左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の皺もなく、靖代の熟尻にぴっちりくまなく張りついていた。

だが靖代の存在が決定的に印象づけられたのは、ベビークラスが終了したあとである。プールサイドでシャワーの順番を待つ後ろ姿に釘づけられた。
左右のヒップが山なりに盛りあがり、深い尻割れも美麗なカーブを描いている。白を基調とした水着は一カ所の皺もなく、靖代の熟尻にぴっちりくまなく張りついていた。ことに娘の優希に話しかけようと腰を屈めると、熟尻の充実ぶりはいっそう顕著になる。クリンッと丸っこいフォルムは量感が強調されていた。
その上、前屈みの姿勢になったせいで、水着が吊りあがって尻割れに深く食いこむ。熟尻の形状はくっきり露わとなる。前屈みから上体を元に戻しても、水着は尻割れにめりこんだままで見るも悩ましい筋を作った。
気になったのか、靖代は両手を後ろにまわし、親指を水着に引っかけて食いこみを直した。谷間から引きだされた布地が尻肌から一瞬浮きあがり、プックリと膜を張る。それも束の間、すぐまた熟尻は元通りの山なりのヒップと美麗なカーブを取り戻した。
奥寺の胸は早鐘を撞いた。ほかの女なら気にもとめないのに、靖代となると見てはいけないものを見た気がしてくるのが不思議だ。日常との落差が心を揺さぶるのか。

雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである

器材庫の淀んだ空気を掠れ声が揺らした。理香がよろよろと半身を起こし、ドアのほうへ這いずっていこうとする。引き締まった美尻に、鮮やかなプリント柄がV字形に張りついている。濡れた布地が一分の隙もなく尻肌に張りついて、美麗なフォルムが丸見えだ。布地が割れ目にめりこみ、裸の尻より艶めかしい。雪白の尻肉がハイレグからこぼれ、四つん這いで進むと、眼下でクリクリッと蠱惑的に弾むのである。
頭頂部の髪を捕らえ、強引にこちらを向かせた。肉刀を鼻先につきつける。天井からの煌々たる明かりが肉刀を照らしだす。透明な体液が切っ先で泡を噴いている。
理香が顔を顰めるのを見咎め、切っ先を鼻先に擦りつけた。昨夜、花蜜にまみれた魔指でそうしたように、切っ先でグイグイと押しあげる。

見えざる手が水着のお尻部分をつかんだ。強引に割れ目に食いこませると、筋状になった布地をつかんで吊りあげる。

浮かんだ尻を、男の手がパシッと張った。
「イヤああっ!」
理香は生きたまま俎板に乗せられた魚のように身体を暴れさせた。ビート板が手からすべり、流れ去っていく。これで身体を支えるものは、彼らの四本の腕だけである。
「なにをあわててるんだ、姉ちゃん。先生に言われた通りにしろや。ほら、キックの練習だろ。フフフフッ」
「俺たちが支えてやるからよ」
見えざる手が水着のお尻部分をつかんだ。強引に割れ目に食いこませると、筋状になった布地をつかんで吊りあげる。もろ出しの尻肌を水が洗っていく。その感触で、理香は尻肉が完璧に露出させられたと実感した。Tバック状態の後ろ姿が浮かんだ。
「イヤんっ。やめてっ。やめてよっ。もう放してったらっ」

黙っていても布地が股間に食いこむ。小ぶりなヒップもはみだしてしまう。幾度も後ろに手を回し、食いこみを直していた。

極端に切れあがったハイレグなので、上背のある理香は少し身体を動かしただけで、いや、黙っていても布地が股間に食いこむ。小ぶりなヒップもはみだしてしまう。幾度も後ろに手を回し、食いこみを直していた。
スポーツ万能を自負する理香だが、水泳は例外だった。だがそれを明かしたら、奥寺につけこまれる悪い予感がする。結局、命じられるまま水着に着替え、とうとうここまで来てしまった。
しかしトレーナーの奥寺は水着でなく、いつものトレーニングウェアのままなのだ。
入り口を前に尻込みしていると、ハイレグのヒップをぞろりと撫であげられた。

谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている

珠実の股間は百八十度以上の高角度で開いている。真後ろから見たら、これほど煽情的な姿はない。筋肉質のヒップにハイレグ水着が密着して、起伏が露わとなっている。キュッと谷間で引き絞られて筋状になった水着にも見とれてしまう。
谷間を境に左右のヒップが美麗なカーブを描きながらプックリと盛りあがっている。筋肉質の小尻は掌に収まりそうな手頃サイズで、見るからに固そうだ。至近距離から眺めつつ、奥寺は小尻に魔手を伸ばしていく。水着の上から片側を鷲づかみにした。
「んぐぐぐぐっ」
と珠実が呻いた。小尻が魔手のなかで反射的に硬直している。握ってみると、確かに掌サイズである。五指に力をグイッと籠めれば、小尻はすごい反発力で拒絶した。
なおも握りこむと、珠実は細身の肢体を激しくくねらせ、魔手から逃れようとする。けれど、肢体は右へ左へとわずかな方向転換を繰りかえすだけである。小尻が奥寺の目の前でフリフリと振られる。愛らしささえおぼえる嬌態だ。

濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ

珠実が水から去る気配を見せた。取り囲んでいた者たちが反射的に道を譲った。睨みつけてから背を向けると、プールサイドに両手をついてスッと身体を浮かせた。
泳ぎこんだせいだろうか。濃紺のハイレグ水着が尻の谷間に深々と食いこみ、ほとんどTバック状態だ。雪白の尻肉が大きくはみ出ている。片足をプールサイドにかけると股間が大きく開き、水からあがった時には、ますます食いこみが激しくなった。
珠実は食いこみを気にする素振りもなく、これ以上ないような早足でプールの出入り口へと向かう。小ぶりな尻の下半分は肉がはみ出して、歩を進めるたびにプリプリと憎々しげに弾んだ。

ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた

ついには捩れたショーツを花びらまで巻き添えにする勢いで、淫裂に食い込ませた。薄布ごと鼻梁を挿入するつもりで押し付けると、垂れていた千夏の首筋が天に向かって持ち上げられた。
「ひふ……あん、あうううっ……ひはあぁ!!」
がくんと小さな頭がまたしても前に落ち、弱々しく振られている。それにも構わず、鼻のスロープをグイグイと敏感な部分に擦りつけた。
悩ましくも愛らしい嬌声が、次から次に零れ落ちる。それに比例するかのように滴る透明な愛液が、ショーツから滲み出て、俊輔の鼻先をねっとりと濡らすのだった。

しかし白い尻肉の谷間に、黒いレースのパンティが深く食いこんでいることで

彩海が背中を尚樹から離して、身体を前に倒した。柔軟体操のように、両足がほとんどまっすぐに開き、間に上半身が入って、裸の乳房がベッドのシーツに密着する。とがった乳首が布にこすれ、乳肉に埋もれて、甘いパルスを生む。
後ろにいる尚樹からは、人体そのものが奇妙なオブジェになったように見える。しかし白い尻肉の谷間に、黒いレースのパンティが深く食いこんでいることで、不思議なアートが男の欲望をそそる妖艶な女体であることを証明していた。

鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのような形で盛りあがっている

しかし、慎也の目を奪ったのは美臀の光景ばかりではない。身体がくの字に折り曲げられた寝姿に、ハート型に描かれた尻たぶの隙間には女性器が包まれている箇所が、下着で言い換えればクロッチにあたる部分が露わになっているのだから。
鼠蹊部をゴムで締めつけられているためか、女肉がこんもりと、まるでエクレアのような形で盛りあがっている。中心部にはうっすらと、クレヴァスとおぼしき縦の皺が刻まれて、その左右にはラビアが分厚く、ガラスに押しつけた唇のごとき形ではみだしている有様まで見て取れる。
競泳水着の生地が織り成す妖しげなグラデーションも、内側に隠された媚肉の造形をありありと伝えていた。

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた

加南子はうながされるままに、慎也の顔面めがけてヒップを突きだしてみせた。
(ああっ、すごい、すごいよっ!こんなに食いこんでるっ!)
スベスベの生尻に、淫靡極まりない股座の光景に爛々と瞳を輝かせる。
ラビアはかろうじてクロッチのなかにおさまっているが、その外側には柔らかそうな肉がこんもりと盛りあがっていた。
ここからが性器だと明確な線など引かれていないが、絹のように白い太腿とは違う、くすんだ褐色の皮膚に、細かな繊毛に彩られた土手肉はまぎれもなく女性器の一部、大陰唇と呼ばれている秘所である。