胸からブラを浮かせると乳房がカップからこぼれ、途端に熱い視線を強烈に意識してしまう

「ほれ、早くブラジャーを取れ。早くチチを見せんか。さもないと毟りとるぞ」
息巻く村松に気圧されて、靖代の細い腕がスポーツブラにかけられた。胸からブラを浮かせると乳房がカップからこぼれ、途端に熱い視線を強烈に意識してしまう。それでもすすりあげながら頭から脱いだ。羞恥が一瞬に頂点に達し、再び両腕で胸の前を覆い隠した。

ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た

作業をする手指に背筋をくすぐられ、またしてもぞくぞくっと淫波が駆け抜ける。
「ああっ……」
切ない吐息に、ホックが外れる音が重なった。ほぼ同時に、窮屈に押し込められていたまろやかな半球が、ばいんと迫力たっぷりに零れ出た。
開放された乳房は、下乳の丸みが、たっぷんと揺れ、熟れ頃も極まったように深い谷間が左右に開いた。だらしなく流れるのではなく、張りつめた乳肌が支えとなって、ぶにゅんぶにゅん下がっては持ちあがり、愛しい人を悩殺する。
「あん!」
開放感に包まれながらも、深佳は反射的に胸を押さえた。
完熟に追熟まで重ねた膨らみは、腕の形にやわらかく撓む。自分で押さえていても、そのふわふわの感触が心地良い。どこもかしこもが男を悦ばせる肉体に仕上がっていることが、恥ずかしくもあり、誇らしくもあった。

86センチの美巨乳が内側からド派手に張りつめ、ブラウスの前合わせを今にも弾き飛ばしそうな危うい状況に放置された

俊輔の手指が青いブラウスの前ボタンに及んだ。フリルの中央を飾る貝殻でできたボタンが、下から順にぷっ、ぷっと小気味よく外されていく。
第三ボタンだけをわざと残して、他のボタンが全て外されると、86センチの美巨乳が内側からド派手に張りつめ、ブラウスの前合わせを今にも弾き飛ばしそうな危うい状況に放置された。
間近にあった喉元が、ごくりと生唾を呑み込んだ。
Eカップには届かないもののDカップではきつすぎる丸みは、ボリュームたっぷりに布地を突きあげ、その存在感だけで俊輔を挑発してしまう。マッシブな質感は、わずかに身じろぎするだけでも、悩ましくユッサ、ユッサと揺れてしまうのだ。
「さあ、このボタンも外すね」
上ずり気味の声に、深佳は羞恥を募らせながらも、小さくコクリと頷いた。
番えていた最後の小さな貝殻ボタンを外されると、張りつめた布地は豊かに盛り上がった肉塊の弾力ではじけ飛んだ。
ブラウスが割り開かれると、きつく押し込められていた男を惑わせる半球が、ぼんとばかりに零れ出た。「あっ……」覚悟を決めていても開放されてしまうと、やはり声が出てしまう。

ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた

プッツ──。
生温かい口腔内の感触に鳥肌を立てながら、俊輔はホックを外すことに成功した。ぶるんと音を立てて乳房が解放され、下乳の丸みがたっぷんと重く揺れ、深い谷間が左右に開いた。
「ああっ……」
再び寧々が、小さな悲鳴をあげた。反射的に胸元を隠そうと、両腕が舞い戻ってくる。目の前で交差された両腕に圧迫されて撓む乳房。細い手首が埋まりそうなほどのやわらかさに、思わず俊輔は舌を巻いた。ブラジャーが作りだしていた谷間より、さらに深い谷間は、感動的ですらある。

同時に、ブルンと震えながら乳房が露わになった

昂奮してきた俊輔は、彼女の手首を捕まえた。置かれていた胸元から引き剥がすと、その勢いでまたしてもタオル生地がはらりと落ちた。
「きゃあぁっ!!」
絹を裂くような悲鳴が朱唇から漏れた。同時に、ブルンと震えながら乳房が露わになった。

白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した

身悶えるナース服の前ボタンをもどかしい思いで一つずつ外し、襟前をグイッと割り開いて素肌を露出させた。
白衣に押し込められていた膨らみは、きつい軛から放たれた刹那、ぶるんと空気を震わせるようにして飛び出した。その美しさに息を呑みながらも俊輔はショーツとおそろいの、目にも鮮やかな深紅のブラジャーを半ば強引にずり上げ、乳房をはだけさせた。
支えなどまるで必要としないロケットおっぱいは、一刻だけその重さで下方にぐいんと垂れたが、またすぐに乳肌が張りつめたところで、ふるんとせり上がった。張り艶ともに申し分のない肉房を恭しく下乳からすくい取ると、そのすべすべつるつるの感触を愉しみつつ、きゅっきゅっと揉みあげる。

ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ

「千夏さんのおっぱい……きれいだぁ」
ブラジャーの支えを失っても、グンと前に突き出たロケットおっぱいは、どこまでも挑発的で迫力たっぷりだ。水を弾くほどのピチピチ肌が、それを実現しているのだろう。
ミルク色の乳肌は、しっとりと肌理が細かく、ぴかぴかの光沢を帯びている。
薄紅の乳暈はきれいに円を描き、乳首はツンと上向いて、気高い品性すら感じられた。全体に、いかにも瑞々しく、ぎゅっと絞れば果汁がたっぷり滴りそうな乳房だった。

美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた

震える手をまろやかな背筋に滑らせ、ブラジャーのホックを指先で探る。けれどそれは、初めてではないにしても慣れない俊輔には、難しい作業だった。乳房見たさに、気がはやるばかりで思うに外せない。
「焦らなくても大丈夫ですよ。指先で、摘むようにしてください……」
掠れ気味の優しい声が耳元で囁く。しなやかな腕が首筋に巻きつき、頭の中をやわらかくかきむしられる。何度か指を滑らせたり失敗を繰り返したりするうち、ふいにプツッと音がしてブラが撓んだ。
(やった!)
俊輔にしがみつく女体をゆっくりと引き剥がし、膨らみに視線を落とす。美しいまろみがブラカップを載せたまま、たゆとうように揺れていた。

ライトグレイの鎧が破れて、中から白いブラウスを盛り上げる魅惑の巨乳が出現する

意を決して、スーツの上からひとつ目と二つ目のボタンをはずして、左右に広げた。ライトグレイの鎧が破れて、中から白いブラウスを盛り上げる魅惑の巨乳が出現する。
「あっ、あああ……」
下着を見られたわけでないのに、女教師の息づかいがさらに熱くなり、粘つきを見せた。
赤いロープで自由を奪われた上に、普段は隠しているバストの量感をさらした静子先生の姿態は、生徒の頭を煮立たせ、股間に猛烈な勢いで血液を集めさせる。