乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する

親指と人差し指につまんだ乳首を抉っていく。押しつぶし、クリクリと転がす。見るみる乳首が硬直していく。硬い触感に狂喜した。男を病みつきにさせる乳首だ。
のみならず、比佐子の表情が変わりはじめた。色白の美貌が上気し、うっすらと紅潮している。朱唇が複雑にわなないているのは、望まぬ官能の昂りのためか。
乳首をいびりまわしながら顔色をうかがうと、比佐子はくなくなとかぶりを振った。
「やめてよっ。やめてってばっ……。く、くううっ……」
「苦しそうじゃないか。ええっ?乳首が弱いとは、所詮は女だな。あははっ……」
乳首をつまんだまま、弓を引くように思いきり下へ引っ張り、左右いっぺんに解放する。下向きの巨乳がタプンッと揺れ、「あ、ああんっ!」と甘い鼻声がもれた。

これまで尻にばかり目を奪われていたが、なんともリビドーを誘う人妻の巨乳である

「あっ。イヤんっ。放してっ。放してよっ」
比佐子が身を揺らす。量感たっぷりの乳房が掌中でゆらゆらとたゆたう。乳首が掌上でコロコロと転がる。これまで尻にばかり目を奪われていたが、なんともリビドーを誘う人妻の巨乳である。たまらず渾身の力で握りしめた。
「あっ、ああっ。さわらないでっ」
かまわず奥寺は五指を大きく開き、巨乳をがっちり捕捉した。それから餅を捏ねるような粘っこい手つきでねっとりと揉みほぐす。あるいは軽く手に乗せて弾ませてやる。後ろ手の比佐子は悔しそうに唇を噛み、眉間に皺を刻みながらも、結局はされるがままだ。乳首をつまんでひねりあげた途端、泣きを入れるように奇声を発した。
「あ、ひっ、ひいいいっ!」

指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる

「ああ、ダメですぅっ、これ以上敏感にさせちゃいやぁっ」
下乳に辿りついた手指を、その根元からツンと尖った頂点まで、ずずずずずっとなぞりあげる。指先を窄め、最後に乳首をきゅっと摘みあげる。途端に、ロケット美乳がブルンと震え、さらに尖りを増した。

86センチの美巨乳が内側からド派手に張りつめ、ブラウスの前合わせを今にも弾き飛ばしそうな危うい状況に放置された

俊輔の手指が青いブラウスの前ボタンに及んだ。フリルの中央を飾る貝殻でできたボタンが、下から順にぷっ、ぷっと小気味よく外されていく。
第三ボタンだけをわざと残して、他のボタンが全て外されると、86センチの美巨乳が内側からド派手に張りつめ、ブラウスの前合わせを今にも弾き飛ばしそうな危うい状況に放置された。
間近にあった喉元が、ごくりと生唾を呑み込んだ。
Eカップには届かないもののDカップではきつすぎる丸みは、ボリュームたっぷりに布地を突きあげ、その存在感だけで俊輔を挑発してしまう。マッシブな質感は、わずかに身じろぎするだけでも、悩ましくユッサ、ユッサと揺れてしまうのだ。
「さあ、このボタンも外すね」
上ずり気味の声に、深佳は羞恥を募らせながらも、小さくコクリと頷いた。
番えていた最後の小さな貝殻ボタンを外されると、張りつめた布地は豊かに盛り上がった肉塊の弾力ではじけ飛んだ。
ブラウスが割り開かれると、きつく押し込められていた男を惑わせる半球が、ぼんとばかりに零れ出た。「あっ……」覚悟を決めていても開放されてしまうと、やはり声が出てしまう。

歯を食いしばる寧々の乳房を、まるで工事用の地盤を固める機械に載せたように、上下にぶるぶると震わせた

まるで俊輔の邪魔をしないシースルーの中、ふるるんと揺れ続ける双房を、下からすくうように恭しく持ち上げた。
「さあ、次は、おっぱいの芯を揺らしてみようか……」
どこで見かけた知識であったか、うろ覚えではあったが、一度試してみたいと思っていた愛撫を、このロケット美乳に施すことにした。
掌底に乳首があたるように調整し、膨らみ全体を包み込むと、五指の中で踊らせるように、ふるふると振動させるのだ。
「ひやっ、ああ、それいゃあんっ……。揺れてますっ、おっぱいの中で、揺れちゃうっ……。ああ、波打ってるのぉ……あ、ああっ、ああぁああああっ!!」
歯を食いしばる寧々の乳房を、まるで工事用の地盤を固める機械に載せたように、上下にぶるぶると震わせた。
ふるふるふる、ぴたぴたぴた、たっぷんたっぷんたっぷん──。
順に指の腹を乳肌にぶつけ、掌底に乳首を擦りつけながら肉房振動を大きくさせる。膨らみの皮下で、熟脂肪が波立っているのが手指から伝わった。
「あ、ああぁあああああっ、だ、だめぇぇええええええっ!」
ぶるんぶるんと派手に揺れるロケット乳。強烈な快感なのだろう。寧々が吹きあげる甘い汗に、淫靡な匂いがさらに濃厚になった。張りつめた乳肌が、破裂してしまうのではないかと心配になって

豊かな黒髪がおどろに振られ、乳房がぶるるるるっと迫力たっぷりに揺れた

シルキーボイスをひときわ甲高くさせて、ガクガクっと女体が派手な痙攣に呑まれた。縦溝に食い込ませた俊輔の指が、むぎゅりと強く挟まれる。豊かな黒髪がおどろに振られ、乳房がぶるるるるっと迫力たっぷりに揺れた。かと思うと、今度は急に脱力し、強張った美貌も表情を失った。俊輔の腕の中、ぐっと息を詰まらせ、全ての動きを止める寧々。熟れた女体が、未経験のまま昇りつめた瞬間だった。

ただでさえやわらかい肉丘は、その反動でふるんふるんと揺れている

ムクムクとせり出した乳首を、なおもバキュームしたまま垂直に引っ張ると、限界まで到達した柔蕾がちゅぷんと水音を立てながら口腔から逃げ去った。
「あうんっ!」
伸びきったゴムが戻るが如くの衝撃に、寧々が呻きを漏らした。ただでさえやわらかい肉丘は、その反動でふるんふるんと揺れている。

その揺れが、ふるふるふるんと乳房にも伝わる

「本当に、きれいなおっぱい……」
「あん、もう、恥ずかしすぎて私、どうしていいのか……」
消え入るような声が、またしても震えた。その揺れが、ふるふるふるんと乳房にも伝わる。見ている俊輔までが、こそばゆい恥じらいを覚えてしまった。