熟れた臀肉を両手で鷲づかみにして、揉み込んだ

      

佑二は手錠にふれていた手をすべり落とし、女の丸い尻たぶにさわってきた。熟れた臀肉を両手で鷲づかみにして、揉み込んだ。 「あ、あんッ」 「奥さまのヒップ、すべすべですね。おっぱいと同じで、ここもさわって…

花穂子の左右の両手首は重なるように固定される

      

花穂子は振り返って叱責した。それを無視して、妹は細工を続ける。手首に硬いベルト状の物を巻きつけていた。ジャラジャラと鎖のような金属音が聞こえた。 「て、手錠なの?」 花穂子の左右の両手首は重なるように…