留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた

健太がさらに腰を進めると、一気に膣奥まで届き、迎えに降りてきていた子宮の軟骨の輪のような入口に、膨らんだ亀頭を擦りつけて、健太は喜悦の声をあげていた。
「お、大きくて、太い……。ああん、教えるつもりの私のほうが、あああ、夢中になりそう……。最高だわ、健太くんのお魔羅……」
肉棒の先端の動きが齎す桁外れの愉悦感に、留美子は教えることも何もかも忘れ、もっと、と催促するように、大きな尻を自ら振り回しはじめていた。

健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる

(そうよ、健太くん……。まずはお口で受け止め、ごっくんしてあげたでしょう……。次はおま×こで健太くんの種ミルク、絞ってあげるの……。そして、いろんなことを教えた後に、留美子、健太くんにお尻の孔の味も教えるつもりでいるのだから……)
その思いが尻の動きに反映されていた。健太の舌を避けるようにさらに尻を上方に掲げると、自然に健太の舌は、前の割れ目に突き刺さるように滑ってくる。
「うわぁっ、あああ、健太くんの、舌が……」
健太も待ち焦がれていた女の割れ目に舌を挿し、昂ぶっているようだった。
(ああん、テクはまだまだだけど、あああっ、この荒々しさ……す、素敵……。ああ、まるで、獣に舌を使われているよう……)
健太の舌は力強く、後方からねじ入れられて、ランダムに動き回っていた。
「あっひっぃーーっ」
舌先が不意に屹立し、半剥け状態の淫芽を弄う。計算してのことではなく、予期しないその舌先の動きが留美子から落ち着きを奪い去る。

健太がしゃがむのが分かった。骨太の両手の指が尻の中心近くの肉を掴み、左右に拡げてくる。

「ああ、凄い……。留美子さん、おま×こがよく見える……。蠢いている……。びらびらが炙った活きアワビのように、くねくね動いてます」
「イヤぁ……。炙った活きアワビだなんて……。ああん、アワビに似てるからって、喰べたりしちゃ、ああん、だめよ……」
言いにくいはずが、実質、健太の舌を誘導していた。
「僕、喰べたい……。留美子さんのアワビ、よく肥えて、とても美味そう……。あっ、アワビから、汁が滴ってます」
「そ、そんなこと、いちいち説明しなくていいの……。ああ、もう、あなたの好きに弄って、いいのよ……」
健太がしゃがむのが分かった。骨太の両手の指が尻の中心近くの肉を掴み、左右に拡げてくる。
「はひぃん……そ、そんなに拡げられたら、丸見えになるぅ……」
留美子は譫言のような声を発しながら、初体験の健太の行動に、いつの間にか挑発されつつある。焦れったいような切ないような気持ちに苛まれながら、留美子は尻を卑しく回し始めていた。

自ら腰をくねらせ、充分過ぎるほどに脂の乗った尻朶を、これ見よがしにうねらせていた

(健太くん、私のお尻を見ている……。あああっ、視線を痛いほどに感じるわ……)
留美子はシャワーを全身に浴びながら、自ら腰をくねらせ、充分過ぎるほどに脂の乗った尻朶を、これ見よがしにうねらせていた。
(健太くん、お風呂の中でお漏らししちゃだめよ。最初の濃いのは、留美子のお口にいただくのだから……)

くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……

梅崎が肛穴をグィグィと押しこむと、珠実の肢体がフェンスで行きどまった。これ以上強く押しこめば、魔指はズブリと突き刺さって肛洞に食い入ることとなる。
「くっ、くうっ……。離してっ……ああっ、おっ、お尻がっ……」
フェンスにへばりついた裸身をくなくなと珠実は振りたてる。とはいっても、身体の前面をフェンスに密着させている。せいぜいお尻のみ微妙にくねるのが関の山だ。
ここぞとばかり、梅崎は報復の魔指を繰りだした。肛穴の縛りを突き破り、肛洞へと潜りこませた。
「あひいいいーっ!」
珠実が大の字の裸身を震撼させている。

たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。

「たまりませんよ、このプリプリしたお尻……。ピチピチと私の手を跳ねかえしてきますよ。若いんですねぇ」
吐息がかかるほど近い位置から見入りつつ、硬い尻肉に両手の指先を立てた。ただでさえ硬質の尻は、羞恥からか梅崎の指を受けつけぬぐらいに強張りきっている。
「やめてよっ。やめてっ」
とうとう耐えかねたと見え、珠実はかぶりを振りつつ尻をも激しく振り乱す。顔が右を向けば尻は左へ、顔が左なら尻は右へ、と梅崎の眼前でめまぐるしく踊る。
「これがやめていられますか。よくもあの時は私を痴漢呼ばわりしてくれましたね」
梅崎は珠実の傍らに立ち、硬く締まった尻割れに魔手を無理やり差しこんだ。そうして谷底にぴったり指先を這わせ、やがて行きついた肛穴に突きたてる。グリグリとからかうように小突きまわすと、磔の肢体はキリキリと胴震いを露わにした。

ペタペタと尻肌を叩く音とともに尻奥が小気味よく穿たれ、敏感すぎる肛門が怒張の刺激を貪りとろうとする

「あううううっ……」
肛悦の波が全身を呑みこむ。恵里子は呻きながら怒張を噛む。みずからの呪わしい肉体がエクスタシーを求めて走りだしていた。ペタペタと尻肌を叩く音とともに尻奥が小気味よく穿たれ、敏感すぎる肛門が怒張の刺激を貪りとろうとする。
そんな恵里子の恥態を見て、二人の男が笑っていた。憎らしい嘲笑が魂を揺さぶる。聞くまいとしても耳を塞ぐことはできない。これ以上ない恥をさらし、もうどうなったっていいとさえ思えてくる。
尻奥への熱い放射が恋しくなった。あの内臓を弾かれる感覚がありありとよみがえり、火花散るエクスタシーを思いだす。思わず恵里子は尻を振り立てた。

比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした

「奥寺さん。私、なんでもしますっ。なんでもしますから、それだけは……」
比佐子は弱々しくかぶりを振り、巨尻をプリプリと揺らした。
「よく言った。じゃあ、マネージャーにおまえのケツを差しだせ。それがおまえの最後の誠意だ」
「あ、ああ……とうとう……」
どっとばかりに肛悦への希求が胸奥で燃えあがった。おのずと肛門に気張りが入り、尻奥の疼きが渦を巻いた。比佐子はみずからの意思で尻割れを開いた。左右の尻肉をガバッと両脇へ引き寄せ、我慢できない欲求に巨尻を揺すりたてた。