乳房に相応しい小ぶりな乳首は、すでに人妻とはいえ若さを反映してか、まだ硬さを残している

「あ、ひいいいっ」
肉奥で繋がりながら、乳房を存分に吸いあげた。乳房に相応しい小ぶりな乳首は、すでに人妻とはいえ若さを反映してか、まだ硬さを残している。歯間に挟んでカリッと噛んでみると、恵里子は赤裸々な反応を示した。硬直した肢体を右へ左へ揺らして強い体感に耐えている。しかし舌先でつつきまわすと、一転して甘い鼻声をもらしだす。こみあげる快感に身を委ねている。奥寺はいよいよ腰を使いはじめた。

乳房は、そのたび奥寺の掌からスルリと逃げた

小ぶりな乳房を奥寺は掌中に握った。充分な感触を得たくて、幾度も根元から搾りたてる。乳房は、そのたび奥寺の掌からスルリと逃げた。もどかしさにまた搾りたてる。やっと捕捉すると、息を荒らげて食らいついた。

いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた

念を押すように奥寺が乳房を揉みまわす。ねちっこい手つきでゆっくり円を描き、また一回転ごとにグイッ、グイッと力を入れ直して揉んでいく。いきなりニットをたくしあげ、ブラジャーをも弾き飛ばすと、生の乳房を握りあげた。
「あううっ……く、くううっ……」
生で握ったあとも、奥寺は同様に揉みまわしていく。しかも揉みつつ指間に挟んだ乳首をつぶれんほどに絞り立てた。普段よりはるかに敏感になっている乳首である。微痛と快感がないまぜになった妖しい感覚が、比佐子の官能を徐々に侵した。その感覚は奥寺が乳首を口に咥えて吸着した瞬間、幾倍にも増幅して体内を駆け抜けた。
「ひいいいっ!……んぐぐっ……は、はあっ……助けてっ……も、もげちゃうっ……もげるううっ……」

天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる

見ているだけではたまらなくなり、俊輔も空いている側の乳房に吸いついた。
「ああ、そんな俊くんまでぇ……」
天女さまの象徴であるほくろのある側の乳房を捉え、その乳頭にパクリと食いついたかと思うと、口腔内を真空にして乳暈ごとバキュームしてやる。
やわらかい乳肉が、うぶぶぶぶっとバキュームに震えながら乳臭い甘みと共に、口腔いっぱいに拡がった。

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した

杏仁豆腐並みに滑らかな乳肌に舌を巻きながら、その大きな膨らみを思いきり頬張り、歯先や舌先、唇粘膜で目いっぱい堪能した。
(触ってる僕は今、天女さまのおま○こに触ってるんだあ……)
その思いだけで、射精してしまいそうな俊輔。その手指は、淫裂をぬるんつるんとなぞり、内奥からじゅくじゅくと染み出す滴りを肉花びらにねっとりと塗りつける。
「ひふぅ、あうんっ、っくぅっ……ああ、もう、かんにんしてくださいっ」

寝そべってもそそり立つおっぱいに、舌の表面をべったりと付け、下乳からその頂点まで、ずずずずっと一気に舐めあげた

(そうだよ。このほくろが何よりの証拠だ……)
そう思い直し、右乳のほくろにぶちゅりと唇を寄せた。乳臭い甘さと微かな汗の成分が、口いっぱいに広がる。
レロレロとほくろを舌先でくすぐった後、ちゅちゅっと乳丘にキスの雨を降らす。
「ひあ、あぁっ!」
寝そべってもそそり立つおっぱいに、舌の表面をべったりと付け、下乳からその頂点まで、ずずずずっと一気に舐めあげた。乳肌の甘い官能成分を、こそぎ取る勢いだ。
「はうんっ……んんっ、ん……っく、ふうんっ」
紙一枚ほどの薄い被膜に盛り上がった乳暈に達すると、また下乳の付け根に戻り、べろ表面での舐めあげを繰り返す。
温められたゼリーのような、ふるふるふんわりは、驚くほど甘い。その乳肌に涎の跡を残し、隣の頂に谷渡りして、同様に舐めあげた。

俊輔はぺろぺろと胸の谷間に舌を這わせながら、右手を裸の背中に滑らせた

バニラビーンズに柑橘系の酸味を一滴だけ加えたような匂いに、ふわんと鼻腔をくすぐられる。俊輔は唇を突き出すようにして、胸の谷間に口づけをした。
「はぅん……んんっ」
舌でそっと舐ると、千夏の唇から湿った吐息が漏れかける。俊輔が寒くないように部屋の温度は、比較的高めに保たれている。さらに緊張もあってか、女体には微かに汗の皮膜が浮いていた。
俊輔はぺろぺろと胸の谷間に舌を這わせながら、右手を裸の背中に滑らせた。きめ細かく滑らかな背筋が、ピクンと震えた。