舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる

「俊輔さん、よっぽど気持ちいいのですね。お腹の筋肉がヒクヒクしてますぅ」
ヒクついているのは、お腹ばかりではない。どこよりも、肉塊が小刻みに痙攣している。快感のあまり菊座をぎゅっと絞るため、勃起肉がぷるるるっと跳ねるのだ。
そんな俊輔の反応を的確に判断しながら睾丸愛撫が続けられる。舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる。二重三重の快感が、俊輔の下腹部で混じり合い、ついつい悲鳴をあげていた。

丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ

すぐにまた勃起に向かうと、今度は玉袋を口に含んで舌で転がしはじめた。丁寧に睾丸をしゃぶり、袋の皴を伸ばすように舌先で舐るのだ。
「うっ!うぁぁ」
睾丸を、そんなふうに責める方法があるなど思いもよらぬことだった。くすぐったいような、むず痒いような奇妙な感覚に、俊輔は白目を剥いて身悶えた。

するとこんどは貴和子が、陰嚢経由で遡ると、肉棒をかっぽりとくわえ込んでいく

「お尻の穴だけじゃダメなのかしらぁ……レロォ、ゥ、ン!ンク……!」
するとこんどは貴和子が、陰嚢経由で遡ると、肉棒をかっぽりとくわえ込んでいく。
「ぁあ、貴和子さん!」
たちまち、勢いづく肉棒。芯を入れられたように、カチカチに直立していく。
「こっちもよ。まだ終わってないんだから」
肛門にはまだ彩菜が残っている。どうやら彩菜は肛門なめが気に入ったらしく、顔を押しつけんばかりに、広海の肛門も、会陰も、陰嚢もていねいにたっぷりなめ回し、なめ上げた。

陰嚢に唇を這わせていた貴和子が、あろうことか広海の肛門にまでもキスし、舌でなめ回してくるのだ

自分から脚を開く広海だが、それでも足りずに、貴和子にすっかり大きなM字に開かされてしまう。
自分で自分の膝を抱えるような、女性なら「まんぐり返し」の体勢だ。(なんだか恥ずかしいんだけ、ど……ぅぅうあ!)
だが衝撃はそこからだった。
陰嚢に唇を這わせていた貴和子が、あろうことか広海の肛門にまでもキスし、舌でなめ回してくるのだ。

大きく口を開けると、睾丸全体を口に含んだ

美波は大きく口を開けると、睾丸全体を口に含んだ。こそばゆいような、ゾクゾクとする快感が迸るが、どちらかといえばくすぐったさが上に立つ。気持ちがいいことはいいのだが、どうにもむず痒くて仕方がない。