目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。

「ああ、留美子さんの目、とても、いやらしい……。それに、そ、その、大きなおっぱい……。ぼ、僕、もう、たまりません……」
健太の視線の行き先は、三十路を過ぎても型崩れしないままに突き出ている、肉乳だけにとどまらず、濡れて股間のやわ肌に貼りついている、淫毛にも注がれていた。
(はじめてなんだもの……。女の体のどんなところにも興味があって当然よね……)
目の前の肉棒がさらに逞しくなる。留美子は両手の指で肉棒を掴んだ。左手を肉幹に絡ませ、右手は下方に大きなクルミのように垂れている淫嚢に添える。
「ああ、留美子さん……そんなにされたら、僕、また……」
健太はしきりに腰を振り、催促していた。

勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く

詩織の指は、とうとう本気を出した。何しろ、これまで空いていた左手が睾丸を触ったのだ。勃起のために固く引き締まった玉を包み込み、まるで精液を竿に送るかのようにリズミカルに動く。おまけに雅也が大量の先走りを垂れ流しているため、それがローションのような役割を担う。指だけでなく、手全体が滑らかに上下する。

中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニス

すると真帆は、「うん。脱がせてあげる」と色っぽい囁きを返し、いったん怒張から指を離すと、彼のブリーフをずるっと脱がせた。中から飛びだしてきた、イチャイチャする気満々の褐色ペニスに、真帆は目を見張り、驚嘆の呻き声を上げる。煽られた真帆は改めて極太を握りしめ、さっきまで以上に大胆に、しこしことそれを扱きだした。すべらかな指に過敏な部分を擦過され、啓太は全身をピンと伸ばして、恍惚の吐息を、半開きにした口から熱風のように漏らして真帆の手コキに耽溺する。イチゴを噛みしめたような甘酸っぱい閃きが、ペニスから脳天へと、扱かれるたびに駆け上がった。外気に触れたキンタマ袋が胡桃のようにキュッと締まり、締まり、扱かれるたびにブルン、ブルンと揺れている。