メロンのような二つの乳房が、義母が体を動かすたびに、これ見よがしに揺れる

引き寄せる義母の手の力がじんわりと健太の肌を刺激する。午前九時になったばかりだった。朝から陽が照り付け、外はすでに汗が滲むほどに暑い。
(ママの体の線が……)
特別な装いをしているのではなかった。いつも家で着ている、ベージュの半袖のサマーセーターと、薄紺のタイトな、膝上までのミニスカートだったが、昨夜の留美子から、ついさっき路上であった咲枝と、ずっと美熟女の体の曲線に目を奪われ続けているせいか、今朝の義母の起伏に富んだ体の曲線は、健太の目を刺激して余りある。
(留美子さんも咲枝さんも素敵だけれど、こうしてママを間近で見ると、あの二人が色褪せて見える……。ああ、やっぱり、ママが最高……)
リビングに誘う義母の後ろ姿は、歩くたびに艶めかしく揺れ動き、健太から落ち着きを奪う。
(えっ!?ママ、ブラジャー、して、ない?)
そんな気がして目を凝らす。サマーセーターの生地は極薄だった。普通なら、後ろ姿でも、豊満すぎる肉乳を包んだブラジャーの紐が背中に確認できるはずだった。
(嘘……。ママ、ブラジャー、してないよ……)
そう思えば、玄関のドアを開けてくれた義母の胸が、いつもより大きく前に迫り出し、衣類越しにたわわな形が垣間見えたことを思い出す。ずっと勃起状態にある健太の肉棒は、ま

あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……

(夢、みたいだ……。島でも一、二を争う人気の、色っぽい未亡人に二日も続けて誘われるなんて……)
健太は自分に与えられている幸運に、素直に感謝し、受け入れようとしていた。
(咲枝さんの後ろ姿……。たまらないよ……。あの発達したお尻……。それに、留美子さんにも勝るとも劣らない、あの、大きなおっぱい……)
健太は束の間、咲枝の起伏に富んだ後ろ姿を見続けていた。
そんな健太の目を意識したように、咲枝は一度振り返って手を振る。その瞬間、上半身を艶めかしく捩ったときの咲枝の揺れる胸の辺りを凝視しながら、健太はぎこちなく手を振り返し、義母が心配顔で待っているはずの自宅へと歩きはじめた。

すぐ間近で揺れる、たわわな留美子の肉乳の誘惑に、萎える間もなく肉棒は隆々としていた

「さぁ、おちん×ん、汚れたでしょう。洗ってあげるわ……」
留美子は若い精液にまみれた下腹もそのままに、健太の手をひいて浴槽を出る。
(凄いわ、健太くんったら。こんなにたくさん放ったのに勃起したままなんて……)
股間を隠すことも忘れて、射精してしまった現実に悄然としている健太ではあったが、すぐ間近で揺れる、たわわな留美子の肉乳の誘惑に、萎える間もなく肉棒は隆々としていた。その威容は、留美子の目を捉えて放さなかった。

「健太くん、私が、いい、って言うまで、目を瞑っててくれるかしら……」
健太は肉棒全体をヒクつかせながら頷き、素直に目を瞑り、顔を上方に向けた。
留美子が肉棒を手のひらに乗せた瞬間、「あぅっ!?」という驚きの声とともに、健太の尻朶が小刻みに震える。それでも健太は目を開けなかった。
(嘘……こ、こんなにも大きいなんて……。それに、この強靭な反り具合……。ああ、もうすぐ、これを受け入れるのね……)
留美子は我を忘れそうになるのを辛うじて堪えていた。王冠部がレモンのように膨らみ、雁首の溝が深く、その分、鰓が突出するように張り出している。
(ああん、こんな鰓で中を擦られたら、襞が削げそう……)

下からユッサユッサとすくいあげたり、ギュギュッときつく握りこんだり、あるいは粘っこく回し揉んだりを欲望のままに繰りかえした

これほど上等の若妻を易々と手放してなるものか、とみずからに言い聞かせ、奥寺は靖代の乳房を背後からすくいあげた。村松が女体を支えてくれているので、立位にもかかわらずそんな芸当が楽に可能なのである。
スラストを継続しつつ乳房をそっと包みこむと、掌中で躍った。乳首が手の腹に当たり、それがひどく心地よい。ギュッと握りこめば、あまりの量感と弾力に、思わず精が迸りそうになった。奥寺は下からユッサユッサとすくいあげたり、ギュギュッときつく握りこんだり、あるいは粘っこく回し揉んだりを欲望のままに繰りかえした。

上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする

村松はひとしきり揉みまわし、息が切れるまで吸いまわしたのち、ひろげた掌に量感たっぷりの乳房を乗せ、下からタプタプと揺らしだした。揺らせば揺らすほどに、次第に振幅は大きくなった。上へ下へ、下から上へと、ふくよかな乳肉がちぎれんばかりの勢いでバウンドする。
悪辣な男の好き放題に揺らされ、弾まされる乳房が情けなくてならない。増して合間に乳首をクリクリと指先でいびられると、針で刺されたようなかすかな痛みが生じ、次に微悦へと転化していくのだ。為すがままにいたぶられるみずからの乳房を、靖代は悲嘆とともにただ見守るばかりである。

羽交い締めの体勢では逃れられない。村松の眼前で乳房がプルプルッと蠱惑的に横振れするだけである。

「イヤッ。イヤですっ……あ、あああっ!」
あわてて身体を揺るがせたが、羽交い締めの体勢では逃れられない。村松の眼前で乳房がプルプルッと蠱惑的に横振れするだけである。
その村松が乳房を強力につかみあげた。のみならず、ちぎれんばかりに搾りあげる。乳首が指間から飛びだした。靖代の眼下で、あたかも乳房は砲弾のように突きでている。さらにそれが揉まれに揉まれていく。村松はグチャッグチャッと捏ねまわしては、ひときわ強く握ってグラグラと揺さぶった。息がとまるほどの強さだ。無惨に形を歪められる乳房を、靖代は呆然と見下ろす。
やにわに村松が乳房に食らいついた。乳首ごと噛みちぎる勢いだ。

頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺れた。

「ああ、ひどいっ……」
唇を噛んで胸の前を解いた。命じられるままに両手を合わせ、上方へ伸ばしていく。豊かな乳房がポロンッと弾んで揺れた。無防備となった胸に、二人の男が顔を近づけて見入っている。「そんなに見ないでっ。見ないでっ」と頭を打ち振ると、自然と上体も横に振れ、左右の乳房がプルン、プルンッと揺れた。

タンクトップを頭から抜きとる際、スポーツブラの豊かな乳房が小さく一度、二度と弾んだ

両手をタンクトップの裾にかけた。嗚咽がいまにももれそうになった。一度大きくすすりあげ、それから裾をたくしあげていく。その下にはベージュのスポーツブラがあるだけである。タンクトップを頭から抜きとる際、スポーツブラの豊かな乳房が小さく一度、二度と弾んだ。
「ほほう。生で見れば、なるほどいいチチをしとるわいっ。揉みごたえがありそうだ。ヘヘヘヘッ」

乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する

親指と人差し指につまんだ乳首を抉っていく。押しつぶし、クリクリと転がす。見るみる乳首が硬直していく。硬い触感に狂喜した。男を病みつきにさせる乳首だ。
のみならず、比佐子の表情が変わりはじめた。色白の美貌が上気し、うっすらと紅潮している。朱唇が複雑にわなないているのは、望まぬ官能の昂りのためか。
乳首をいびりまわしながら顔色をうかがうと、比佐子はくなくなとかぶりを振った。
「やめてよっ。やめてってばっ……。く、くううっ……」
「苦しそうじゃないか。ええっ?乳首が弱いとは、所詮は女だな。あははっ……」
乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する。下向きの巨乳がタプンッと揺れ、「あ、ああんっ!」と甘い鼻声がもれた。