めりこんだ魔指がここぞとばかりに一点を小突いてくる。そこは最も恥ずかしい場所だった。

そんな恵里子の焦燥を嘲るように、魔手はお尻の割れ目に沿って、少しずつ股間へ這いおりていく。一本指の腹をパンツのシームにぴったり合わせ、ツツーッと割れ目の深さを測るように食いこませていく。
「見かけ通りのいいケツだ。ポチャポチャしてるぜ」
「イヤッ、イヤッ」
地団駄踏みながらかぶりを振る。おぞましい感触に、お尻をつい緊張させてしまう。すると割れ目に吸いついた魔指を、左右の尻肉がキュッと挟みつけた。めりこんだ魔指がここぞとばかりに一点を小突いてくる。そこは最も恥ずかしい場所だった。
「ああああっ!イヤああっ!」

ざわざわと痴漢紛いの手つきが、カプリパンツの上からお尻を撫でまわしていく

「あ、ああっ……。やめてっ……さわらないでえっ……」
ざわざわと痴漢紛いの手つきが、カプリパンツの上からお尻を撫でまわしていく。それも単に撫でるというよりは、ぽっちゃりしたお尻のふくらみに指先を微妙に絡ませる粘り気たっぷりなやり口だ。
恵里子は壁に這うように立ち尽くしながら身体をくねらせた。物狂おしさにお尻を左右に振りたてる。イヤらしい魔手を逸らそうという動作だが、ナイフが依然として頬に接している。まるで抵抗にならない。

比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる

奥寺は生唾を呑むと、大きく開いた右掌をそっと尻肉に合わせていく。
「ひいいいっ」
女体がゆらりと揺らいだ。巨尻がブルブルッとわななき、次に固く緊張した。
「さわらないでっ」
「このケツはさわってほしいってケツしてるよ。見せつけやがって」
柔軟性豊かな肉質や燃えるような女体の体熱がスパッツ越しにも伝わった。息を詰めて撫でまわせば、臀丘の丸みと割れ目の起伏が生々しい。これがこれまでさんざん見せつけられ、苛立たされてきた尻かと思えば、おのずと魔手に力がこもった。右掌に片側の尻肉を捕らえグラグラと揺さぶりながら、左手で比佐子の髪をつかみあげた。
「あ、ああっ、痛いっ。放してっ」
比佐子は巨尻をうねうねとうねらせる。だが心なし美貌が険しく歪んでいる。

黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回した

「あ、あぁん……今度はお尻なの?しかも、そんなに強くぅ……」
乳房並みにやわらかいお尻だったが、乳房ほどの敏感さはない。けれど、その分だけ遠慮なく、劣情をぶつけられるのも確かだった。俊輔は、二の腕を引きつけ、胸板にあたるおっぱいクッションを愉しみながら、食パンのような臀朶の触り心地を心ゆくまで堪能した。
黒のストッキングと逆三角形のショーツに包まれた尻肉を、グリグリこね回したかと思うと、丸い輪郭に合わせて撫でまわす。

ふるるんと掌で揺れる尻肉をくしゃくしゃに揉みしだき、左右に割って菊座を広げさせると、好き勝手に美臀を変形させた

「あん…ああん……お尻が熱くなってきちゃいますぅ……ひうっ…はああん」
ふるるんと掌で揺れる尻肉をくしゃくしゃに揉みしだき、左右に割って菊座を広げさせると、好き勝手に美臀を変形させた。
「すごいです。千夏さんのお尻、汗ばんできたのか、ショーツが湿ってきました」
あまり強くし過ぎたかと反省した俊輔は、またしても痴漢のような手つきで、お尻を丸く撫であげた。さらには、眩しそうに目を細め、麗しの脚線美を、今度は両手で上から下にさすっていく。膝の裏側、内もものやわらかい部分という順に、千夏の反応を確かめながら性感を探る。

真正面から美顔を見つめ、豊麗なヒップを無遠慮に撫でまわす

茶目っぽく肩をすくめる加南子にうなずきかえすと、慎也は恋人のように自然な振る舞いで義母の腰を抱き寄せた。さりげなく店内を見渡し、ヒップに手を這わせる。真正面から美顔を見つめ、豊麗なヒップを無遠慮に撫でまわす。
「こらこら、オイタしちゃ駄目よ。こんな場所じゃ……」

たっぷり脂が乗って、弾力に富んだ肉感は女尻でしか成し得ない最上の質感だった

慎也はいつしか痴漢のごとき手つきで豊麗なヒップをさすりはじめてしまう。歩を進めるたびにムチムチと肉山が揺れて、柔らかなゴム鞠に似た感触がありありと手のひらに伝わってくる。たっぷり脂が乗って、弾力に富んだ肉感は女尻でしか成し得ない最上の質感だった。いいや、手触りよりなにより、憧れてやまなかった義母の豊臀に触れている事実こそが慎也の興奮を強く煽りたてる。手のひらを上下させるたび肉棒が脈を打ち、ますます理性は儚くなる。

ストレッチパンツに包まれた美臀に手のひらを這わせる

義母の反応をうかがいつつ、ストレッチパンツに包まれた美臀に手のひらを這わせる。もちろん女性の尻を撫でるなど、慎也にとっては初めての経験だ。性に目覚める以前には何度か冗談半分に、加南子の腰に抱きついたこともあるにはあったが、ひとりの異性として義母を意識してからというもの、みだりに身体に触れるなどしたことはない。