伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする

(いくわよ、健太くん……)
留美子は目の前の肉棒に無言で語りかけ、長い舌を出し、舌先をもう一度、肉棒の先端に押し付けた。
(ああ、久しぶりだからかしら。とても美味しい……。ううっ、味が濃いわ……)
無味のはずの先走り汁が殊のほか美味に感じられる。
(ああ、私、もう、ぐしょぐしょ……。イヤだぁ、太ももをすり合わせただけで、いやらしい音が……。どうしよう……健太くんにも聞こえているかも……)
生じた羞恥心が、留美子の行動を煽った。伸ばした舌先が亀頭に絡まる。唾液が自然に湧き出て、舌の滑りをよくする。
「あああっ、留美子さん……」
(健太くん、もうイキそうなのね……。いいわ。舐めたりしゃぶったりは、この後いっぱいしてあげる……。いいのよ。好きなときに好きなだけ、留美子のお口にしぶかせて……)
留美子の舌が亀頭に纏わりついて何度も跳ねる。そのたびに、歓喜にくぐもった健太の声が頭上から降ってくる。健太の手が留美子の頭を押さえ、十本の指が乱暴に留美子の髪を掻き毟る。それに刺激され、留美子は舌でのもてなしから変化し、すぐに大口を開けて口中にいきり勃った肉棒を呑み込もうとしていた。

健太の下肢が硬直する。フェラチオの知識ぐらいは当然あるはずだった。

すっと張りつめた肉棒の先っぽに惹き込まれそうになる。数センチ顔を近づければ肉棒に触れる。先端の小さな孔から雫が滴っていた。自然に舌が出る。舌先がカメレオンのように素早く動いた。丸く膨らみ、いまにも滴り落ちそうな雫を、留美子の舌が掬い取る。
「ああっ、留美子さん……」
「気持ちよくしてあげる……。まずはお口で頂かせてね……」
健太の下肢が硬直する。フェラチオの知識ぐらいは当然あるはずだった。
「留美子さん……」
健太の腰がその期待感の大きさを如実に表していた。腰が前に突き出され、背中が後方に撓る。牡の本能だろうか。健太は空腰を使い、盛んに留美子の舌を催促しているようだった。
「健太くん、遠慮なく出していいのよ。私、最初はお口で、健太くんの精子を味わいたいの」

弱る心が恵里子を促し、気づけば舌を男根に這わせていた

「イヤよっ。もう許して。あのことは本当に謝るわ。だから……」
恵里子はすがる思いで奥寺を見上げる。
しかし答えは返らない。代わりに尖端が朱唇に突きつけられた。たまらず顔を顰め、目を伏せてしまう。だが強引に朱唇を割られ、不承不承咥えこまされる。
弱る心が恵里子を促し、気づけば舌を男根に這わせていた。吐きだしたくなるのを堪え、屈辱に身を灼きながら舐めまわす。尖端は漲りきっており、うっかりすれば口内で破裂するのではと思うほどだ。

舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる

「俊輔さん、よっぽど気持ちいいのですね。お腹の筋肉がヒクヒクしてますぅ」
ヒクついているのは、お腹ばかりではない。どこよりも、肉塊が小刻みに痙攣している。快感のあまり菊座をぎゅっと絞るため、勃起肉がぷるるるっと跳ねるのだ。
そんな俊輔の反応を的確に判断しながら睾丸愛撫が続けられる。舌先に裏筋を舐められ、陰嚢を頬張られ、肉竿を手指にしごかれる。二重三重の快感が、俊輔の下腹部で混じり合い、ついつい悲鳴をあげていた。

ぼろりと零れ出た陰茎に、薄い舌をチロリと伸ばした朱唇が、何ら躊躇うことなく寄せられた

すらりとした女体が、腕をくぐり抜け、しなやかに前方に折れ曲がる。俊輔の下半身にしなだれかかり、浴衣の裾をくつろげてパンツをずり下げはじめるのだ。
「えっ?千夏さん?」
これには俊輔も驚いた。先ほどの深佳との一件を気づかれたかとひやひやしているところに突然の告白を受け、しかも深佳への嫉妬も露わに甘い奉仕を仕掛けられたのだから。
ぼろりと零れ出た陰茎に、薄い舌をチロリと伸ばした朱唇が、何ら躊躇うことなく寄せられた。

深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる

口腔の温もりと、ぬるりとした粘膜の快感に、俊輔は歓喜の声をあげた。
「ほふぅっ……ふむん……ひゅん輔くんのおひんひん……ちょっと苦ふて、しゅっぱひ……はむうん」
深佳は大きく一度息を継ぎ、唇をすぼめるようにして肉腹を締めつけてくる。さらには、尖らせた舌先で鈴口を抉られた。
「ぐううっ、み、か…さん」
あまりの快感に俊輔はうなり声をあげながら、ぎゅぎゅっと菊座を絞った。熱い血液を肉塊に注ぎ込み、傘を一段と膨らませたのだ。その肉の柱に沿うように、深佳がゆっくりとしたストロークをはじめた。

静子先生はいきなり口を大きく開き、亀頭全体を口に含んだ

彩海のフェラチオは、亀頭に軽いキスをくりかえしたり、舌を伸ばして舐めたりしてくれる。静子先生はいきなり口を大きく開き、亀頭全体を口に含んだ。
「んんふふう!」
唇の両端から、満足げな息が大きくあふれ、大量の唾液が流れ落ちる。口内で舌が巻きつき、亀頭のすみずみまで舐めまわしている。

ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる

彩海の舌が、亀頭から肉の幹へと下りた。ますますそりかえる勃起の裏側の尿道のふくらみに沿って、唾液をたっぷりと乗せた舌を這わせる。両手はシーツから離して、睾丸をそっと包み、やわやわと揉みほぐす。口と手の両面攻撃を食らって、尚樹は自分でも驚愕ものの短時間で、溜まっていた精液を決壊させた。

尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた

「よかったわ。わたしも痛いのは苦手なの。好きなのは、恥ずかしいエッチよ」
尚樹へ向けた四つん這いの豊尻をうねうねとくねらせて、彩海は微笑みながらまた亀頭に舌を這わせた。
ぴちゃぴちゃという舌音とともに、尿意の迫る男根にじっとりと快感が染み入ってきて、尚樹はたまらず腰を浮かせる。

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた

彩海は笑顔のままの美貌を、尚樹の股間に近づけて、精液まみれの亀頭に唇をつけた。射精したばかりでまだ敏感な亀頭に、快感の電流が走りまわる。それこそ、ついさっき尚樹のどこかへ飛んでいた意識を現実に引きもどした快感だった。
口だけでなく、彩海の右手が肉幹を握り、左手が睾丸を包んだ。それぞれ、硬い棹を上下にしごき、やわらかい二つの玉をくしゃくしゃと揉む。唇からは舌が伸びて、亀頭についた体液をペロペロと舐め取る。
三か所の異なる刺激が渾然一体となって、尚樹はたまらずバスタブの上で裸の尻を前後左右にくねらせてしまう。