あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……

由美は意を決し、全身全霊で健太に肉体奉仕し、まだ健太の記憶に生々しく残っているはずの留美子との交接図を、自らの女体で上書きするつもりになっていた。
「素敵よ、健太ちゃん……。ああ、これ、ママに昂奮してくれているのね……」
由美は健太と真正面から向き合い、タイルに膝をついていた。目の前に長大な肉棒が、先端から滲み出る先走りの汁を膨らませて聳えていた。
(すごく、大きい……。形は夫によく似ている……。でも、夫より健太ちゃんのお魔羅、一回りも大きい……)
そっと肉棒の下方に手のひらを拡げた。ずしっと重い肉棒の圧に指が震える。
「あぅっ、ママ……ああ、僕のち×ぽ、握って……。ああ、扱いて、ママ……」
もどかしそうに腰を突き出す健太を見上げる。自分の目が淫らな輝きを放っているのを、由美は熟知していた。
欲しくなると目に表れる。おまえの目は正直だ。魔羅が欲しいと、おまえはすぐ、目を潤ませる。夫はベッドの中でそう言葉責めし、昂ぶりを増幅させていた。
「健太ちゃん、留美子さんも、お風呂場で、こんなことしてあげたの?」
由美は指が回らないほど、太くて長い肉棒を手のひらで受け、絶妙な強弱で、二、三度、長竿を擦った。健太の腰が激しく震える。
「留美子さんと、こ

添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた

「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」
ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた。
「うううっ!も、もう射精ちゃいます!!」
熱い衝動が背筋を駆けのぼる。頭の中に閃光が走り、牡のシンボルが溶解していくのを感じた。腹筋にグイッと力を入れてトリガーを引き絞る。ぐぐぐっと肛門を閉じ、太ももやふくらはぎも痙攣せんばかりに緊張させた。

ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる

彩海の舌が、亀頭から肉の幹へと下りた。ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる。両手はシーツから離して、睾丸をそっと包み、やわやわと揉みほぐす。口と手の両面攻撃を食らって、尚樹は自分でも驚愕ものの短時間で、溜まっていた精液を決壊させた。

さらに静子先生が亀頭を口に入れたまま、器用に両手でスラックスのベルトをはずしにかかる

凄まじい唇と舌の猛攻に、尚樹はたじたじとなった。さらに静子先生が亀頭を口に入れたまま、器用に両手でスラックスのベルトをはずしにかかる。すぐにスラックスとトランクスが脱がされて、下半身はスニーカーだけにされてしまう。
「ううっ!」
右手で、ペニスの幹をつかまれた。表皮が剥ぎとられるのではないか、と心配になる勢いで、上下にしごかれる。
「ひやあっ!強い!強すぎるよ、先生!」
尚樹は捕まった腰を中心にしてグラグラと身悶える。今度は睾丸が、左手の五本の指にガッシリとつかまれた。もぎり取られる寸前の握力で、やわらかい二つの玉が責められる。

ただ指が上下に動くだけでなく、ひねりが加えられて、亀頭の傘の裏側を掻かれるたびに、ピリッとした電流が走った

肉幹も絶妙の握力とスピードでしごかれる。ただ指が上下に動くだけでなく、ひねりが加えられて、亀頭の傘の裏側を掻かれるたびに、ピリッとした電流が走った。
睾丸の愛撫も休みなくつづいている。自分の手によるオナニーでは触れたことがない二つの玉は、五本の指でやさしく転がされ、揉みほぐされて、未体験の心地よさを休みなく生みだしていく。
童貞を失ったばかりの少年が、抜群のテクニックの初フェラチオと初手コキのダブルパンチに耐えられるはずがない。バスタブの縁に乗った尻のくねりが一段と大きくなり、せつないほどの痺れが下半身を襲う。二度目の射精のトリガーが強く引かれた。

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた。射精したばかりでまだ敏感な亀頭に、快感の電流が走りまわる。それこそ、ついさっき尚樹のどこかへ飛んでいた意識を現実に引きもどした快感だった。
口だけでなく、彩海の右手が肉幹を握り、左手が睾丸を包んだ。それぞれ、硬い棹を上下にしごき、やわらかい二つの玉をくしゃくしゃと揉む。唇からは舌が伸びて、亀頭についた体液をペロペロと舐め取る。
三か所の異なる刺激が渾然一体となって、尚樹はたまらずバスタブの上で裸の尻を前後左右にくねらせてしまう。

やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる

口いっぱいにひろがる初体験の旨味に、甘酸っぱい義母のエキスにますます情火を滾らせながら、長々と伸ばした舌をヌップリと膣内に挿入する。
「はんぅ……そ、そう、うまいわ、慎ちゃんとても上手ぅ、ん、んんんっ!」
加南子もすかさず若竿にしゃぶりつく。ずる剥けの亀頭を頬張り、静々と頭を上下させ、血管が浮きだした茎を根元まで咥えこむ。
カポ、グポッ……ジュボ、ガボッ……。
唾液を滴らせ、破廉恥な音色を響かせて、深く大きな首振りで陰茎をしゃぶり倒す。
もちろん手も休ませてはいない。やわやわと睾丸を揉みほぐし、尻の穴まで刺激して、フェラチオの快感を倍加させる。

ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく

ふふっと妖しい笑みを残して、彩香の美貌が股間に沈んだ。
(ああっ、あったかくてヌルヌルだっ)
ヌメ光った赤い唇のなかに、陰茎がやわらかに包まれていく。
「彩香さん、気持ちいいです」
股間で上下するナースキャップに向かって、佑二は囁いた。荒淫でヒリヒリとする長棹の表面を、温かな舌と唾液の潤いが癒す。彩香は「くふん」と可愛らしい喉声を漏らして、口腔抽送の速度を上げた。右手の指は根元部分に添えてシコシコと擦り、左手は陰嚢を掴んで、揉みほぐした。