ママのお指やお口で、悦んで、健太ちゃん……

(健太ちゃん、ママ、いま、行くわね……。でもママは、健太ちゃんと交わることはできないの。健太ちゃんもそうよ……。だって、母と子なのですもの……。だから、健太ちゃんも、ママと交わってはいけないの……。ごめんなさい、健太ちゃん……。でもママ、それ以外のことで、今夜はあなたに奉仕する……。ママのお指やお口で、悦んで、健太ちゃん……)
立ち上がった瞬間、思い浮かべた、留美子が健太の肉棒を頬張っている光景に嫉妬した由美は、禁忌な交わりだけは避け、留美子以上の熱意で肉棒を愛すことで、健太の昂ぶりを散らせようと思い立つ。
(ああ、私……。こんなにも疼くのは、久しぶり……)
二階にある健太の部屋までの階段をのぼりながら、むっちりとした太ももが擦れ合うたびに湧いてくる淫蜜の多さにたじろいでいた。自室前に来ると、再び躊躇を促す、理性が発する声が聞こえた。

留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種汁のお初をすべて呑み込んだ……

(ああ、でも、健太ちゃんの、あの、お魔羅……)
それが今なお、目の前にそびえているような錯覚に陥る。由美は、どうしたらいいの?と自問し、答えが浮かばないままに立ち上がる。
(留美子さんは、浴室で健太ちゃんのお魔羅をお口で愛し、健太ちゃんの種汁のお初をすべて呑み込んだ……)
健太の口から語られた留美子の大胆な行為が、頭のなかで像を結ぶ。
(私だって、もし健太ちゃんの初体験の相手なら、初めての精液は一滴残らず、呑み込んでいる……)
想像が再び体を熱くする。留美子が健太の、女と接して放つ最初の種ミルクを嚥下している光景は、義母由美にとっては羨望この上ないことだった。

濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める

「あああ、気持ちいい……。留美子さんの舌……僕、ああっ、たまらなくなる……」
濡れている雫を吸い取ると言ったはずが、留美子の舌は長竿全体に這い始める。いかにも繊細そうな指があちこちを這い回り、淫嚢が擽られる。
「ああん、だめだよ、本当に……。僕、ああ、このままだと……」
健太の訴えなど無視し、留美子の舌は肉棒を縦横に躍る。それだけではなかった。留美子は一度、健太を見上げて艶然と微笑むと、大口を開けて、一気に肉棒を口中にねじ込んでいた。
「ああっ、きょ、強烈、すぎる……」
初体験で、口と膣で二度放っているとはいえ、自慰体験しかなかった健太には、刺激的すぎる留美子の攻めだった。
「る、留美子さん……。僕の、好きなように、させてくれるって、言ったのに……」
聞く耳を持たないように、留美子の肉棒の吸い込みはバキュームフェラに変わっていた。しかも、留美子は自ら激しく頭を振ると同時に、健太の腰に回していた片手に力を籠め、引き寄せると、健太に対し、イラマチオを強要するように、ぐいぐいと腰を前後させる。

留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ

(お、大っきい……。うううっ、口に入りきらない……。でも……)
留美子はさらに大きく口を開け、どうにか極限にまで膨らんだ肉棒の先端を口中に呑み込んだ。肉棒が没して、新たな刺激を加えられると、一気に容積が増した。
「あああーーーーっ。る、留美子さん……ぼ、僕、も、もう……」
健太の腰が小刻みに震えた。両足の筋肉が盛り上がる。
(来るのね、健太くん……。凄いミルクを、あなたはこの私のお口の中に、注ぎ込もうとしているのね)
そんなことを想像し、ますます股間を濡らす留美子は、健太の指に髪を掻き毟られながら、もうすぐ放たれるはずの若い精ミルクを舌で受けようと、神経を目の前の肉棒に集中させる。
「あはっ、で、出るよ。留美子さん……」
声と同時だった。健太は一際尻を激しく振ると、喉奥にまで肉棒を突き刺したままに、若い種汁を放ちはじめていた。
(ひぃぃぃーーーっ、凄い……。あああ、口の中に、健太くんの精液が、あああ、溢れる……)
肉棒の先端の孔が大きく開き、礫のような勢いの若い精ミルクが、大きく開いて健太の肉棒を咥えている口内に注がれはじめた。

舌を亀頭に纏わりつかせ、十分に発達した雁首を掃除するように何度も滑らせた

留美子は一度、健太を見上げた。健太はまだ目を瞑ったままだった。留美子はその健太の顔を見上げたままに、肉棒に近づけた口を大きく開いていた。
(ああん、入りきらない……。ああ、なんて、素敵なの……)
もう少し大きく口を開けば呑み込めたが、留美子は含みたいのを辛うじて堪えた。
(後で、ゆっくりと味わわせてね……)
口に含むかわりに、長い舌を出した。王冠部に狙いをつける。舌全体で包み込みたかった。舌を亀頭に纏わりつかせ、十分に発達した雁首を掃除するように何度も滑らせた。
「あああっ、留美子さん、す、凄い……。留美子さんが、僕のを舌で……」
目を開けて仰天している健太を見つめ、留美子は肉棒に舌を駆使しながら微笑む。じゅるっと音を立てて舐め、未練そうに肉棒から舌を離した。

苦しい息で吸引しては、頭を前後に振って幹をしゃぶった

一心不乱に舌を這わせ、頭を前後に震わす。夫に対してすら滅多にしないのに、懸命に技巧の限りを尽くす。鈴口をチロチロとついばみ、尖端のくびれ部分をねぶりまわす。苦しい息で吸引しては、頭を前後に振って幹をしゃぶった。
さっきまで毒突いていた奥寺が言葉を発しなくなっている。代わって耳に達するのは、獰猛な獣を想起させる荒い息遣いだ。奥寺の内なる昂りを息遣いからひしひしと感じ、こんな密室で性技を強制されている我が身がとてつもなく惨めに思えてくる。最悪の結末を脳裏に浮かべつつ、それでも恵里子は惨めな性奉仕をやめられない。
やがて奥寺が腰を使いはじめる。喉奥まで突きこんでは一旦引き、またググッと突きこんでくる。それも次第にピッチが速まっていく。
もはや舌を這わせる余裕もない。恵里子はただ朱唇をぽっかり開け、猛りきった男根の直撃を受け入れるだけだ。喉奥を突かれることで唾液が大量に分泌され、朱唇と男根との摩擦面を衝いてブクブクと溢れだす。息苦しさは募るばかりとなった。
恵里子の消耗を感じとった奥寺は、唐突に肉刀を引き抜いた。

れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる

射精が未遂に終わっているだけに、生温かい口腔に迎え入れられると、すぐに血液がそこに集まってくる。れろれろれろんと、舌と口腔粘膜に亀頭部を転がされ、白魚のような指に竿胴部分をしごかれる。
「千夏さん……うおっ、ど、どこで、そんなこと……」
皺袋の裏側の縫い目部分をつーっと爪先でなぞられ、背筋をくすぐったいようなやるせないような快感電流が、ゾワゾワゾワッと走った。半勃ちの肉塊が、ひと擦りされるたび、風船に空気を注入するように膨らんでいく。むずむずするような気持ちよさ、じっとしていられないやるせなさが脳に到達し、何も考えられなくなっていた。
じゅぶちゅるる、にゅちゅるるる、ぐちょん、ぶちゅん──。
薄く小さな唇を、めいっぱい占めるほど巨大化した勃起を、千夏は頬を窪ませるほど強く吸いつけてくる。「もっと大きくなって」と、ねだるような赤裸々な口淫。まさしく俊輔の子種を吸い尽くさん勢いだ。

添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた

「いいのよ。すっきりしていいの。そのためにこうして口でしてあげているのだから。私が飲んであげるわ……」
ゾクゾクするほど色っぽい上目遣いで、放出を了承する深佳。またすぐに、勃起に舞い戻った朱唇は、口腔粘膜全体でぬるぬると締めつけてくる。添えられた右手で茎胴を丹念に摩擦し、左手には睾丸を優しく揉みほぐされた。
「うううっ!も、もう射精ちゃいます!!」
熱い衝動が背筋を駆けのぼる。頭の中に閃光が走り、牡のシンボルが溶解していくのを感じた。腹筋にグイッと力を入れてトリガーを引き絞る。ぐぐぐっと肛門を閉じ、太ももやふくらはぎも痙攣せんばかりに緊張させた。

口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている

じっとしていられなくなった俊輔は、不自由ながらも腰を浮かせ、あわただしく動かしはじめた。
「おうん……俊輔くん…激しいのね……にちゅる、ずぶちゅちゅ……もう…射精ちゃいそうなのね」
抽迭のピッチが上がり、えずきそうになっても、深佳は肉塊を吐き出そうとはしない。かいがいしくも俊輔の白濁を、口で受け止めてくれるつもりなのだ。
口腔性感を突かれ発情を促されるのか、豊麗な肉体を淫らにくねらせている。白魚のような右手を、今にも自らの淫裂に導くのではと思われるほどの身悶えだった。

深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる

口腔の温もりと、ぬるりとした粘膜の快感に、俊輔は歓喜の声をあげた。
「ほふぅっ……ふむん……ひゅん輔くんのおひんひん……ちょっと苦ふて、しゅっぱひ……はむうん」
深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる。さらには、尖らせた舌先で鈴口を抉られた。
「ぐううっ、み、か…さん」
あまりの快感に俊輔はうなり声をあげながら、ぎゅぎゅっと菊座を絞った。熱い血液を肉塊に注ぎ込み、傘を一段と膨らませたのだ。その肉の柱に沿うように、深佳がゆっくりとしたストロークをはじめた。