子だからって、そんなたとえをしなくても……」
健太の目に映る留美子の淫裂は、磯にひっそりとしていながら、獲物が近づくと瞬時に咥え込む、イソギンチャクそのものだった。
「それに、イソギンチャクは、健太くんのような、大きなお魔羅など、呑み込めないで

前傾姿勢のまま片手を股間に伸ばし、健太の肉棒の先端に指を絡めると、そのまま引き寄せる

しゃがんでいた健太は立ち上がり、中腰になると、自ら肉棒に手を添え、高々と尻を掲げる留美子の後方から密着してくる。
(いいわよ。最初が後ろからじゃ、ちょっと分かりにくいでしょう。ああっ、私が、導いてあげる……。落ち着くのよ、健太くん……)
留美子は躊躇わなかった。前傾姿勢のまま片手を股間に伸ばし、健太の肉棒の先端に指を絡めると、そのまま引き寄せる。
「ああ、ヤバい……。留美子さんの手の感触が、あああ、たまらない……」
いまにも放ちそうな健太の昂ぶった声に慌てた。
(もう少しの辛抱よ。一度挿し込んだなら、すぐにミルクをしぶかせてもいいのよ。あああ、だから、おま×こに入れるまでは堪えてね、健太くん……)
指を絡めた肉棒の先端が極限にまで膨らんでいる。一度大量に放っているとはいえ、若い肉棒が満足するには程遠い。
「ああっ、窪みに僕のちん×んが……」
「ああん、そ、そこよ。健太くん、そのまま、ぐっと腰を送り込んで……」
留美子が自らの指で肉棒を膣のとば口に導くと、すかさず健太は腰を前方に送り込んでくる。留美子は先端が膣孔に呑み込まれるまで指を離さなかった。
「あああーーーーっ、入っていくぅ……」
肉棒の先端とともに膣の浅瀬まで潜り込ん

健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる

(そうよ、健太くん……。まずはお口で受け止め、ごっくんしてあげたでしょう……。次はおま×こで健太くんの種ミルク、絞ってあげるの……。そして、いろんなことを教えた後に、留美子、健太くんにお尻の孔の味も教えるつもりでいるのだから……)
その思いが尻の動きに反映されていた。健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる。
「うわぁっ、あああ、健太くんの、舌が……」
健太も待ち焦がれていた女の割れ目に舌を挿し、昂ぶっているようだった。
(ああん、テクはまだまだだけど、あああっ、この荒々しさ……す、素敵……。ああ、まるで、獣に舌を使われているよう……)
健太の舌は力強く、後方からねじ入れられて、ランダムに動き回っていた。
「あっひっぃーーっ」
舌先が不意に屹立し、半剥け状態の淫芽を弄う。計算してのことではなく、予期しないその舌先の動きが留美子から落ち着きを奪い去る。

みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太くて長い肉竿が尻をスパンキングするように叩いていた

(でも、お風呂場で、こんな恰好で、初体験の健太くんに、舐めて、なんて、私からは言えないわ……。あっ、健太くんのお魔羅、私のお尻に当たってる……)
強靭な撓りだった。みっしりと熟れた肉を詰め込んだ豊かな尻朶に、先走りのぬるぬる感が広がり、太くて長い肉竿が尻をスパンキングするように叩いていた。
留美子は口では言えないことを動きで示した。もう少し両足を広げ、さらに上半身を前傾させ、尻全体を高々と掲げて、健太に後ろからの割れ目が見えやすいように工夫する。

顔が湯につくほどに腰を前傾させると、艶めかしく張りつめた大きな尻をゆっくりと健太の目の前に掲げはじめていた

留美子は浴槽の縁に両手をついたまま健太に振り返り、おもむろに乳房を浴槽の中に沈み込ませた。顔が湯につくほどに腰を前傾させると、艶めかしく張りつめた大きな尻をゆっくりと健太の目の前に掲げはじめていた。
「留美子さん……す、凄いです……。大きなお尻の割れ目から、び、びらびらが、のぞいてます……。ぼ、僕、そこにキス、したい……。い、いいですか」
「ああん、びらびらがのぞいているなんて、そんなこと言わないの……。恥ずかしい、でしょう……。それに、そこにキスしたいだなんて……。ああ、健太くんったら、まだ初体験前なのに、はぁぁっ、大人みたいなこと言って……」

「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた

さも愉快そうな笑い声すら、比佐子の心を淫靡に揺さぶる。「ど、どうぞ……」とひときわ高く巨尻を突きあげた。奥寺なのか、木之内なのか、あるいは川添本人なのか、太い指で肛門にワセリンを塗布している。妖しい被虐の快感が胸を揺さぶる。
川添が巨尻を抱えた。灼熱の怒張が肛門にあてがわれた。
「はあああんっ……」
恥ずかしい吐息がもれた直後、肛門に圧が加わった。
「あっ……は、入るっ……ああ、入っちゃうううっ……」
尖端がヌルリと押しひしぐ。
「意外に緩いもんだな、奥寺君」
川添が拍子抜けしたように告げ、奥寺が応じている。
「僕がさんざん使い倒しましたからね。でも一度入ってしまえば同じことですよ」
「ひ、ひどいわっ。……あっ、ひっ、ひいいいーっ!」
怒張が一気に突入した。肛洞がズッポリと埋め尽くされる。喉が詰まって息苦しさが見舞った。

谷間で引き絞られた細い布地がツルツルと剥かれていく。これで巨尻は丸裸だ。

「け、結構ですっ。脱ぎますっ。自分で脱ぎますからっ」
顔と両膝の三点で支えるという不自然な姿勢も顧みず、左右の手をTバックにかけた。もうここまで来てしまった以上、どこまでさらしても同じだという諦念が頭のなかで渦を巻いている。谷間で引き絞られた細い布地がツルツルと剥かれていく。これで巨尻は丸裸だ。
尻肌がパシッ、パシッと張られ、比佐子は呻いた。
「どうです、マネージャー。このケツは。スパッツの上から見たのと較べていかがです。この肉、この白さ……。どうぞ、さわってみてくださいよ」
「いいのかね。グフフフッ」
息を呑んでいると、生温かい掌がじわりと尻肌を撫でた。背筋をゾクッと寒気が走った。身体が弓なりに反りかえる。

今日もTバックを穿いていた。少しさげただけで、たちまち生のヒップが人目にさらされるのだ。

「は、はい……。わかりました……」
唇を噛み、瞼を伏せながら、比佐子はスパッツにかけた手に力をこめる。三人の動く足音が背後にする。お尻に視線が集中していると思うと、身体がカッと熱く燃えた。もう幾度となく奥寺の怒張によって貫かれ、たまらない肛悦をおぼえてしまった恥ずかしい尻である。たぶん川添も木之内も、微に入り細を穿つほどにその話を聞かされているにちがいない。奥寺の話を聞きながらにやにやと笑い合う顔が浮かんでくる。
中腰の姿勢でスパッツをずりさげる。奥寺の命令によって、今日もTバックを穿いていた。少しさげただけで、たちまち生のヒップが人目にさらされるのだ。それでも意識を薄れさせながら、グイッとさげた。恐ろしいもので、尻を出す行為を取ると直ちに尻奥がズキッと疼く。奥寺に仕込まれた悲しい性だろうか。突きあげられる感覚が鮮烈によみがえってくるのである。
「あ、ああっ。見ないでっ」

身体がおのずとくねってしまう。突きあげた尻がクイッと揺れた

「フフフフッ。よくやった。だがもう少し足をひろげるんだ。肩幅より広く」
「こ、こうですかっ……あ、あっ……」
早くすませたいという一心で足の間隔を大きくひろげる。二人の熱い視線が尻の割れ目に注がれていると思っただけで、羞恥の炎がどっとばかりに燃えさかった。身体がおのずとくねってしまう。突きあげた尻がクイッと揺れた。
「おおっ。ここまでするとはな。ヘヘヘヘッ。案外と話がわかるじゃないか、奥さん。なるほど、確かにトイレで撮ったケツと同じだわい」
村松の息づかいが尻肌に当たるのを感じる。間近から凝視しているのだ。反射的に尻割れをキュッと窄ませた。

それでも四つん這いを作り、二人の男に尻を向けた。

「は、はい……」
すすり泣きながら重い身体を起こす。絶えず鳴り響く轟音のせいもあってか、頭がぼうっとぼやけて白々と灼けていく感覚に捕らわれる。上体を支えるのもやっとの状態である。それでも四つん這いを作り、二人の男に尻を向けた。こみあげる羞恥で、首をがっくりと垂れた。それから力尽き、顔を床に伏せてしまう。尻を高々と突きあげる姿勢になってしまった。