花穂子の乳房を掴み、揉み立ててきた

      

彩香が切れ長の瞳を薄くして、微笑む。花穂子の乳房を掴み、揉み立ててきた。縄で括り出されているため、指刺激がいつも以上に染みる。 (二人に責め立てられている) 妹と息子が、同時に女体を追い立ててくる。倒…

妹の指がはしたなく屹立した女の肉芽を摘む

      

「いい声を出すのよ、お姉さん」 妹の指がはしたなく屹立した女の肉芽を摘む。包皮を剥きだし、過敏な内側を捏ね回した。 「あ、あうっ、だめっ、そんなにされたら……ああんっ」 未亡人は泣き啜った。縛られた腕…