たわわな乳房が、湯に濡れ光りながら水面に揺れているのだ

(ええっ!寧々さんのおっぱいぃ!!)
何気なく目線を下げて驚いた。たわわな乳房が、湯に濡れ光りながら水面に揺れているのだ。さすがに腕で、その頂点は隠されているものの、巨大な肉房はほとんど丸見えと言っていい。
どんな場合であっても、タオルをお湯に漬けるようなマナー違反をできないのが、寧々の気性らしい。処女らしい乙女の恥じらいをはんなりと匂わせながらも、突拍子もなく大胆でいられるのは、ド近眼と混浴温泉の独特の雰囲気のお陰なのだろう。

気づいた寧々が、零れんばかりの巨乳を抱き抱えるようにして、湯の中に立ち上がった

気づいた寧々が、零れんばかりの巨乳を抱き抱えるようにして、湯の中に立ち上がった。
乳白色の肌が、艶やかにお湯に濡れ光る。
湯船を形成する岩の一つに置かれていた白いタオルを取りあげ、胸元にあてる。その恥じらいを帯びた仕草が、たまらなく俊輔をそそる。
色っぽくピンクに染まった背筋を惜しげもなく晒し、お湯をこぐようにして向かう寧々。漆黒のストレートロングは、いつものようにポニーテール状に後ろで結ばれている。それがお湯に浸かるのを憚るように、自らの肩口にかけていた。その背中の美しさも、かなりのものだった。白磁のように滑らかで、シミ一つない背筋は、どんな芸術家でも再現が不可能と思えるほど繊細かつ官能的だった。

湯船の中、三つの裸身が肩を並べている

湯船の中、三つの裸身が肩を並べている。
濡れないようアップにした長い髪。露わになったうなじから肩への描線が美しい。
彩菜の、まだ硬さを残した肩甲骨や肩。尖りや窪みをくっきりと浮き出させた、若々しくも鋭角的な印象を与える裸身だ。
それに対して、全体に丸みをまとった貴和子のフォルム。
どこをとってもやさしいやわらかさに満ちている。溶け出しそうなほどに白い肌も、それを感じさせるものだ。

みずみずしく張り切った白い肌

(貴和子さんて、肌、きれいだなぁ)
お湯の中にあって火照っているとはいえ、とても四十を迎えた女性の肌とは思えない。子どもを産んでいるというのも。
みずみずしく張り切った白い肌。なだらかに丸みを帯びた肩が、やさしげに映る。長い黒髪がアップに留められて、露わになったうなじがハッとするほど色っぽい。

膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く

(あれが彩菜の……裸)
スレンダーな背中からヒップだった。肩甲骨など、くっきりと鋭角的に浮き出ている。肩も腰もまだ角があって、ヒップも薄い。大げさに言うと少年の裸身に近かった。
それでも、高校二年という時期は、彩菜の裸身にゆっくりと新たなベールを加えていく、その過程のようだった。その証拠に、スレンダーながら思った以上の実りを見せるバスト。まだまだ青い果実の堅さを感じさせるフォルムを描いている。
彩菜はバスマットに直接膝をつくと、カランから洗い桶に湯を取って、手ぬぐいを浸していく。膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く。

バストがその非凡なボリュームを訴えてくる

広海もそうだが、あかりの顔は、しっとりと汗に潤って桜色に色づいていた。湯の上に顔を出しているだけでも、バストがその非凡なボリュームを訴えてくる。湯の中、ゆらめいて見えるふくらみは、先端の尖りを強めているようで……。
「出よう。のぼせちゃう。……背中も流してもらわないと、な」

たっぷりと実って、その大きさゆえにやや下を向いてしまった乳房も、その下のやわらかそうなお腹から下腹部も

「どうしたのぉ。お風呂ですもの。脱ぐのは当然、でしょぉ?」
一糸もまとわぬ生まれたままの姿。しかも、タオルなどで裸身を隠すこともしていない。たっぷりと実って、その大きさゆえにやや下を向いてしまった乳房も、その下のやわらかそうなお腹から下腹部も。恥丘にたっぷりと繁茂する黒々とした草むらも、すべてが、
「ま、丸見えですよ、貴和子さん……!」
広海のほうが赤面して、顔を覆ってしまうほど。

ふっくらと盛り上がったバストの、ふたつの膨らみが刻む谷間

背中で声がして振り向くと、バスタオルだけを身にまとった静羽が襖の向こうに立っていた。部屋付きの半露天風呂で入浴してきたその肌は、内側から桜色に火照って、かすかにまだ湯気さえまとっている。胸から股間までをバスタオルが覆っていても、静羽の長い手脚、みずみずしいプロポーションまで隠すことはできない。ふっくらと盛り上がったバストの、ふたつの膨らみが刻む谷間。うなじや肩の華奢なラインに較べると、はっきりと着やせしていたのがわかるボリュームだ。