しかし貴和子の驚くほど豊かな胸に顔を埋められ

      

広海は戸惑いながら、しかし貴和子の驚くほど豊かな胸に顔を埋められ、そのやさしい匂いを鼻孔いっぱいに吸い込むと、まだ傷も生々しい心が不思議なほど癒えていくのを感じていた。早く離れなければ、と思いながら、…

再び乳房の塊に顔を埋められ、押しつけられながら

      

あかりはそう叫ぶと、自分から広海に覆い被さり、抱きしめる。 「ぅぷぁ!あかりさ、んっ!」 再び乳房の塊に顔を埋められ、押しつけられながら、広海はまだ膣内深く埋まったままの肉棒を、あかりの膣洞がキュッ、…