うわぁ、あのおっぱいに、僕のを挟んでみたい……

      

バスタオルを手に、しゃがんだ留美子の肉乳に目がいく。 (改めて見ると、やわらかそうで、大きい……。うわぁ、あのおっぱいに、僕のを挟んでみたい……。留美子さん、お願いすれば、きっと、してくれる……) 想…

我ながら育ち過ぎと思う乳房が、陽光に艶光る

      

口惜しい素振りで身を捩りながらも、彼の望み通りに胸元の手指を解いた。我ながら育ち過ぎと思う乳房が、陽光に艶光る。薄茶色に黄色みがかった乳暈は、光を浴びると黄金色にも見紛うばかりの彩りだ。

寧々、おっぱい、見せてよ

      

「寧々、おっぱい、見せてよ」 華奢な手首を捕まえると、さほど力を入れずとも、両腕は左右に分かれていった。 支えを失ったマッシブな質感は、再び下方に悩ましく揺れてから、張りつめた乳肌にふるんと逆方向に戻…