ノーブラの肉乳はロケット砲のように前に突き出し、くびれた腰から一気にその存在を示す臀部の熟れきった女の曲線が、いやでも目に入ってくる

健太は義母が淹れてくれたコーヒーを口にしながら、再び妄想を逞しくしている。義母もコーヒーを飲みながら、時折、健太の顔を見つめてはため息を繰り返す。それがとても艶めかしい。
肩までのほんの少しカールした髪の光沢が美しい。サマーセーター越しの、ノーブラの肉乳はロケット砲のように前に突き出し、くびれた腰から一気にその存在を示す臀部の熟れきった女の曲線が、いやでも目に入ってくる。
(ママ、僕、このままじゃ、やばいよ。だめだよ。ごめんね、ママ……。僕、早く部屋に行き、ママの体を想像して、オナニーしたい……)
留美子や咲枝以上に魅惑的な、理想の女が目の前にいる。しかし、その相手は義母……。健太は居たたまれずに立ち上がる。

メロンのような二つの乳房が、義母が体を動かすたびに、これ見よがしに揺れる

引き寄せる義母の手の力がじんわりと健太の肌を刺激する。午前九時になったばかりだった。朝から陽が照り付け、外はすでに汗が滲むほどに暑い。
(ママの体の線が……)
特別な装いをしているのではなかった。いつも家で着ている、ベージュの半袖のサマーセーターと、薄紺のタイトな、膝上までのミニスカートだったが、昨夜の留美子から、ついさっき路上であった咲枝と、ずっと美熟女の体の曲線に目を奪われ続けているせいか、今朝の義母の起伏に富んだ体の曲線は、健太の目を刺激して余りある。
(留美子さんも咲枝さんも素敵だけれど、こうしてママを間近で見ると、あの二人が色褪せて見える……。ああ、やっぱり、ママが最高……)
リビングに誘う義母の後ろ姿は、歩くたびに艶めかしく揺れ動き、健太から落ち着きを奪う。
(えっ!?ママ、ブラジャー、して、ない?)
そんな気がして目を凝らす。サマーセーターの生地は極薄だった。普通なら、後ろ姿でも、豊満すぎる肉乳を包んだブラジャーの紐が背中に確認できるはずだった。
(嘘……。ママ、ブラジャー、してないよ……)
そう思えば、玄関のドアを開けてくれた義母の胸が、いつもより大きく前に迫り出し、衣類越しにたわわな形が垣間見えたことを思い出す。ずっと勃起状態にある健太の肉棒は、ま

豊かな乳房が支えのない状態で、シースルーのベールに透ける姿

さすがの俊輔も、寧々のその大胆な格好には驚かされた。薄布の羽衣だけを羽織り、その下には白衣はおろか、襦袢も下着も身に着けていないのだ。豊かな乳房が支えのない状態で、シースルーのベールに透ける姿は、その美しさを際立てる一方で、凄まじいほどエロティックな眺めだった。しかも、下半身にはきちんと緋袴を穿いているため、アンバランスに扇情的なのだ。

布がぺったりと胸に貼りつき、ブラジャーを着けていない豊乳の満々とした輪郭をきれいに描いている

冷たいシャワーを浴びせられて、彩海は少女のように黄色い声をあげ、ボリュームたっぷりのバストを弾ませて逃げまわっている。
少年の手でびしょ濡れにされた人妻の上半身は、白いTシャツだけだ。布がぺったりと胸に貼りつき、ブラジャーを着けていない豊乳の満々とした輪郭をきれいに描いている。半透明のTシャツの先端には、二つの乳首と乳輪がぽっちりと浮き出ていた。淡いピンク色が白地に美しくにじみ、かわいいアクセントとなっている。

左右の十本の指で、白い星を歪ませる胸の大きな隆起を、布の上からつかむ

「今日は、尚樹くんに、彩海の胸をいっぱいもてあそんでほしいわ」
尚樹は尻たぶをつかんでいた両手を離して、勢いをつけて立ち上がった。左右の十本の指で、白い星を歪ませる胸の大きな隆起を、布の上からつかむ。指は赤い布に深く潜り、乳房の柔肉に押し包まれた。
「彩海さん、ブラジャーを着けてないんだ!」

下には黒のショーツを穿いているが、ブラジャーはつけておらず、形の良い乳房が丸出しだった

彩香の手が花穂子の肩にふれた。花穂子は面を上げた。妹はいつの間にかワンピースを脱ぎ落としていた。下には黒のショーツを穿いているが、ブラジャーはつけておらず、形の良い乳房が丸出しだった。彩香もベッドの上に上がって、縛られた花穂子の身体を抱き留める。

(あっ、ノーブラ)真っ白な乳房がいきなり現れ出て、佑二は驚きの顔を作った

ナース服の前ボタンを外して、前をはだける。(あっ、ノーブラ)真っ白な乳房がいきなり現れ出て、佑二は驚きの顔を作った。
(彩香さん、ブラジャーをつけてなかったんだ。だからさっき、手触りが生々しかったんだ)
「なにびっくりした顔をしているの?ポチッと浮いてた乳首に気づいてなかったの。きみの目は、ママにばかり向けられているんだから」
彩香の手が佑二の手を取る。自身の胸へと引っ張り、さわらせた。

おまけに彩香さん、おっぱい、ノーブラだよね

(おまけに彩香さん、おっぱい、ノーブラだよね)
本邸から離れへと移動する間に、彩香は隙を見てブラジャーを取り去ったらしく、背にぴたりと当たる胸の感触が生々しかった。二十六歳の張りのあるボリュームは、温かみを持って背に迫ってくる。
(奥さまの大きなおっぱいで背中を洗ってもらって、今度は彩香さんのぷるぷるおっぱいが擦りついてる)
三十四歳とは異なるやわらかさや弾力を、佑二は背中越しに噛み締め、ため息をついた。女体の至福とも言えるやわらかさ、そして漂う甘い香水と肌の匂いは少年の欲情を誘ってやまない。ペニスはジンジンといきり立つ。