乳房は、そのたび奥寺の掌からスルリと逃げた

小ぶりな乳房を奥寺は掌中に握った。充分な感触を得たくて、幾度も根元から搾りたてる。乳房は、そのたび奥寺の掌からスルリと逃げた。もどかしさにまた搾りたてる。やっと捕捉すると、息を荒らげて食らいついた。

いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた

念を押すように奥寺が乳房を揉みまわす。ねちっこい手つきでゆっくり円を描き、また一回転ごとにグイッ、グイッと力を入れ直して揉んでいく。いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた。
「あううっ……く、くううっ……」
生で握ったあとも、奥寺は同様に揉みまわしていく。しかも揉みつつ指間に挟んだ乳首をつぶれんほどに絞り立てた。普段よりはるかに敏感になっている乳首である。微痛と快感がないまぜになった妖しい感覚が、比佐子の官能を徐々に侵した。その感覚は奥寺が乳首を口に咥えて吸着した瞬間、幾倍にも増幅して体内を駆け抜けた。
「ひいいいっ!……んぐぐっ……は、はあっ……助けてっ……も、もげちゃうっ……もげるううっ……」

ぽってりと大きめの乳首を細かく魔指でいびりつつ、胸全体をゆっくり揉みまわしていく

後ろから髪をつかんでグラグラと揺さぶると、たまらず比佐子は歯噛みした。
奥寺は背後から手をまわして、下向きの乳房をすくいあげた。すっぽりと包みこみ、左右それぞれ人差し指と中指の間に乳首をはさむ。ぽってりと大きめの乳首を細かく魔指でいびりつつ、胸全体をゆっくり揉みまわしていく。
石原比佐子の尻を犯している、また比佐子が屈辱に呻吟しているという事実だけで、射精への衝動が幾度も先走りそうになった。が、こらえて肉刀を突きあげながら乳房を揉みまわし、乳首をいびりまわす。

これまで尻にばかり目を奪われていたが、なんともリビドーを誘う人妻の巨乳である

「あっ。イヤんっ。放してっ。放してよっ」
比佐子が身を揺らす。量感たっぷりの乳房が掌中でゆらゆらとたゆたう。乳首が掌上でコロコロと転がる。これまで尻にばかり目を奪われていたが、なんともリビドーを誘う人妻の巨乳である。たまらず渾身の力で握りしめた。
「あっ、ああっ。さわらないでっ」
かまわず奥寺は五指を大きく開き、巨乳をがっちり捕捉した。それから餅を捏ねるような粘っこい手つきでねっとりと揉みほぐす。あるいは軽く手に乗せて弾ませてやる。後ろ手の比佐子は悔しそうに唇を噛み、眉間に皺を刻みながらも、結局はされるがままだ。乳首をつまんでひねりあげた途端、泣きを入れるように奇声を発した。
「あ、ひっ、ひいいいっ!」

椅子の横に陣取った寧々が、両手で美巨乳をすくい、たぷん、たぷん弄んでいる

「あん、そんないきなり……ああ、寧々さんまで……」
椅子の横に陣取った寧々が、両手で美巨乳をすくい、たぷん、たぷん弄んでいる。
「あぁ、姫さまのおっぱいって、やっぱりすごく大きいのですね」
ちょっぴり悔しげにつぶやく寧々の乳房も、深佳と比較するとそう変わらない。充分にマッシブで、谷間の深さは目を見張るほどだ。
「ね、寧々さんだって、大きいじゃない……。ん、あぁん……そ、それに私よりも張りがぁ……ああん」
寧々の乳房への愛撫には、同性ならではのものがある。副乳のあたりにまで中指をあてがい、掌全体を波立たせるように刺激を加えている。早くも甘勃ちしはじめた乳首を、掌底に擦りつけ、火照りを促していた。

わんわんと乳首がわなないたかと思うと、びくびくびくんと派手に背筋を震わせて気をやる

熱い掌に背筋をつーっと掃かれ、びくんと背筋を震わせ絶頂を迎える。太もものやわらかい内側をすすっと撫でられ、ひくひくっと内ももが痙攣し昇り詰める。密着させた身体の間に手指が挿し込まれ、乳房をきゅきゅっと揉み潰される。わんわんと乳首がわなないたかと思うと、びくびくびくんと派手に背筋を震わせて気をやる。もう何をされてもイキ恥を晒すしかなかった。

シルクのように滑らかな乳肌を、親指と人差し指の股の部分でしごきあげた

「ほらほら、張りが上がった。掌の中できゅうきゅうと張りつめているよ。乳肌に鳥肌立って、乳首のポツポツも浮き出てきた」
そろそろ頃合いと見定めた俊輔は、シルクのように滑らかな乳肌を、親指と人差し指の股の部分でしごきあげた。
肉丘に浮いた汗粒を削ぎ落としつつ、昂る激情を掌から熱く伝える。すると乳房は、さらにその内圧を高め、ぷりぷりぷりっと音を立てるように盛り上がるのだった。

指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる

「ああ、ダメですぅっ、これ以上敏感にさせちゃいやぁっ」
下乳に辿りついた手指を、その根元からツンと尖った頂点まで、ずずずずずっとなぞりあげる。指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる。途端に、ロケット美乳がブルンと震え、さらに尖りを増した。