たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。

「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」
吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。
「やめてよっ。やめてっ」
とうとう耐えかねたと見え、珠実はかぶりを振りつつ尻をも激しく振り乱す。顔が右を向けば尻は左へ、顔が左なら尻は右へ、と梅崎の眼前でめまぐるしく踊る。
「これがやめていられますか。よくもあの時は私を痴漢呼ばわりしてくれましたね」
梅崎は珠実の傍らに立ち、硬く締まった尻割れに魔手を無理やり差しこんだ。そうして谷底にぴったり指先を這わせ、やがて行きついた肛穴に突きたてる。グリグリとからかうように小突きまわすと、磔の肢体はキリキリと胴震いを露わにした。

それどころか、剥きだした尻肉をざわざわと撫でまわし、あるいはクチャクチャと揉みまわして、プリプリの触感を楽しみはじめた

懸命の訴えは無視された。二人の男は決して放そうとしない。それどころか、剥きだした尻肉をざわざわと撫でまわし、あるいはクチャクチャと揉みまわして、プリプリの触感を楽しみはじめた。冷えて縮こまった尻肉に魔の手のおぞましい生温かさがじわっと伝導する。全身が粟立った。

飽くまで急がず、ねちっこく、肉の密度と弾力とを確かめるように、ゆっくりと円を描いて捏ねくりかえす

その間も、魔手は悠揚迫らぬ物腰で尻肉を不敵に捏ねまわす。飽くまで急がず、ねちっこく、肉の密度と弾力とを確かめるように、ゆっくりと円を描いて捏ねくりかえす。力強い指先が尻肉を抉りとらんばかりに食いこむ。爪が尻肌に深々と刺さった。おぞましい感触に顔を顰めると、奥寺は愉快そうに喉を鳴らした。

ヒップをつまむ魔指に一段と力をこめて搾りたてた

奥寺はヒップをつまむ魔指に一段と力をこめて搾りたてた。それから再びヒップ全体を掌に捕らえて揉みまわしにかかる。右を捏ねて次は左へ、左を捏ねるとまた右へと、蛇を思わせるしつこさで愚弄する。荒く、粘り気に満ちた息遣いが、理香の首筋から耳元へ噴きあがった。

すると奥寺はヒップの頂を指先につまみあげ、ピンッ、ピンッ、ピンッとリズミカルに引きちぎるようにして玩弄するのだった

「卑怯者っ。さわらないでっ。さわらないでったらっ」
裸の尻を汗ばんだ掌で気ままに弄ばれる。粘着質な手の動きがたまらない。生理的な嫌悪感に虫酸が走る。理香は身体を捩らせた。
すると奥寺はヒップの頂を指先につまみあげ、ピンッ、ピンッ、ピンッとリズミカルに引きちぎるようにして玩弄するのだった。

どんな気分だ。嫌ってる男にこうしてケツを揉まれるのは。

絶句する間に、尻肉を握りこまれた。まるで毟りとろうとするように、グチャッ、グチャッと力任せに奥寺は捏ねまわしていく。同時に、再び顔を下からライトで照らす。眩しさにはっとすると、奥寺が傍らからにやつきながらこちらを覗きこんでいた。
「どんな気分だ。嫌ってる男にこうしてケツを揉まれるのは。ほらほら、もっとイヤがれ。フフフフッ」

さらに双丘を回し揉めば、左右の尻肉は掌に大きく余るものの、その代わり尻割れの感触が楽しめる

奥寺が背中を押さえつけながら尻肉をじっくりと揉みこみはじめた。
一点の曇りもなく輝く尻肌に、奥寺は目を奪われた。モチモチと掌に吸いつく肉の柔らかみや、流麗なカーブを描く双丘のフォルムも堪えられない。力をこめて握りこむと、弾力豊かな美尻は自在に形状を変え、指先に反発を伝えた。
さらに双丘を回し揉めば、左右の尻肉は掌に大きく余るものの、その代わり尻割れの感触が楽しめる。力を籠めるほど、割れ目の深さが存分に感じとれる。女の尻は割れ目にこそ魅力の源泉があると実感された。

谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている

珠実の股間は百八十度以上の高角度で開いている。真後ろから見たら、これほど煽情的な姿はない。筋肉質のヒップにハイレグ水着が密着して、起伏が露わとなっている。キュッと谷間で引き絞られて筋状になった水着にも見とれてしまう。
谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている。筋肉質の小尻は掌に収まりそうな手頃サイズで、見るからに固そうだ。至近距離から眺めつつ、奥寺は小尻に魔手を伸ばしていく。水着の上から片側を鷲づかみにした。
「んぐぐぐぐっ」
と珠実が呻いた。小尻が魔手のなかで反射的に硬直している。握ってみると、確かに掌サイズである。五指に力をグイッと籠めれば、小尻はすごい反発力で拒絶した。
なおも握りこむと、珠実は細身の肢体を激しくくねらせ、魔手から逃れようとする。けれど、肢体は右へ左へとわずかな方向転換を繰りかえすだけである。小尻が奥寺の目の前でフリフリと振られる。愛らしささえおぼえる嬌態だ。

巨尻が衝撃にタプンッと大きく揺れた

「キャアッ」と叫んで女体が床に這う。巨尻が衝撃にタプンッと大きく揺れた。
ただで会議室から出すわけにはいかなくなっていた。咄嗟に比佐子の背に馬乗りになった。Tシャツを脱ぎ去り、それを使って後ろ手に縛りあげていく。
「なにするのっ。やめなさいよっ」と叫ぶ声には、さきほどまでの余裕はない。震えを帯びた声音が奥寺を鼓舞した。肉体の深奥から獣性が激しく突きあげる。
立ちあがると、眼下で巨尻が蠢いている。奥寺は憤怒に任せ、巨尻を踏みつけた。
「ああっ。やめてよっ。やめてえっ」
比佐子が喚き、身をもがく。もがけばもがくほど、奥寺の足の下で巨尻はもぞもぞと妖しく揺れる。ひときわ強く踏みつけると、尻肉がぐにゃりと歪んだ。ゴムまりを思わせる尻の弾力が靴底を跳ねかえす。

黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回した

「あ、あぁん……今度はお尻なの?しかも、そんなに強くぅ……」
乳房並みにやわらかいお尻だったが、乳房ほどの敏感さはない。けれど、その分だけ遠慮なく、劣情をぶつけられるのも確かだった。俊輔は、二の腕を引きつけ、胸板にあたるおっぱいクッションを愉しみながら、食パンのような臀朶の触り心地を心ゆくまで堪能した。
黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回したかと思うと、丸い輪郭に合わせて撫でまわす。