Cカップ、といったところだろうか。母親の貴和子のHカップに較べればずいぶん小さい。が、それが彩菜らしくもある

そのうえ、広海は彩菜のセーラー服の上着をたくしあげると、ブラのスナップを背中で外してしまう。たまたま肩のストラップのないタイプだったせいで、ブラはそのまま落ちて、彩菜の裸の胸が露わになる。すぐに広海の手が伸びて、バストの膨らみをふたつとも、両手でいっきにすくい上げた。
「ぁぁ、ん!」
きれいなお椀型を描いた彩菜の乳房。いまは上体を倒した下向きになっているせいでボリュームを増しているが、ちょうど手のひらにすっぽりと収まるサイズ。Cカップ、といったところだろうか。母親の貴和子のHカップに較べればずいぶん小さい。が、それが彩菜らしくもある。

その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた

身体の中から激しく突き上げられて、彩菜はマットの上をじょじょにずり上がってしまう。動かないよう広海は、その肩を押さえなくてはならないほどだ。ひと突きごとにぶち当たる股間は、彩菜の肌を波打たせ、その波は小ぶりながら形のいい乳房までも揺れ乱れさせた。

膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く

(あれが彩菜の……裸)
スレンダーな背中からヒップだった。肩甲骨など、くっきりと鋭角的に浮き出ている。肩も腰もまだ角があって、ヒップも薄い。大げさに言うと少年の裸身に近かった。
それでも、高校二年という時期は、彩菜の裸身にゆっくりと新たなベールを加えていく、その過程のようだった。その証拠に、スレンダーながら思った以上の実りを見せるバスト。まだまだ青い果実の堅さを感じさせるフォルムを描いている。
彩菜はバスマットに直接膝をつくと、カランから洗い桶に湯を取って、手ぬぐいを浸していく。膝立ちになると、ヒップの上端に浮かんだエクボがなんとも若々しく、目を惹く。

志穂の巨乳とは較べようもないが、決して貧乳ではなかった

生まれて初めて目にした生の肉房に生唾を呑む慎也。
志穂の巨乳とは較べようもないが、決して貧乳ではなかった。尻の大きさからすれば確かにアンバランスではあるものの、ブロンズ色の乳暈も小さく品があり、乳首もツンッと上向きで、素直に美しいと思える乳房だった。

ファスナーをおろし、両手で尻を撫でつけるようにパンツを脱いでゆく

「いいわ。私が元気にしてあげる」
こそばゆそうに腰をくねらせ、義母の手を押さえつけてくる息子に妖しげな微笑みを投げかけると、加南子はベッドから腰をあげ、慎也の前に立った。
抒情的な流し目を投げかけながら、キャミソールを脱ぎ捨てる。あげ底ブラで作られたCカップの胸をひけらかし、ストレートパンツのウエストボタンをはずす。
「ほぉら、見たかったんでしょう?私のパンティを……」
ファスナーをおろし、両手で尻を撫でつけるようにパンツを脱いでゆく。
今日の一枚は艶やかなシルクタッチの素材で作られた、ヒップの丸みを際立たせる美尻ショーツだ。フロントは華やかなレースに彩られ、薄い生地の表面にはほんのりとヘアが透けており、実用性ばかりではなく女の色香をも上品に演出している。

安産タイプの腰づきや、尻の大きさがやたらと強調されてしまうのだ

ファッションモデルやグラビアアイドルを理想とするなら、加南子のスタイルはそれらの女性に遠く及ばないだろう。巨乳全盛の今にあってはバストはかなり貧弱だし、日本人女性に見られがちな、下半身が太めの体型をしている。平均体重からすれば痩せ型なのだが、ウエストが引き締まっていることもあり、安産タイプの腰づきや、尻の大きさがやたらと強調されてしまうのだ。そのことは加南子自身も気にしている様子で、どうにかしてヒップを小さくできないものかと、通信販売で器具を買い漁り、様々なシェイプアップを実践している。

胸の膨らみは、手のひらにちょうど収まる大きさだろうか

少女の生活が垣間見えた気がして髪から視線を外すと、今度は滑らかな肩から背中、尻、しなやかなボディラインが目に飛び込んでくる。肌はさすがに若さに溢れて湯を弾き、健康的な色気を放っていた。胸の膨らみは、手のひらにちょうど収まる大きさだろうか──。