れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる

射精が未遂に終わっているだけに、生温かい口腔に迎え入れられると、すぐに血液がそこに集まってくる。れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる。
「千夏さん……うおっ、ど、どこで、そんなこと……」
皺袋の裏側の縫い目部分をつーっと爪先でなぞられ、背筋をくすぐったいようなやるせないような快感電流が、ゾワゾワゾワッと走った。半勃ちの肉塊が、ひと擦りされるたび、風船に空気を注入するように膨らんでいく。むずむずするような気持ちよさ、じっとしていられないやるせなさが脳に到達し、何も考えられなくなっていた。
じゅぶちゅるる、にゅちゅるるる、ぐちょん、ぶちゅん──。
薄く小さな唇を、めいっぱい占めるほど巨大化した勃起を、千夏は頬を窪ませるほど強く吸いつけてくる。「もっと大きくなって」と、ねだるような赤裸々な口淫。まさしく俊輔の子種を吸い尽くさん勢いだ。

そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ

「手はおしゃぶりする女の頭の上に置くのよ。上手だったら撫でて褒めればいいし、もっと呑み込めっていうのなら、下へ押し込めばいいから」
そう言うと紅唇は、またちゅぷりと亀頭を含んだ。
「んぐっ、んふ」
彩香は喉声を漏らして肉茎を吸い、棹腹を指で甘く扱き立てる。睾丸をころころと指で転がすことも忘れない。