熟女特有のやわらかさ、極上の手触り、それでいて張りとサイズはピチピチのグラビアアイドル並みなのだ

「んんっ、あ、あぁ、あん、ああん……だめ、おっぱい破裂しちゃいそう……」
甘い呻き、悩殺的な女体のくねり。美しく整った理知的な美貌が、はしたなくよがり崩れるのだからたまらない。殺人的なまでの色っぽさに、早くも俊輔は、射精してしまいそうなやるせなさを感じていた。
(なんてデカさ!なんてボリューム!!ずっしり重いくせに手触りなんかホイップクリームみたいにふわふわだよ!こんなにやわらかいのに、びっちり張ってるし……揉んでいるだけで、射精できちゃいそうだ)
熟女特有のやわらかさ、極上の手触り、それでいて張りとサイズはピチピチのグラビアアイドル並みなのだ。

指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる

「ああ、ダメですぅっ、これ以上敏感にさせちゃいやぁっ」
下乳に辿りついた手指を、その根元からツンと尖った頂点まで、ずずずずずっとなぞりあげる。指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる。途端に、ロケット美乳がブルンと震え、さらに尖りを増した。

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」

寝そべってもそそり立つおっぱいに、舌の表面をべったりと付け、下乳からその頂点まで、ずずずずっと一気に舐めあげた

(そうだよ。このほくろが何よりの証拠だ……)
そう思い直し、右乳のほくろにぶちゅりと唇を寄せた。乳臭い甘さと微かな汗の成分が、口いっぱいに広がる。
レロレロとほくろを舌先でくすぐった後、ちゅちゅっと乳丘にキスの雨を降らす。
「ひあ、あぁっ!」
寝そべってもそそり立つおっぱいに、舌の表面をべったりと付け、下乳からその頂点まで、ずずずずっと一気に舐めあげた。乳肌の甘い官能成分を、こそぎ取る勢いだ。
「はうんっ……んんっ、ん……っく、ふうんっ」
紙一枚ほどの薄い被膜に盛り上がった乳暈に達すると、また下乳の付け根に戻り、べろ表面での舐めあげを繰り返す。
温められたゼリーのような、ふるふるふんわりは、驚くほど甘い。その乳肌に涎の跡を残し、隣の頂に谷渡りして、同様に舐めあげた。

征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる

そんな俊輔に、寧々がいよいよ顔を真っ赤にさせて、消え入るような声で返事をした。その殺人的なまでの可愛らしさ。年上の女性をいじめる悦び。征服感にも似た倒錯した思いに酔いながら、彼女の背中に手を回し、ブラのホックを外しにかかる。大きなゴムまりのような弾力が、胸板に心地よくあたっている。
間近の美貌を、じっくり見つめてやると、困ったように目を伏せる寧々。あまりに可憐なその仕草に、ホックを探りながらぶちゅっと唇を奪った。

小玉のメロンほどもありそうな巨乳が、下乳から支えられるようにして抱かれている

無言で焚き火にあたりながらも俊輔は、視線だけを動かし、彼女の様子を盗み見た。何度もチラ見するうちに、だんだん視線は魅惑の胸元に吸い寄せられてしまう。小玉のメロンほどもありそうな巨乳が、下乳から支えられるようにして抱かれているため、その迫力たるや特大マシュマロのような深佳の乳房に勝るとも劣らない。

ド迫力に盛り上がり、しかも感動的なまでに完璧な丸みがぶりんと前に突き出して左右に揺れていた

透明な煌めきを放つバージンスノーのような白肌が、そこだけド迫力に盛り上がり、しかも感動的なまでに完璧な丸みがぶりんと前に突き出して左右に揺れていた。さらに印象的だったのは、乳輪の小ささと色のきれいさだ。誰にも触れさせていないであろう薄紅は、可憐にも萌蕾を埋もれさせていた。それがまるで「恥ずかしい」と訴えているようで、男心をこの上なく刺激するのだ。
あわててタオルを拾い上げ、再び女体に巻きつける寧々。さすがに見られはしなかったかと、俊輔の様子を探っている。大急ぎで目を瞑った俊輔は、あぶなかったと内心につぶやいた。

絶望的なほどに魅力に満ちた胸元は、その淑やかな様子に似合わず、ずっしりと思いマスクメロンが二つ吊るされているようなボリュームなのだ

俊輔は、あわてて目を瞑った。けれど、一度覗き見たその悩殺フォルムは、瞼の裏にしっかりと焼きつき、容易に消え去ろうとしない。
絶望的なほどに魅力に満ちた胸元は、その淑やかな様子に似合わず、ずっしりと思いマスクメロンが二つ吊るされているようなボリュームなのだ。
(ああ、だめだ。タオルビキニ、もう一度見たい。ちょっとだけ……)
俊輔は申し訳なさそうに、片目だけ開けて、寧々の悩ましい姿を盗み見た。
すると、神様がうれしい奇跡を起こしてくれた。
寧々の胸元を覆うにはあまりに小さすぎるタオルビキニが、一生懸命さが災いして、はらりと落ちてしまったのだ。

ことさら寧々を恥じ入らせるのは、量感たっぷりの乳房だった

謝りながらも俊輔は、一向に寧々から目を離せない。
悩ましくも、むっちりとした肉づきをほとんど透けさせている。ことさら寧々を恥じ入らせるのは、量感たっぷりの乳房だった。大きな鏡モチに、濡れ布巾を被せたような眺めなのだ。しかも、薄く白い布地は、乳首のありかまで透けさせているような気がした。あるいは寒さのため、きゅっと肉締まりして、図らずも甘勃ちさせているのかもしれない。